「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

≫ EDIT

しばらくでした・・・

久々の更新です。


年末年始は海外に出かけていたのですが、帰国後から家のことで忙しく、全く更新出来ていませんでした・・・

今後も更新しようとは思っていますが、1年以上のタイムラグでの更新となってしまいます(汗


ブログで写真整理している面もあり、1年以上のタイムラグができるといつの写真だかよく分からなくなってしまうため、

日付を遡っての更新もあるかもしれませんが、ご容赦ください。


しかし人生、本当に何が起こるか分かりませんね。

昨年も同じ様なことを言っていた気がしますが・・・“今”を大切にしなければと改めて感じます。

当面は無理せず、やれることをやっていこうと思います。

| 雑事 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシギなど

2019.2.17

ちょっと遠方から友人が遊びに来て、近場で探鳥。

アオシギ02
(Solitary Snipe)

友人からリクエストのあったアオシギ。

昨冬は、例年なら高確率で見られるポイントが今ひとつだったので、ちょっと心配でしたが・・・

いつもとは違う場所で、しかも3カ所で観察できました。


県内では数年に1度くらい観察されるタンチョウ。

タンチョウ01
(Red-crested Crane)

幼鳥です。

この後、無事に繁殖地へ帰ることができたでしょうか・・・


まだまだ観察機会が少ないシジュウカラガンも。

シジュウカラガン01
(Cackling Goose)

≫ Read More

| 野鳥 | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rock Sandpiper

2019.2.10-11。

家族で道東を訪れました。

ただ、強烈な寒波で漁港がほとんど結氷。。

おかげで、海鳥はほとんど見られず・・・


それでも、こんな時でもチシマシギ見れるのか?と思いながらも、温根元のハイドに行ってみると・・・

いつもの岩にはチシマシギの群れが。

しばらく見ていると、群れの一部が東に向かって飛び去りました。

他の岩礁へ行ったのか?と思い、見られる範囲で納沙布岬まで岩礁をチェックしながら移動。

温根元の岩に戻ったかな・・・と思いながらも、一応確認しようと、納沙布岬に到着。


岬の先端部の岩礁を見ると、十羽前後のシギの群れが。

チシマシギ06
(Rock Sandpiper)

まさか・・・


本当にいました!!

チシマシギ03


鳥との距離は30mくらいだったでしょうか。

チシマシギ05


いつも、温根元のハイド辺りから400m以上離れた岩礁にいるのをプロミナで覗くだけだったので・・・

チシマシギ13


この距離で観察できるだけで感激でした。

チシマシギ08


私が数えた個体数は10羽でしたが、他の観察者は11羽見たと言っていました。

チシマシギ16


岩が露出している部分で採餌しています。

チシマシギ14


そして波が被りそうになると、飛んで他の岩へ移動します。

チシマシギ09


おかげで、やや距離はあったものの飛翔シーンもいくらか撮影できました。

チシマシギ12


大磯のアオバトを彷彿とさせますが、こちらは極寒の北海道・・・(汗

チシマシギ01

背景の海面が白っぽく濁って見えるのは、海面が結氷しかけてシャーベット状になっているためです。


冬の北海道でも、こんな光景はなかなかお目にかかれません。

チシマシギ02


国内でこんなシーンを観察できるとは思いませんでした・・・

チシマシギ22


もうこんなチャンスは2度と無い気がします。

チシマシギ15


知人から聞いた話だと、昨冬は何度かこんなチャンスがあったようで・・・

チシマシギ21


この日以外にも、納沙布岬やその周辺の岩礁で近距離で観察されたことがあったようです。

チシマシギ23


現地2日間だけの日程で行ってたまたまこんなシーンに巡り会えたのは本当に幸運でした。

チシマシギ24


最後に、採餌の動画も貼っておきます。

陽炎(たぶん)の影響で映像が歪んでますが・・・(汗




次は、繁殖地で夏羽を見たいです・・・(汗


ちなみのこの遠征、他には特筆できるような成果は無く・・・

いつもの岩でチシマウガラスを観察したり

チシマウガラス01
(Red-faced Cormorant)


風景的にコオリガモや

コオリガモ01
(Long-tailed Duck)


ウミアイサを撮影したり・・・

ウミアイサ01
(Red-breasted Merganser)


氷上のオジロワシを見たり・・・

オジロワシ01
(White-tailed Sea Eagle)

観光がてら根室・野付を回りました。

キタキツネ01
(Red Fox)


1歳児を連れての強行遠征でしたが、子供ながら雪原で遊ぶのも楽しかったみたいだし・・・行って良かったです。

しかし、今思い返してもチシマシギは感動しました・・・またあんなチャンスに巡り会いたいものです。

≫ Read More

| 野鳥 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT