「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

≫ EDIT

5/9-10 舳倉島

マレーシアから帰国した2日後・・・

いつもの週末のように舳倉島へ。


島に着いて歩き始めてすぐ、なんだかTaman Negaraで聞いた声が・・・(汗

セグロカッコウです。


少し前から出ていたようで、じっくり待つことに。

1時間以上待ってもなかなか出てきませんでしたが、ヌカカを我慢しながら待つこと2時間・・・

150802セグロカッコウ1
(Indian Cockoo)

出ました!

私は気付いてませんでしたが、近くの方が気付いてくれて良かった・・・

私が国内で唯一、「声だけ聞いて姿を見たことがない鳥」だったセグロカッコウ。

マレーシアでも毎日のように声だけ聞いていて、姿を見られていなかったので(汗

舳倉ではほぼ毎年のように記録されているようですが、なかなか姿を見るのは難しいです。


ムギマキ雄成鳥。

150802ムギマキ1
(Mugimaki Flycatcher)


クロジ雌。

150802クロジ
(Grey Bunting)


10日の午後になって見つけたチョウセンメジロ。

150802チョウセンメジロ
(Chestnut-flanked White-eye)

メジロの群れに混じってグミの木の中に入られると、非常に探しづらいです・・・


FN(2015.5.9-10 舳倉島)
カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、セグロカッコウ、ツツドリ、タカブシギ、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、トウゾクカモメ、トビ、ハイタカ、コノハズク、ブッポウソウ、サンショウクイ、アカモズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、チョウセンメジロ、メジロ、コムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、コマドリ、ノゴマ、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、ムギマキ、オオルリ、スズメ、ツメナガセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、イカル、ホオジロ、ミヤマホオジロ、ノジコ、アオジ、クロジ 計58種

この時期にしてはちょっと種数が少ない・・・


| 野鳥 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Paya Indah Wetlands 02

5/7、Paya Indah Wetlands の続き。

この湿地、奧の方まで歩くと大きな池がいくつかあり、その辺りを探索するつもりだったのですが・・・

行こうとすると、公園の管理をしている方が「この先は危ないから、ガイド付きじゃないと入っちゃダメだ」と止められ・・・(汗

結局、目標にしていた奧まで行けず。。

手前でぶらぶらしているしかありませんでした。


Olieve-backed Sunbird。

150731Olive-backed Sunbird(キバラタイヨウチョウ)1
(キバラタイヨウチョウ)

この鳥は分布域が広く数も多いので、私でさえ何度も見てます・・・


Common Iora。

150731Common Iora(ヒメコノハドリ)1
(ヒメコノハドリ)

黄色が美しい鳥ですね。

こんな色の鳥がいるだけで、ドキッとしてしまいます・・・(汗


湿地にいた、Baya Weaver。

150731Baya Weaver(キムネコウヨウジャク)1
(キムネコウヨウジャク)

遠すぎます・・・(汗


この鳥、こんな巣を作るんですね~

150731Baya Weaver(キムネコウヨウジャク)2

湿地周辺にこんな巣がいくつもぶら下がっていました。。



上空を飛び交うのはアナツバメの仲間・・・

多分、Germains Swiftlet。

150731Germains Swiftlet(ジャワアナツバメ)1
(ジャワアナツバメ?)

アナツバメの識別にはいつも苦しめられます(汗


こちらはHimalayan Swiftletだと思うのですが・・・

150731Himalayan Swiftlet(ヒマラヤアナツバメ)1
(ヒマラヤアナツバメ?)

撮影も難しいので、後で検証するのもなかなか厳しい。。


草地で2羽、Red-wattled Lapwing。

150731Red-wattled Lapwing(インドトサカゲリ)1
(インドトサカゲリ)

冬鳥だと思っていたのですが、普通にいました^^;

日本のケリと同様、こちらを気にして鳴き散らしてましたね・・・


こちらは、日本では珍鳥のAsian Koel。

150731Asian Koel(オニカッコウ)
(オニカッコウ)

東南アジアでは普通種。

あちこちであの「コーエル」の声を聞くことができます。


最後は・・・Pied Triller。

150731Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)
(マダラナキサンショウクイ)

翼の大きな白色部が印象的。

これも普通に見られるんですね~


と、最終日は暑い公園をまったり散歩して終了。

この後ホテルに戻ってシャワーを浴びた後、KLの空港へと向かいました・・・


日本からのアクセスが比較的良い半島マレーシア。

次はまた違う時期にも、違う場所にも行ってみたいと思いました!

≫ Read More

| 野鳥 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Paya Indah Wetlands 01

5/6は昼食後にTaman Negaraを後にし、KLの空港に近いPutrajayaの宿までタクシーで移動。

5/7は昼過ぎの便で帰国する予定だったため、午前は近くのPaya Indah Wetlandsで探鳥することに。


到着するなり、目に入ったのはWhite-throated Kingfisher。

150729White-throated Kingfisher(アオショウビン)1
(アオショウビン)


こちらではごく普通種。

Taman Negaraでもたくさん見ましたが、ここでも・・・

150729White-throated Kingfisher(アオショウビン)2

でも、熱帯雨林より公園の方が見やすくていいですね^^;


Yellow-vented Bulbul。

150729Yellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)2
(メグロヒヨドリ)

こちらも、街中でも見られる普通種。


ついでに・・・House Crow。

150729House Crow(イエガラス)
(イエガラス)

ごみ箱を漁るあたり、やっぱりカラスですね。。


Spotted Dove。

150729Spotted Dove(カノコバト)
(カノコバト)


Peaceful Doveも。

150729Peaceful Dove(チョウショウバト)
(チョウショウバト)


湿地には、Yellow Bitternの姿。

150729Yellow Bittern(ヨシゴイ)
(ヨシゴイ)

この写真、どこに鳥がいるか分かりますか・・・?


Scarlet-backed Flowerpecker。

150729Scarlet-backed Flowerpecker(セアカハナドリ)1
(セアカハナドリ)


雌は愛想良くしてくれたのですが、雄は・・・

150729Scarlet-backed Flowerpecker(セアカハナドリ)2

日陰から出てこず(汗


GWのマレーシア探鳥記も、ようやく次回で終えられそうです・・・







| 野鳥 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT