「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7/18 木曽駒ヶ岳

7/18。

昨夏はほとんど山に登れなかったのですが、この日は木曽駒ヶ岳に。

白馬に続いての登山でしたが、これが昨シーズン最後の登山でした。


木曽駒と言えば、この花。

ヒメウスユキソウ02

ヒメウスユキソウ。


4年前の8月に訪れた時は花期終盤で、もっと良い時期に見に来たいと思っていただけに・・・

ヒメウスユキソウ04


今回はその目的を達成できて満足でした。

ヒメウスユキソウ05


「コマウスユキソウ」とも呼ばれる、中央アルプスの固有種。

ヒメウスユキソウ07


見に来て良かった。

ヒメウスユキソウ09


ただ、今回はヒメウスユキソウ以外にはあまり時間を割かず・・・

白馬でも見たクモマスミレ。

クモマスミレ1

ここでも割と見頃でした。

クモマスミレ2


青空をバックにクルマユリ。

クルマユリ


タカネツメクサ。

タカネツメクサ

ミヤマツメクサは中央アルプスにはないんですね・・・


定番のヨツバシオガマに・・・

ヨツバシオガマ


ミヤマリンドウ。

ミヤマリンドウ


どうしてもヒメウスユキソウに注目してしまう木曽駒ヶ岳ですが・・・

また機会があれば、他の花々もゆっくり見ながら歩いてみたいです。

| 植物 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7/10-11 白馬岳 04

今日も白馬で見られた花の続きです。


白馬大池の周りに多く見られる、タテヤマリンドウ。

170330タテヤマリンドウ1


テン場のすぐ近くにもたくさん。

170330タテヤマリンドウ2


そして、今回この花は満開だろうと思っていた・・・ウルップソウ。

170330ウルップソウ1


しかし、その予想は打ち砕かれ・・・(汗

170330ウルップソウ2


例年ならば7月2~3週目頃にピークを迎えるウルップソウですが、昨夏は6月下旬頃にそのピークを迎えていたようで・・・

170330ウルップソウ3


例年よりかなり開花が早く進んでいると聞いていたのですが、まさかこれほどとは。

170330ウルップソウ4

それでも、いくらかはまだそれなりに綺麗な株を見られたので良かったです。

今年の夏の高山植物は、どんな暦で咲くのでしょうか・・・


ミヤマクワガタ。

170330ミヤマクワガタ1

稜線のあちこちで見ることができます。


今回はあまり多く見なかった気がするムシトリスミレ。

170330ムシトリスミレ


ハクサンサイコ。

170330ハクサンサイコ

あまり目立ちませんが、樹林下では少なくありません。


リンネソウはまだ花を咲かせておらず、まだ蕾。

170330リンネソウ


こちらは、例年なら8月上旬頃から咲き始めるイメージのヒメシャジン。

170330ヒメシャジン1

既にいくつかの株が花を咲かせていました。


細い萼片が識別点のひとつ。

170330ヒメシャジン2


ミネウスユキソウ。

170330ミネウスユキソウ


ミヤマアズマギク。

170330ミヤマアズマギク1

ミヤマアズマギクも、既に花期終盤。


逆光でも。

170330ミヤマアズマギク2


タカネヤハズハハコ。

170330タカネヤハズハハコ

ウサギギク。

170330ウサギギク


最後は・・・タマガワホトトギス。

170330タマガワホトトギス


もちろん、これら以外にも花は多く咲いていたのですが、時間の関係で撮影はこれだけ^^;

さて、次回は鳥も・・・

| 植物 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7/10-11 白馬岳 03

白馬で見られた花の続きを。


ツボスミレ。

170328ミヤマツボスミレ

樹林下の登山道沿いではあちこちに見られます。


あと、こちらは局所的ですが・・・クモマスミレ。

170328クモマスミレ1


白馬に登る度にこの花を見ている気がしますが、これまではなかなか良い時期に当たらず・・・

170328クモマスミレ2


今回は、これまでの中では最も良い時期だったと思います。

170328クモマスミレ3

登山道沿いでも、これくらいの株がいくつも見られます。


キスミレは魅力的な種が多いですね。

170328クモマスミレ5


晴天だったので、青空(と登山客)も入れてみます^^;

170328クモマスミレ6


あと、今回意外だったのは・・・稜線の砂礫地だけでなく、樹林下でもクモマスミレと思われる株を見られたこと。

170328クモマスミレ7

そして、ほぼ同所にはキバナノコマノツメもありました。

こんな場所でも生育できるんですね。

好条件でクモマスミレを見られたのは、今回の山行のハイライトのひとつでした。


これまで、あまり撮影していなかったタカネバラ。

170328タカネバラ


稜線で咲くウメハタザオ。

170328ウメハタザオ1


葉のアップも。

170328ウメハタザオ2

ウメハタザオも、今回のコースでは見られる範囲は広くない花。


湿原では・・・ハクサンコザクラ。

170328ハクサンコザクラ


樹林下のツマトリソウ。

170328ツマトリソウ


ハクサンシャクナゲも見頃。

170328ハクサンシャクナゲ



これまで、見たことの無かった花も・・・

チョウジコメツツジ。

170328チョウジコメツツジ

中部地方でしか見られないんですね。

思ったより目立たないので、先を急いでいると見過ごしてしまいそうです。


こちらも樹林下で咲いていたシラタマノキ。

170328シラタマノキ


今日の最後は、ミヤマムラサキ。

170328ミヤマムラサキ

こちらは局地的にしか見られませんでしたが、咲いている場所には多くの株が見られました。

ただ、ちょっと良い時期を過ぎてしまったようで、花は傷み気味。


次回に続きます・・・

| 植物 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7/10-11 白馬岳 02

今日から数回に分けて、白馬の山行で見られたものを。


まずは植物から・・・

チシマゼキショウ。

170326チシマゼキショウ01

・・・花期過ぎてました(汗


ヒメイワショウブはいい感じ。

170326ヒメイワショウブ1


タカネアオヤギソウ。

170326タカネアオヤギソウ1


チシマアマナ。

170326チシマアマナ1

いつも、納得できる写真が撮れない・・・(汗


雷鳥坂のコマクサ。

170326コマクサ


毎回、識別を忘れてしまうこのタイプのラン。

170326ホソバノキソチドリ

おそらく、ホソバノキソチドリ。


オオバタケシマラン。

170326オオバタケシマラン

タケシマランやヒメタケシマランと比べると、花が全然違って分かりやすいです。


北アルプスの固有種、クモマミミナグサ。

170326クモマミミナグサ1

白馬の稜線では割と普通に見られますが・・・


この濃い緑の葉と大きめの整った花のバランスが良くて・・・好きな花です。

170326クモマミミナグサ2

何度も見ていますが、何度でも撮ってしまいます^^;


あと、今日はこの花も・・・ハクサンイチゲ。

170326ハクサンイチゲ1


高山では普通に見られる花ですが、やっぱり綺麗です。

170326ハクサンイチゲ2

山に登るなら、ハクサンイチゲの作るこんな風景を、年に一度くらいは見たいと思ってしまいます。



久々に植物の図鑑を開いたら、あれも見たいこれも見たいと、ちょっと悪い病気にかかりそう・・・(汗

| 植物 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in North East India 16

Mishimiの鳥たちを紹介し終えたところで・・・

探鳥の合間に撮影できた植物も、ちょっとだけですがご紹介。

ただ、海外の植物は種名が全く分からないのでご容赦ください。

もし分かる方がいましたら、教えていただけると嬉しいです。


170211ニリンソウ?

葉は違いますが、花はイチゲによく似ています。


これはバイカオウレンに似ています・・・

170211オウレン?


これはツツジ科でしょうか?

170211シャクナゲ?


こちらも・・・

170211ツツジ?


分からないのでどんどんいきます(汗

170211ヒイラギみたいなの


170211はな


美しい着生ラン。

170211着生ラン01

宿の近くでもたくさん見かけました。



これも着生でしょうか。

170211はな2

林冠で花を咲かせていました。


サクラソウ科の1種でしょうか。

170211サクラソウ?


日本の高山植物と似た種も、そうでない種もあり、見ていて楽しかったです。

しかし、日本の植物もまだよく分かっていないのに、海外の植物に手を出し始めると大火傷しそう・・・(汗

| 植物 | 22:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/10 春の山歩き

4/10。

この日は、寝坊からの・・・山。

目的は、前の週にあまり見られなかったこの花。

161020イワウチワ1

イワウチワ。


悪路の林道を20分ほど走ったところが登山口。

161020イワウチワ2


そこから少し歩くと、登山道沿いのあちこちで花を咲かせていました。

161020イワウチワ3


ただ、まだ雪解け直後で・・・満開にはあと1週間といったところ。

161020イワウチワ4


それでも、咲き始めの新鮮な花ばかりで・・・被写体に困ることはありませんでした。

161020イワウチワ5


しかし、撮影に夢中になっていると、段々と空模様が怪しくなってきたので・・・

山頂を踏まずに撤退^^;

161020イワウチワ6


登山口でアナグマに遭遇しましたが・・・写真を撮る前に逃げてしまいました・・・


帰りは、林道沿いを散策。

花弁の色が薄いタチツボスミレ。

161020タチツボスミレ1


オオタチツボスミレもあちこちに。

161020オオタチツボスミレ


花のアップ。

161020オオタチツボスミレ2


雪解け直後の場所では、ショウジョウバカマもまだこんな感じ・・・

161020ショウジョウバカマ1



目に飛び込んでくる、ユキグニミツバツツジの赤い花。

161020ユキグニミツバツツジ1


小さくて見落としそうになる、マキノスミレ。

161020マキノスミレ1


上向きの葉、濃い花の色から、典型的なマキノ。

161020マキノスミレ2


横からも。

葉裏の紫色も淡いですね。

161020マキノスミレ3

シハイスミレを見たことがないので、西日本の典型的なシハイも見てみたいです。


トキワイカリソウ。

161020トキワイカリソウ1


ナガハシスミレ。

161020ナガハシスミレ1

他の場所では見つからなかったのですが、ここでは群生していました。


最後は・・・ハルユキノシタ。

161020ハルユキノシタ1


以前から見たいと思っていた、ユキノシタ属の1種。

決して珍しいわけではないので、そのうち見られると思っていましたが・・・

161020ハルユキノシタ3

やはり、この花の造形は魅力的です。


もう少しアップで・・・

161020ハルユキノシタ2


春、少し山を歩いただけで、これだけの美しい花が見つかる季節。

やっぱり散歩したくなります。

花粉症じゃなければ、もっともっと歩きたいのですが・・・(汗

| 植物 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/2 Spring Ephemeral

4/2。

春の陽気に誘われて、近場の森林公園を散歩。

林床には、多くのタチツボスミレ。

161016タチツボスミレ1

透き通るような青紫色。


ちょっと色が薄いショウジョウバカマ。

161016ショウジョウバカマ



午後からは、さらに山の方へと移動・・・

斜面にはカタクリの群落。

161016カタクリ2


年に1度、見に行きたくなります。

161016カタクリ1


少し青みのあるキクザキイチゲ。

161016キクザキイチゲ1


淡い色が春らしい、ヤマエンゴサク。

161016ヤマエンゴサク


ミヤマキケマンの花も満開。

161016ミヤマキケマン


ちょっと湿り気のある暗い林床では・・・スミレサイシン。

161016スミレサイシン1


こちらも花盛りのようで、あちこちで花を咲かせていました。

161016スミレサイシン2


オオタチツボスミレ。

161016オオタチツボスミレ


フデリンドウはもっと咲いていたと思うのですが・・・見つけられたのは少しだけ。

161016フデリンドウ


タチツボスミレに飛来したギフチョウ。

161016ギフチョウ


沢沿いに多く生えるネコノメソウと・・・

161016ネコノメソウ


ホクリクネコノメソウ。

161016ホクリクネコノメソウ1


ちょっと目線を上げると、キブシの花。

161016キブシ


対岸の斜面に目をやると・・・コブシも満開。

161016コブシ1


最後は、この日は数株しか見つけられなかったイワウチワ。

161016イワウチワ

トクワカソウとも呼ばれています。



春ですね・・・

この記事を書いている今は、もうすっかり秋ですが・・・(汗

≫ Read More

| 植物 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の北岳06

目的の3種の紹介を終えたところですが・・・

秋の北岳の花の紹介は今回で最後です。


今日は、目的の3種以外で、稜線で見られた花を。

残っていたタカネシオガマ。

151215イブキジャコウソウ

ほとんど花は終わっていたので、残っている花も傷み気味のものばかり。


キタダケトリカブト(たぶん)。

151215キタダケトリカブト1


キンロバイは花期が長いです・・・

151215キンロバイ

7月頃から美しく花を咲かせるのに、この時期になっても比較的状態の良い花が残っています。

一斉に開花せずに、順々に花を咲かせていくのだろうと、勝手に思っています・・・


コバノコゴメグサ(たぶん)。

151215コバノコゴメグサ

トリカブトに続き、これも識別が苦手・・・

ミヤマコゴメグサが日本海側に多いのに対し、コバノコゴメグサは太平洋側に多い花。


タカネナデシコ。

151215タカネナデシコ

毎回書いている気がしますが、写真を撮るのが苦手な花。

未だにまともな写真を撮れたことがありません(汗

なので、良さそうな株を見つけると毎回チャレンジです・・・


イワインチン。

151215イワインチン1

東北から南アルプスまで、割と分布が広い花ですが、時期に登っていないのか、あまり見た記憶がない・・・


以前見たのは、鳳凰三山に登った時かも。

蛾が吸蜜に来ていました。

151215イワインチン3


いつも、背景に風景が入るこんな写真を撮れる様になりたい・・・

151215イワインチン2

今回はちょうど満開で、見応えがありました。


最後は地味に・・・ハゴロモグサ。

151215ハゴロモグサ

多くの登山者にとっては、気付かない雑草かもしれません。

しかし、国内では分布する山域が限られているため、あまり見られない花。

花は地味でも、特徴的な葉の形が覚えやすいです。


さて、一気に紹介してきましたが・・・やっぱり秋に来ても素晴らしい花の名山でした。

2日目は天候の悪化する予報だったため、山頂を踏まずに下山。

下山途中で少しだけ雨に降られましたが、本降りになったのは・・・登山口に着いた数分後(汗

ギリギリのタイミングで下山できて良かったです。


しかし、天候に恵まれれば・・・もう数時間、ゆっくりと稜線歩きを楽しみたかった。

夏の花にも課題が残っている北岳。

また登りに来い、そう山に言われている気がしてなりません。。

| 植物 | 20:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の北岳 04 -アカイシリンドウ-

サンプクリンドウの次に目に入った、目的の花。

2種目は、アカイシリンドウ。

151212アカイシリンドウ1

いや、正確には花ではありませんね・・・(汗


この日は好天であったにも関わらず、完全に開花した株を見つけることができませんでした。

151212アカイシリンドウ2

花期を過ぎた株が多かったとは言え、まだ蕾の株もあったので、運が悪かったのかも。


それでも少しだけ、花弁の青色が見えます。

151212アカイシリンドウ3


今回の北岳山行で唯一、心残りがあるとしたらこのアカイシリンドウ・・・

151212アカイシリンドウ4


また秋の南アルプスの稜線を歩くことがあったら、探したい花です。

151212アカイシリンドウ5

| 植物 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の北岳 03 -サンプクリンドウ-

秋の北岳登山のメインターゲットは3種。

今日から3回に分けてご紹介していきましょう。


今日は、サンプクリンドウ。

151210サンプクリンドウ1

目的の地点に到着し、周辺を探すとすぐに見つかりました。


思ったより小さな花。

151210サンプクリンドウ2

ある場所では、まとまっていくつもの花が見られます。


南アルプスと八ヶ岳にのみ生息していますが、北岳以外で探すとなると、なかなか難しい花。

151210サンプクリンドウ3

ちょうど良い花期に登れてよかったです。


もっと株数が少ないのかと思っていましたが・・・思ったより多くの株が見られました。

151210サンプクリンドウ5


しかしこうやって写真を並べると、どれもこれも同じ様な角度の写真ばかり・・・(汗

151210サンプクリンドウ4

撮っている最中は色んな写真を撮ってるつもりでも、夢中で気付かないだけで、好きな構図ばかりなんですね(汗

真横から、真上から・・・色々撮れば良かったと思っても、後の祭りです^^;

| 植物 | 20:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT