「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8/10-16 Birding in East Papua 17

今回のPNGへの旅、色々なことがありました・・・

今日はそのいくつかを記しておきます。

いつか行きたいと思っている方の参考になれば良いのですが。

今日は写真が無いので、興味の無い方は読み飛ばして下さい^^;


まず、出発前の心配事。


航空券を購入し、ガイドには代金も全て送金した7月末のある日。

ちょうどPNGを訪れていた知人が、Facebookにこんな書き込みをしていた。

「マウントハーゲンが紛争状態で、飛行機が飛ぶか分からない。朝の便はキャンセル。」

目的地のハーゲンが紛争状態!?

もう2週間で行く場所なだけに、気が気では無い。そして、その夜に続報。

「ハーゲンの選挙で選挙管理委員長が全ての開票を待たずに当選者を決定。→落選した議員の母体の部族が激怒。その部族はハーゲンで2番目に大きく、ハーゲン空港の土地も所有している部族で、選挙管理委員長がポートモリスビーへ飛ぶという情報を入手→裁判を待たずに射殺することになり、空港で待ち構える→ハーゲン行きのフライトは全てキャンセル。しかし肝心の選挙管理委員長は逃亡済・・・」

とのこと。洒落にならない状況である・・・

それから数日後、知人から、また情報が。

「ハーゲンの紛争が激化。現地のガイドは「lots of killing」と言っている。」

さすがに焦る。

本当に現地入りできるのだろうか。現地に行けたとしても、探鳥できるような状態なのだろうか。

しかも、このことについて、ガイドに質問しても音沙汰無し。不安は募るばかりだが、待つしか無い。

数日後にまた知人から情報があり、どうやらハーゲン空港は8/2に開港される見込みとのこと。

どうやら紛争は収まったようで一安心。

話に寄れば、ハイランドの人たちは熱しやすく冷めやすい性格の様で、落ち着いてしまえば平和らしい。

しかし、これが帰る時に勃発していたら・・・と思うとゾッとする。



2つ目は、ガイドについて。

PNGに到着して、私たちは渡されていた行程表のとおり、ポートモリスビーにガイドが迎えに来ると信じていた。

しかし・・・彼は来なかった。

連絡してみると、我々を迎えに来てくれるはずのガイドは、他の客の対応のためにキウンガ(PNG西部)にいるらしい。

つまり、ガイドの予約をダブルブッキングしていて、ツアー前半は私たちと一緒には行動してくれないと言うことらしい。

彼のフライト代や宿代もガイド代には含まれているハズなのに、信じられない・・・。

そして、このことがさらなる問題を引き起こすことになる。

とりあえず、ポートモリスビーの空港での手続きはガイドの手配した別の人が対応してくれ、無事に乗り継いでマウントハーゲンへ到着。

しかしここでも、迎えに来てくれるハズの宿の人が迎えに来ない。

ガイドに連絡すると、予定とは別の人がいま宿を出て向かっているとのこと。

さっそく、空港で1時間の待ちぼうけ。

空港の鉄格子の外では、フェンスペインティングした多くの人達がこちらの様子を伺っている。

ガイドから、空港のフェンスの外には決して出ないようとのメッセージもあった。

ちょっと怖い。フェンスの外に出たらどうなるんだろうか・・・。

宿に到着して、ずっと同行してくれる予定だったガイドはいないものの、私たちは探鳥の手配はできていると信じていた。

しかし、なんだか様子がおかしい。

宿の人が、私たちに「いつまで滞在するの?」と聞いてくるのだ。

よくよく話をしてみると・・・探鳥の行程や帰りのフライトを含め、私たちの行程を全く理解していない。

つまり私たちのガイドは、宿に我々の詳細な予定を何も伝えていなかった。

そこで到着した日の夕方、今後の日程について相談した。

やはり、現地ガイドも予約されていた訳ではなく、たまたま身が空いていたからガイドしてもらえることになったようだ。

もし現地ガイドの予定が既に埋まっていたら・・・と思うと、身動きが取れなくなってしまっていた可能性が高い。

恐ろしいことである。


そして、宿を出発してポートモリスビーへ向かう日、チェックアウトの時に、さらにトラブルが起きた。

13:30に宿を出発しようとするも、なぜか宿のオーナーからバードガイド代を要求された。

私たちは事前に、宿代やガイド代を含む全額をガイドに支払い済であり、ガイドからも「宿には一切支払わなくていい」と言われていたのに、である。

宿のオーナーには、ガイドからの「支払う必要はない」というメッセージを見せて対応したが、オーナーは、そのガイドから支払ってもらってないの一点張り。

ガイドに電話で連絡してもらうと、ガイドは支払済だということで、意見が食い違う。

こうなると、全て支払い済の我々にはどうすることもできず、全て払ったと言い続けるしかない。

オーナーが頑固で、しかも「あのガイドは信じられない」などと言いながら私たちに迫ったが、数日間お世話になった現地ガイドが我々をかばってくれ、問題はガイドだと言ってくれた。

30分ほど揉めた挙げ句、問題がガイドにあるということで、最終的には解放してくれた。

しかし、車で出発を待っていた運転手は、出発が遅れたことにカンカンに怒っていた(私たちが悪いわけではないのだが・・・)。

どうやら、フロントで揉めている間に、運転手もガイドと電話して事情は聞いていたらしい。

遅れた顛末については、空港まで一緒に車に乗ってくれた現地ガイドが弁解してくれた。

運転手は、代金の問題よりもフライトの時刻のことを優先してくれた。

ただ、今後Kumulを使うときは、今回のガイドを通さずに直接Kumulに連絡して欲しいと言われた(言われなくとも、こんな目に遭った以上、二度とあのガイドを通すことはないのだが)。

他にも色々と、細かなことはあったが、キリがないのでこれくらいに。

ちなみにその問題のガイド、鳥を見つけるのには長けていて、バリラタでは実力を見せてくれた。

ローカルガイドとしての実力はあるのだが、旅のコーディネートをする能力は全く無し。

しかし、PNGではそれが普通らしい・・・恐るべし国民性。

そういえば、朝食の時間もいつも早朝に頼んであっても遅かったなー・・・



3つ目は、毒ヘビ事件。

バリラタでMarbled Frogmouthが木で寝ているのを観察していると、現地人が2人でこちらに歩いてくる。

どうやら1人が足を毒蛇(Purple Snake)に咬まれたらしい。

ガイドの車に乗せて病院まで連れて行って欲しいとのことのようだ。

ガイドがいない間の治安面は不安だったが、人命に関わる緊急事なのでOKした。

病院まではすぐ近くらしく、ガイドは30分くらいで戻ってきた。

しかし、かなり強い毒をもったヘビらしく、彼が助かる確率は・・・と、ガイドは話していた。

おそらく毎日のように、あちこちでこんなことが起き、多くの方が命を落としているのであろう。

彼が運良くガイドの車で病院へ行けたことで、命を救われたことを祈らずにはいられなかった。



とまぁ、色々とトラブルに見舞われた今回のPNG探鳥旅行。

結果、帰ってきてみれば致命的な事件にはならなかったものの、現地では冷や汗ばかりかいてました・・・

しかし、色々な経験を積み、また色々な鳥を見られたのも事実。

行く前から想像はしていましたが、ハイリスク、ハイコスト、ハイリターンな国、PNGだと改めて痛感しました。

それでもこれに懲りず、またこの地を訪れてみたいとも思いました。

せめて治安が良くなればいいのですが。



写真もなく、ひたすら書き綴りましたが・・・長文失礼しました^^;


| 雑事 | 22:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「日本と北東アジアの野鳥」

海外遠征から無事に帰国しました。

と、帰国早々ですが、今日はちょっと宣伝を。


IMG_20160819_230044.jpg


先日、生態科学出版より1冊の図鑑が発行されました。

「日本と北東アジアの野鳥」
(A Photographic Guide to the BIRDS OF JAPAN AND NORTH-EAST ASIA)


この図鑑に写真を提供させて頂きました。

石川県内で撮影したものはもちろんのこと、北海道在住の頃に撮影した写真やその他の国内遠征時の写真、

海外の写真も含め、私の写真は50枚ほど掲載されているようです。

(ほとんどは当ブログで紹介してきた「図鑑写真」です^^;)


この図鑑、国内で記録のある613種に加え、日本では未記録の北東アジアの60種を加え、その掲載種数は673種。

さらに雌雄や成幼、飛翔写真など、1種に対して3枚以上の写真を掲載した種数も多く、写真の掲載枚数は1,700枚

を超え、内容も濃い1冊になっています。

国内で撮影されたキンメフクロウやヨーロッパビロードキンクロなどの貴重な写真も含まれており、見ているだけ

でも楽しいです。


写真提供という形でこのような図鑑の作成に携わることができ、少しでもこの図鑑を目にする方々のお役に立てる

のであれば光栄です。


これを励みに、また今後も精力的に活動していこうと思います。

| 雑事 | 19:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾で起きた奇跡

今日は、台湾で起きた驚くべき出来事を。

鳥とは全く関係ないので、鳥にしか興味の無い方はすっとばしてください^^;


9月の台湾は、ガイドなしでの旅行でした。

そして道中、にわかには信じられないことが起きました。


9/18、高鐵嘉義駅から阿里山にある宿まで移動する予定だったのですが・・・

高鐵嘉義駅に到着したのが18:25。

駅で阿里山までの移動方法に悩んでいる時に、日本語の上手な女性が親切に声をかけてくれました。

彼女は私たちのことを気遣っててくれ、駅に設置された観光窓口の方やタクシーの運ちゃんに通訳してくれました。

結局、阿里山まではタクシーで行くことになり、その女性にお礼を告げてタクシーに乗り込みます。


阿里山に向かうタクシーは、実に人のいいおっちゃんが運転してくれました。

途中でコンビニで夕食を購入して、車内で食べていいとも言ってくれました。

おかげで、高鐵嘉義駅から阿里山までの約2時間、私たちは夕食を食べ、後部座席で爆睡して過ごすことができました^^;



そして、阿里山から台北へ戻る、9/20のこと。

阿里山と塔塔加での探鳥で思った以上に時間を費やしてしまい、予定より遅れて現地を出発。

塔塔加からは、現地で合流した友人2人のレンタカーに乗せてもらい、台鐵嘉義駅まで移動しました。

そして、台鐵嘉義駅から高鐵嘉義駅まではタクシーで移動することに。


台鐵嘉義駅に到着した時点で既に19時を過ぎていたため、早々にタクシーに乗ろうとして、タクシーの運転手と

金額の確認などのやり取りしていると、後ろから「阿里山」という声が・・・。

そう、行きでお世話になった、あの人のいいタクシーの運転手が、たまたまその場にいたのでした。

往路でお世話になったことと、偶然の出会いに感謝を込めて、がっちり握手。

乗ったタクシーは別の運転手でしたが、こんなこともあるんだなぁ・・・としんみり思いながら、高鐵嘉義駅へ向かいました。


高鐵嘉義駅では、夕食を適当に購入して車内で食べることに決め、さっさと指定席の切符を購入。

それからファーストフード店で夕食を購入し、ホームへと向かいます。

ホームに着いて電車が来るのを待っていると、そこに現れたのは見覚えのある女性・・・。

そう、9/18に高鐵嘉義駅で私たちに手助けしてくれた女性がそこにいたのです。


私たちは信じられない再会に驚きを隠せずにいながらも、到着した電車に乗り込みます。


・・・え、まさか同じ2号車?!


そして座席へ歩いていくと・・・


まさか・・・・座席まで3人が並び席・・・・!!!!!


もう3人が3人とも、「信じられない」「こんなことってあるの?!」の声しか出ませんでした・・・


タクシーの運転手と再会できただけでも奇跡的だと思ったのですが・・・

それ以上の出来事にすっかりテンションが上がってしまい、帰りの電車はその方と楽しく3人で話をして、

盛り上がって台北まで帰ってきました^^; 思わず、台北駅では記念写真をパシャリ。

日本にも何度も来たことがある方ということで、次回は金沢に!とオススメしておきました(笑


こんなことってあるものなんですね。

旅先での出会いは一期一会だと思って接するようにしているのですが・・・。


もし、往路で悩まずに阿里山までの移動方法を決められていたら・・・

もし、復路で乗る新幹線が1本早かったり遅かったりしたら・・・

もし、数分、数秒、復路の切符を買うのが早かったり遅かったりしたら・・・

きっと今回の偶然は起きなかったでしょう。


おかげで、旅行中に見たどんな鳥よりも、この信じられない奇跡的な出来事の印象が強くて・・・(汗)

忘れることのない旅になりそうです。


160126奇跡の切符


写真はその運命的な出会いを演出した指定席切符。

嫁のチケットは、帰国してからポケットに入れたまま洗濯機に巻き込まれてシワシワですが・・・(汗


こんな素敵な出会いのある旅、またいつか経験してみたいものです。

願っても叶わないでしょうけど^^;

| 雑事 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年

気がつけば、今年ももう数えるほど。

一年が過ぎるのは早いです・・・


今年は海外遠征の多い年になりました。

昨年からすっかりハマりました(汗

1月の台湾。

Taiwan Partridge(ミヤマテッケイ)3
(Taiwan Partiridge)

ミカドキジ、サンケイ、ミヤマテッケイにタイワンツグミなど・・・

私にとって、初めての台湾でした。


5月の半島マレーシア。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)2
(Black-and-yellow Broadbill)

カンムリシャコやキマユシマヤイロチョウ、コガマグチヨタカなどの熱帯の鳥達を観察。

久々にクビワヒロハシもじっくり観察できました。


8月のハルマヘラ。

151027Standardwing Bird of Paradise(シロハタフウチョウ)1
(Standardwing Bird-of-Paradise)

今年の海外遠征で最も刺激的だったのは、このハルマヘラの旅に違いありません。

衝撃のシロハタフウチョウにラケットカワセミ、オオヤイロチョウ、ハルマヘラズクヨタカ・・・。

これ以上挙げると、長くなるのでやめておきます^^;

Invisibleなハルマヘラクイナの気配を感じられた、あの一時の興奮も、忘れることはないでしょう。


まだ投稿してませんが、9月と10月にも台湾に行っています^^;

それらはまた年明けに公開ということで。


そして、またこの年末年始にも海外遠征です。

気がつけば2ヶ月に1回のペースですね・・・恐ろしい(汗


しかし、今年はあまり山に登らなかった気がします。

6月の三ノ峰〜別山。

7月の白山。

そして9月の北岳。

この3回だけな気が・・・(汗

来年はもう少し色々な山に登りたいですね。


鳥に関しては、国内での年間確認種が318種。

声だけのものが8種いるので、見られたのは309種です。

これで年間観察種をカウントし始めてから、5年連続での300種越え。

海外遠征が増えて国内遠征が減ったので、今年はどうだろうと思っていましたが・・・

貪欲に週末に鳥を見ようとすれば、300種くらいは割と見られるものですね。


そのうち、ライファーは11種。

これも年間10種は見たいと思っていたのでなんとか達成。

しかしそろそろ、年間10種伸ばすのが苦しくなってきました。

来年も10種くらい見られるといいのですが・・・


さて、今年を振り返るのはこれくらいにして、今年最後の、そして来年最初の遠征に行ってきます。

狙いの鳥達が見られるといいのですが、どうやら天候が悪いようで心配です。


それでは皆様も良いお年をお迎えください。

そして、また来年もよろしくお願いします!

| 雑事 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出国

ブログ更新もままならないのですが・・・

今日から6/6まで海外遠征に行ってきます。

どんな出会いがあるのか、今から楽しみです。

| 雑事 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013年

この年末年始も北海道に来ています。

鳥見の方は色々と楽しめているのですが、結局は更新が3ヶ月遅れたまま年を越すことになってしまいました(汗


今年のライファーは・・・23種。

コスズガモ
ワキアカツグミ
オオカラモズ
キバラガラ
アカハジロ
メジロガモ
オニアジサシ
アナドリ
シロハラミズナギドリ
アカオネッタイチョウ
オナガミズナギドリ
アカアシカツオドリ
クロウミツバメ
セグロミズナギドリ
セグロアジサシ
シロアジサシ
シラオネッタイチョウ
ハワイセグロミズナギドリ
メグロ
カンムリカッコウ
オガワコマドリ
カラフトムジセッカ
ミゾゴイ

これを見ても分かるとおり、何より印象に残っているのは小笠原での硫黄島クルーズでした。

そして、今年1年で観察できた野鳥は351種。

昨年までは昨年の329種が最高だったので、目標にしていた350種を見ることができて良かったです。


登った山は・・・

秋田駒ヶ岳、早池峰山(2回)、八ヶ岳、北岳、ニペソツ山、アポイ岳、早池峰山、白馬岳。

どこも過去に登ったことのある山ばかりですが、季節を変えて登るとまた楽しいものです。


来年はどんな鳥と出会い、どんな山に登れるのか・・・

色々と忙しくなりそうですが、できる限りのことを楽しもうと思います。


今年も残り時間わずかですが、皆様も良いお年を!

| 雑事 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年

今、私は昨年に続いて、道東にいます^^;

今日は根室で一日探鳥をしてきました。

121231アビ
(Red-throated Diver)



今年も1年が過ぎました。

転職の準備に忙殺され、まともに鳥を見に行く暇もなかった1~3月。

人生の大きな転換の年でもありました。


4月からは、新しい職場での仕事に慣れるのに苦労しながらも、全国各地を転々とする日々・・・


6月~8月は多くの山にも登ることができました。

パッと思い出せるだけで、

谷川岳、秋田駒ヶ岳、早池峰山、北岳、白山、白馬岳、木曽駒、八ヶ岳、鳳凰三山、月山、栗駒山。

まだまだ登りたい山はたくさんあるので、また来年以降も登ろうと思います。


鳥見では、年間の観察種数が329種。

ライフリストは29種増えて、412種になりました。

来年は、430種を目標に頑張ります!


公私ともに充実した良い年になりました。

また来年も良い年になりますように・・・

皆様も良いお年をお迎え下さい。

| 雑事 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

退院!

谷川岳の山頂から滑落した7Dとレンズ。

入院から2週間、無事に退院し、昨日手元に帰ってきました。

120711退院



交換した部品は・・・

・マウント(歪んでたらしい):2,000円
・COVER ASS'Y, TO(おそらくストロボ接続部分):8,630円
・カバー(後):4,750円
・液晶モニターユニット:8,235円

これに技術料9,000円、送料900円を加えて、税込み35,190円。

一緒に滑落したレンズ(24-105mm F/4L)は、特に動作に異常がなく、ピント調整(1,050円)のみ。

あれだけ滑落して、コレだけで済んだと思えば・・・助かりました。


滑落した7Dの復帰戦は、今週末の登山。

いきなり、私がこれまで登ったことのない標高の山の予定です(汗

・・・無事に持って帰れるように、気をつけます。。

| 雑事 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

滑落事故・・・

6/23。

谷川岳に登ってきました!


・・・その山頂での出来事。

座って昼食を終えて、立ち上がった時に、膝の上に置いていた何かが崖の下に転がり落ちていきました・・・

すっかり忘れてた。。

膝の上にカメラ置いてたんだった(滝汗


滑落したカメラは、大きく横に跳ねた後、山頂からは見えない角度の場所へロスト。


ボディとレンズがくっついた状態で落ちているかどうかすら怪しい。

レンズが大破していてもおかしくない。

それでも、一応探しに行きます。。


・・・・・・・・見つかりました。

10~20mほど滑落していたものの、あまり遠くへは落ちずに、カメラは岩にぶつかって止まっていました。

1バウンド目で、跳ねた方向が良かったのでしょうね・・・・


とりあえず・・・レンズはくっついてる。。

ボディも、原型を留めている。。

しかし・・・・液晶が割れてる(泣

カードを挿すところのフタが開いてるけど、カードは入ったまま。

その場で、電源を入れてシャッターを押してみる・・・・AFも効いてるし、シャッターも普通だ。。


拾い上げたその場所で、動作確認してシャッターを押した時の写真がこれ。

120630動作確認

普通に撮れてます^^;


しかしその時、どんな風に写っているのかは、液晶が死んでいるので確認できず。。

下山途中も、まともに撮れているかどうかわからないまま、とりあえずいつも通り、写真を撮りながら下りてきました^^;


愛用の7Dは、こんなんになっちゃいました・・・

120630右

右側はほとんど無傷。



120630左

左側も、擦れ傷はあるものの、ヒドい外傷はなし。


そして背面・・・

120630後1

液晶に美しい模様が・・・(泣


かなり深く割れているように見えます。。

120630後2

そして、写真では分かりづらいですが、液晶下の「Canon」のロゴの部分が凹んでます。。

この辺りを岩に強打したのでしょうね。。


しかし、一番驚いたのは、レンズがほぼ無傷なこと。

本体どころか、フードまでほとんど傷ついていませんでした。

友人から安く譲って貰ったこのレンズ、何かが憑いているのかも(笑


ということで、現在7Dは入院中です。。

無事に帰ってきますように。

滑落したおかげで、帰ってきたら、なんだかこれまで以上に愛着が沸きそうです(笑

それまでは、北海道時代に酷使してきた、サブ機の50Dで頑張ります!



ということで、谷川岳での写真は次回から^^;

| 雑事 | 22:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年度末

3月は、ほとんどどこにも出かけられないまま、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

初旬は引越の準備に追われ、中旬になって、いざ引越の2日前になって聞かされた・・・まさかの配属先違い。

予想より100㌔北だと言う・・・(汗

しかし、引越も家の賃貸契約も全てキャンセルすることは不可能であり、さらにもう一度同じ手続きを県内で行うことに。


そして、その手続きが終わってホッと一息、24-25日のの週末は久々にフィールドに出ようと計画していた矢先のこと。

24日に発熱・・・昼に38℃、夜に40℃。

日曜も40℃。さらに消化不良。腸炎との診断・・・

昨日も今日も、その延長で職場を休まざるを得ませんでした。

今日になってようやく体調も少し戻りつつあり(完全に消化出来てはいませんが・・・)、明日にも職場復帰。

しかし気付けば27日も過ぎてしまいました・・・


手続きを考えると、29日はどうしても休暇を取る必要。

30日に退職辞令を受け取った後は挨拶回りをし、職場を離れることになるので、もう職場で残された時間は・・・

28日、残り1日だけです。

しかし残り1日と言っても、6年間の心の整理なんて言っている場合じゃありません。。

先週分の仕事すら片付かない恐れがあります(汗

なんだか、立つ鳥跡を濁さないつもりが、大変なことになる気がしてきました・・・

さて、明日はやれるだけのことをやって、次のステップへ進みたいと思います。


4月に入ってしばらくは、新しい職場での研修などもあるため不在の期間も長く、予想通り身動きが取れそうにありません。

スマホは使えますが、如何せんパソコンのようには行かないので、まだしばらく更新は出来ないと思います。

お許し下さい・・・


また新年度もよろしくお願いします!



そういえば、今日は一つ宣伝を・・・・

≫ Read More

| 雑事 | 20:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT