「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

鍋違い

鍋は鍋でも

こっちの鍋はたくさんいるんですよね・・・

110201ナベヅル1

ナベヅル。

鳥インフルの影響で、出水のツルセンター周辺や東干拓地はほぼ全面立ち入り禁止。

一度は見てみたいと思っていた出水のツルの集団越冬地ですが・・・

さすがに地元の方の苦労を考えると、入る気が起きません。


それでも、この子達はその周辺で十分に観察できます。

110201ナベヅル2


鳥インフル、小康状態としながらも継続しているので心配です。

爆発的な流行だけは絶対に避けたいですね・・・

110201ナベヅル3


ナベヅルと言えば、昨シーズンに北海道で出会った幼鳥のことを思い出します。

あの後、あの幼鳥は無事に渡りが出来たのでしょうか。

もしかすると、今回出水で会っていたかも?

なんて思うと、また楽しいですね!

| 野鳥 | 22:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真鶴

こちらは「鍋」と違って、立派な名前を・・・・

110203マナヅル1

真の鶴と書いて、マナヅル。

「黒く変色した鍋」とは大違いです(汗


しかし、その名の通り美しい鶴です。
(ナベヅルも美しいですよ!!)

110203マナヅル2

背中のグレーのグラデーションがなんとも言えません。


ナベヅルよりもかなり大きく、迫力もあります。

110203マナヅル3

しかし今回、あんまりマナヅルの写真撮らなかったなぁ・・・(汗

今度行くときは、嫌になるくらい撮影したいです。


しかし・・・やっぱり「黒く変色した鍋」ヅルの名前の由来、何度聞いても泣けてきます;

十分に美しく可愛い鶴なのですが・・・

| 野鳥 | 22:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信じる者は・・・

マナヅルとナベヅルは、これまでにも見たことがありました。

ですが・・・鳥インフル発生前に、今年も複数の飛来情報があったクロヅルとカナダヅルは未見の鳥。

ということで、捜索開始。


現地に着くまで、交通規制の状況が分からなかったのですが・・・

とりあえず東干拓地に着くと、入口からほぼ全面立入禁止。

ということで、ちょっと見晴らしの良い場所から、プロミナーで探します。

探し始めて10秒。

110205クロヅル

あっさりと見つかりました。。

見つけられないと思っていたクロヅル。

遠かったですが、見られる場所にいてくれて良かった。。

他の数百羽のツル達を丹念にプロミナーで見ていきますが、見える範囲にクロヅルはこの1羽、カナダヅルはゼロ。


東干拓から離れ、周辺の畑に分散した小群もつぶさに見ていきます。

が、見つかりません。

ナベクロヅルは1羽見つけたのですが、撮影前に飛ばれてしまいました。。


結局この日は夕方まで、立入禁止の区域を避けるように、周辺の畑地で猛禽、小鳥、ツルを見続けました。

小さな群れを探し続けて(プロミナで見た遙か彼方のツル達も含めれば)少なくとも2,000羽は探したでしょうか。

しかし・・・めぼしいものは見られず、諦めて宿泊場所へ向かおうと思った日没直前。

ひときわ小さな、全身グレーのツルが目に入ります。

110205カナダヅル1

いました。。

カナダヅルです!


例年なら、そんなに労せずして見られるであろうツルですが・・・

110205カナダヅル2

今年は、見られただけでも幸運だったと思わなければなりません。

どこか見られる場所にいると信じて、探し続けて良かったです。

おかげで、見つけたときは本当に嬉しかった・・・。


首が太く!(笑

110205カナダヅル3


日没寸前、西日を受ける姿が美しいです。

110205カナダヅル4


マナヅルと比べると、本当に小さいですね。。

110205カナダヅル5


鳥インフルが発生したときには、もう今回は見られないかと思ったクロヅルにカナダヅル。

この日はカラフトワシとクロヅル、カナダヅルでライフリストが+3。

記念すべき350種目が、このカナダヅルでした!

鳥見に関しては、信じる者は・・・ですね!



しかし、出水の鳥インフルは本当に心配です。

この危機を乗り越え、また来年以降も多数のツル達が飛来してくれることを祈っています。

| 野鳥 | 20:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゃもじ

九州3日目、1/9。

この日はオオズグロカモメを見るべく、熊本の八代にいました。

満潮が正午頃なので、午前中にフリーな時間があったので・・・・

迷った挙げ句、不知火干拓へ行くことに。


ニュウナイスズメやカワラヒワ、アトリの群れ、タゲリ、タヒバリはたくさん見られたのですが・・・

その他は今ひとつ。

まだ時間があるから、次は不知火干潟でも見に行こうか、なんて話をし始めた矢先のこと。


・・・しゃもじ発見!

110207ヘラサギ1

しゃもじを見たのは・・・2回目でしょうか。

地元で10年以上前に見て以来。

九州ではそんなに珍しくないとはいえ、思わぬ出会いってやはり嬉しいですね。


しばらくこの場所で2羽がじっとしていたのですが、猛禽か何かに驚いたのか、ちょっと移動して・・・

110207ヘラサギ2

やや近くで観察できる場所に@@;

前から見ると、嘴の黄色い部分もバッチリですね^^b


自慢のしゃもじで、採餌の仕草も披露してくれました!

110207ヘラサギ3

こんな右に左に振り回すだけで、どうして餌が捕れるのか謎ですが・・・

案外、上手く捕るんですよね(汗


そして、しゃもじだと掻きにくそう・・・

110207ヘラサギ4


美しいヘラサギ、バッチリ見られて良かったです!

110207ヘラサギ5


しかし、我々が夢中で撮影していると、さらに上空から1羽の白い鳥が・・・(汗

| 野鳥 | 22:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒しゃもじ

ヘラサギの撮影中に、上空から目の前に舞い降りた白い鳥。

110209クロツラヘラサギ1

しゃもじの次は・・・・黒しゃもじΣ(・д・)


そして、この子も目の前で見事なしゃもじ捌きを。。

110209クロツラヘラサギ2

・・・捕まえられませんでした(笑



自慢のしゃもじをぱっくり。。

110209クロツラヘラサギ3

しかし、何かにありつけた訳ではありません。

口を開けてみただけ(汗


ちなみに、降り立った場所がどれだけ目の前だったかというと・・・

110209クロツラヘラサギ4

ノートリでこの距離でした(汗

初列の黒色部を見るに、まだ若い個体なんですね。


黒しゃもじまで、目の前で見られるとは思いませんでした・・・

これだけ近くで観察できると、どんな野鳥でも嬉しいですね!

世界的珍鳥のクロツラヘラサギともなると、喜びもひとしお。

冬の九州では比較的よく見られる鳥ですが、じっくり見られて満足でした!

| 野鳥 | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゃもじ&黒しゃもじ

せっかく黒しゃもじが近くに来てくれたので・・・・

しゃもじと黒しゃもじのコラボを(笑

110211クロツラ&ヘラサギ1

仲良く2羽ですやすや・・・・

寝ていても、違いはハッキリ分かりますね!


ちゃんと起きているところも^^;

110211クロツラ&ヘラサギ2

しゃもじと黒しゃもじがこうやって並んで見られることは、案外少ないのではないでしょうか?!


最後は、遠くのアオサギにも一緒に写ってもらいましょう(笑

110211クロツラ&ヘラサギ&アオサギ

小雨の中、ややしばらくの間、ヘラサギ&クロツラヘラサギの撮影に夢中でした。

楽しかった・・・・


しかしこの後、

「こんなに首尾良くしゃもじ達を見てしまって、オオズグロカモメまで見られたら大変ですね!」

なんて心配をしていたのですが・・・


心配無用。

小雨降る中、待てども待てども、オオズグロカモメは現れず(泣


世の中、バランス良く出来ているものですね~^^;

| 野鳥 | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カニが好物?

熊本の球磨川河口、オオズグロカモメは見られませんでしたが・・・・


110213ズグロカモメ2

ズグロカモメはたくさん見られました!


しかし、なんだか様子が変。

満潮時、次々と海からこちらへ向かって飛んできます。

110213ズグロカモメ1


そして・・・なぜか内陸へ向かって飛んでいきます。


気になって、双眼鏡で後を追っていたKさんが、畑に降りるのを目撃。

ということで、降りた地点に行ってみました。


・・・いました。

なぜか、畑にズグロカモメ。

しかも・・・

110213ズグロカモメ3

「ズグロカモメは蟹が好物」と聞いていたのですが・・・

畑で謎の黒い物体を食べています@@;

コレって何?!


そしてそのままごくり・・・・

110213ズグロカモメ4

一体、畑で何を食べているのでしょう。。。


ちなみに、どんな光景かというと

110213ズグロカモメ5

・・・やっぱり、何かが違う(汗

ちなみに、手前の黒っぽい固まりはタゲリ達。

畑でタゲリとズグロカモメ。。


干潟でふわふわと飛びながら蟹を食べるという、私の中のズグロカモメのイメージは、見事に崩れ去りました(笑


それでもこの後、干潟でちゃんと蟹も食べてましたのでご安心を^^;

110213ズグロカモメ6

やっぱり蟹好きなんですね~♪


今日も最後は図鑑写真を・・・

110213ズグロカモメ7

まだ若い個体。

しかし、アイリングは冬羽でも分かるものなんですね!


ズグロカモメ、愛らしい姿に大満足でした♪

| 野鳥 | 01:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もろもろ

年始の九州編だけでもう1ヶ月ほどやってますが・・・(汗

もうしばらくお付き合い下さいm(_ _)m

今日は、個別の記事で紹介できるほど撮っていない、諸々の鳥たちを^^;


まずは・・・ゴイサギ。

110215ゴイサギ

いつぞやのケアシノスリじゃないんだから(汗

堤防沿いでぼーーーっとしてました。

・・・ノートリです。



球磨川河口のツクシガモ。

110215ツクシガモ

実はライファーでした・・・(汗


ホシムクドリは数回見ました。

110215ホシムクドリ

みんな愛想悪し。。

電線でしか撮らせてくれません。。


この子は愛想良かったのですが・・・

110215ミサゴ

ミサゴ。

至るところで見られました。

水辺ならどこにでも!というくらいいます。。


あとは、道端のカササギ。

110215カササギ

これまでは、北海道でしか見ていなかったので・・・・

やっぱり九州北部では、数が多いんでしょうね。

熊本を運転しているだけで、5度ほど見かけました。


さて、九州報告も残り僅か。

・・・・あと1週間程度でしょうか(汗

| 野鳥 | 23:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

餌探し

1/9は、オオズグロのポイントから北上し、長洲港からフェリーで諫早市へ。

1/10は、半日でしたが諫早で過ごしました。

第一の目的はナベコウでしたが・・・・見つからず。。

水路も逐一チェックしたのですが(泣


その代わり、葦原で聞き慣れない小鳥の声がしたと思ったら・・・

鹿児島や熊本でも、実は再三探していたツリスガラ!

110217ツリスガラ1

パキパキと音を立てて、餌を探しています。

20~30羽の群れだったでしょうか。


よく見ると、嘴を器用に使って・・・

110217ツリスガラ3

細い葦や枝を真っ二つに割っています。


そして、中から

110217ツリスガラ2

餌ゲット(笑


110217ツリスガラ4

とにかく夢中です。

嘴を葦に突き刺して、嘴を開くときに上手く割いていくんですね。

そして、中から虫を・・・

そのための、鋭い嘴なんですね。。

| 野鳥 | 22:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我慢の末

このツリスガラを待つのに、2時間程費やしてしまいましたが・・・

帰る直前まで、私の近くには来てくれず。

やきもき。。

ですが、我慢の甲斐あって、最後の約10分間だけは比較的近い所で撮影できました。

110219ツリスガラ1

顔にピンが合わなくて残念・・・


と言っても、500mmを手持ち!!

私の左腕は・・・限界でした(汗

110219ツリスガラ2


最後はアップ写真で・・・

こちらは雄。

110219ツリスガラ3

頭部にやや茶色が混じっているところを見ると、若い個体なのでしょうか??


こちらは雌でしょうか。

110219ツリスガラ4

若い個体がどの様な羽衣なのかを知りたいです。


北海道ではほとんど見られない鳥。

石川でも、しばらく記録がなかったと思います。

次会えるのはいつの日か・・・

やや運が必要な鳥なだけに、しっかり見て撮れて良かったです!

| 野鳥 | 21:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

好み

やや1ヶ月間、九州の報告に費やしてしまいましたが・・・(汗

今日で最後です!

これまでさんざん紹介してきた鳥たちですが・・・

今日は、私好みの構図のものをいくつか。

一般的な「綺麗な写真」とはちょっと違う雰囲気のものが多いですが(汗


まずは、カツオドリ。

110223好みカツオドリ

一時期トップ画像になっていた写真の、1コマ前。


ズグロカモメ。

110223好みズグロカモメ

飛んでくる子を待っているように見えます・・・


ナベヅル。

110223好みナベヅル

正面ですが、片目が鋭く赤く光って、よく見ると怖いです(汗


上三枚と比べると、面白味に欠けますが・・・

110223好みホオアカ

朝日に映えるホオアカ。


九州4日間、思い返しても楽しい旅でした!

また来年も行きたいな~♪

| 野鳥 | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飲み過ぎ注意

九州編のおかげで、既に1ヶ月前の話になりますが・・・(汗


1/23の朝、私は中禅寺湖畔にいました。

22日の夜は、現地の人達(初対面の方が多数)との飲み会で飲み過ぎて・・・

朝から体調が優れなかったのは間違いありません(汗

集まった人は良い人ばかりで、更に料理も美味しくて・・・・つい調子に乗って飲み過ぎた自分が悪いのですが;


そうは言っても、せっかく来たのでふらりとドライブ。

110223ニホンザル

ニホンザル。

子ザルの毛繕いをしていました。



コガラ。

110223コガラ

北海道でも見ていたのかも知れませんが・・・

久しぶりに見た気がしました^^;


小鳥は少なかったのですが、後で聞いた話だと・・・

レンジャクの80羽+の群れがいたとか?!

それも、私も何度も確認した場所??

タイミングが悪かったのか・・・いや、飲み過ぎた日の翌日は、アンテナも鈍るのでしょうか(泣


活動する日の前日は、飲み過ぎ注意です。。

| 動物 | 23:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥日光と言えば、滝。

有名なところでは「湯滝」「竜頭の滝」「華厳滝」の3つががあります。

これまで奥日光に来ても、山やら湿原やらばかりに足を運んでいたせいで、今まで滝には行ったことが無く・・・

今回は動きまわれる体調でもなかったので、お手軽に行ける滝に行ってみることに。


まずは・・・湯滝。

110225湯滝hdri
(1RAW HDRi、縦3枚合成)

なかなかの迫力。

青空が良いですね!


お次は・・・竜頭の滝。

110225竜頭の滝
(横2枚合成)

ここは光を考えると、朝行くべきだったのでしょうか。

さらに、ほとんど雪に埋もれてしまっていて、滝と言うより沢・・・(汗

今回は、3つの中で一番残念な感じでした。


最後に華厳滝。

110225華厳滝hdri
(1RAW HDRi)

この滝も、本当は朝が良いのでしょうね^^;

完全に逆光で日陰になってしまっていました。。

ですが、HDRi加工すると不思議と立体感ある写真に?!

これはこれで面白いかも。。

華厳滝は有名なだけあって、すごい迫力でした!


奥日光の3つの滝、また違う時期、時間帯にも行ってみたいです。

| HDRi | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まったり

1/29。

気付けば私は・・・飛行機に乗っていました。

着いたのは、稚内空港。


まさかこんな所に来ているとは、1週前は自分でも考えていませんでしたが。。

110227ゴマフアザラシ

関東と違い、まったりと時間が流れていました・・・


見ているだけで、和みます。。

110227ゴマフアザラシ2

かわいい(笑


日没後、宗谷岬のちょっと東へ行くと

110227流氷

来てました!!!

暗闇の中の撮影だったので、スローシャッターで氷が揺れてますが(汗

宗谷近辺に接岸したのはこの日の前後だけだったようなので、運が良かったです♪

流氷、やっぱりいいですね!



FN(2011.1.29-30 道北)
ヒメウ、マガモ、スズガモ、シノリガモ、コオリガモ、クロガモ、コケワタガモ、ビロードキンクロ、ウミアイサ、ケイマフリ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、オジロワシ、オオワシ、トビ、ユキホオジロ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計22種

| 動物 | 23:23 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月