「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

たんこぶ

今回の道北行で、一番の目的だった鳥。

それは・・・

110301コケワタガモ1

コケワタガモ!

それにしても立派なたんこぶです(汗


私が北海道に住んでいたときは、一度も情報がなかったのですが。

110301コケワタガモ2


私がいなくなるとすぐに来るんですよね・・・(汗

110301コケワタガモ3


シノリガモも思わず、見慣れないたんこぶを凝視。

110301コケワタガモ4

いや、派手にぶつけたりした訳じゃなく、生まれつきなんです・・・


図鑑を見ると、翼鏡は綺麗な青色で描かれているのですが・・・

実物はそうは見えません(幼鳥だからでしょうか?)。

光の反射具合が良いときに、少しだけ光沢が見られます。

110301コケワタガモ6

でも、青色かと言われると微妙。・・・緑っぽくも見えます。


これがノートリで一番近かった時。

110301コケワタガモ5

潜水して、急に目の前に現れたのには焦りました・・・


最後は、図鑑写真を。

110301コケワタガモ7

3年半、見たいと思い続けていた鳥の1種。

幼羽でも、この日まで待っていてくれて良かった・・・

いつか、美しい雄成鳥のたんこぶも見てみたいです(笑

この子も、背中に見える肩羽に白っぽい羽が混じっていることから、もしかすると雄かもしれませんね?!

また来年、美しい成鳥になって帰ってきて欲しいものです。

| 野鳥 | 22:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆきだるま

1/30。

漁港でたんこぶを観察している時、どこからか小鳥の声が耳に入ります。

上空に目をやると・・・

20羽ほどの白い小鳥の群れが!!

それは・・・ゆきだるま達でした!


近くの雪原に降りたのを確認して、見える場所まで移動。

ユキホオジロ1


ハマニンニクと戯れるのを、遠くから狙い撃ちです^^b

ユキホオジロ2


しかし、どうしてこんなに可愛いのでしょうか・・・

ユキホオジロ3


そんなポーズまで・・・反則です><

ユキホオジロ4


雪の上を歩く姿まで可愛い。。

ユキホオジロ5

向こうを向いている子にピントを合わせていたのは内緒です(汗


雪がキラキラと光って、またそれが綺麗です。

ユキホオジロ6

ほんの10分程でしたが、思わぬ出会い、至福の一時でした。

ユキホオジロ、また会いたいな・・・。。

| 野鳥 | 23:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道化師

稚内港で、愛想の良いシノリガモに出会いました。

シノリガモ1

英名「Harlequin Duck」の「Harlequin」は、「道化師」。

そう言われると、なんとなく分かる気はしますが・・・


雄3羽で雌を追いかけ回してました。。

シノリガモ3


こんな顔で口を開けて追いかけても・・・

シノリガモ2

相手にされません(笑


でもやっぱり「道化師」と呼ぶにはちょっと勿体ないくらい、美しいカモ。

シノリガモ4

そんな美しい羽模様でも、雌に想いを伝えるのはなかなか難しいようです(笑


あまり気にかけたことがなかったのですが、黒い頭央線がくっきり入ってるんですね。

シノリガモ5


最後は図鑑写真で・・・

シノリガモ6

北海道にいると、あまりに普通種で無視されがちなシノリガモですが、本州では人気者です。

改めてじっくり見て、美しい鳥だと再認識させられました!

| 野鳥 | 23:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つぶらな目

シノリガモに続き、これまであまり写真をアップしなかった海ガモ普通種 PartⅡ。

全身真っ黒なのでこの名前が付いたのだろうと、容易に予想ができるカモ・・・

110307クロガモ

クロガモです^^;

真っ黒で、上嘴の黄色い部分だけがこの鳥の魅力だと思っていませんか・・・??

110307クロガモ2


私が思うには、このとぼけた様なつぶらな目がたまらなく可愛いのですが・・・(←悪い病気

110307クロガモ3

雌も、雄(のつぶらな目)に視線が釘付けです(笑


そして、真っ黒と思いがちですが

110307クロガモ4

羽を広げると、真っ黒ではないことも分かります!

今度クロガモを見かけたら、黒い顔で目立たない、つぶらな瞳に注目しましょう(汗

・・・きっと愛着が湧いてくるはずです(笑

≫ Read More

| 野鳥 | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何回見ても

やっぱり冬の北海道に来たら・・・

この鳥をじっくり見ないと!

110309コオリガモ1

この子は若い雄でしょうか。


つがいで・・・

110309コオリガモ2


正面から・・・

110309コオリガモ3


宗谷方面をバックに・・・

110309コオリガモ4

この子は・・・愛想悪かったです(泣


波があると、外海っぽさと遠近感が出て良いですね!!

110309コオリガモ5


コオリガモ、何回見ても飽きないカモです。

きっと、また来たらまた撮りたくなると思います(笑

| 野鳥 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷の恐怖

稚内港では、ケイマフリにも出会えました。

110311ケイマフリ1

比較的近いところにいたのですが、ぐんぐん近くに寄ってきます。。


とても愛想が良くて、首を後ろに曲げてみたり・・・

110311ケイマフリ2


真っ赤な口を開けて、愛らしい声で鳴いたりしてました。

110311ケイマフリ3


ちなみに、どうしてぐんぐん近づいてきたかというと・・・

110311ケイマフリ4

この写真を見ると分かるでしょうか。


急に港内へ小さな蓮の葉氷が流れ込み、海水面が出ている場所がどんどん岸に近い場所に狭められたのです。

そして、最後には上の写真の様に、ケイマフリが身動きがとれない状態に。

足をばたつかせても動けず、焦っている様子でした。

こんな時に猛禽に狙われたら、ひとたまりもないのでしょうね・・・

そう思うと、流氷も、海鳥たちにとっては怖ろしいモノなのでしょう。


ちなみに、この子はこの後、潜って海水面が少し広い場所へ移動し、外海へと飛び立っていきました。

よかった・・・


と、今回も近かったので図鑑写真を!

110311ケイマフリ5

そんな状況にはち合わせ、間近でじっくりとケイマフリを観察できて本当に幸せでした!

ケイマフリ、やっぱり愛らしい鳥です。


と、ようやく道北旅の報告も今日で終了^^;

わずか24時間の滞在とは思えない、濃厚な鳥見旅となりました!

| 野鳥 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

未曾有

なんだか・・・信じがたいことになっています。


今でも、悪い夢だと思いたい。


そう思っている今も、地震は頻発、原発も危機的状況。


また、コトが少し落ち着いたら、フィールドに出かけて気持ちをすっきりしたいです。

やっぱり、私にはフィールドが必要です。

そしてこんな時でも、(タイマー投稿なので)記事は自動で投稿されていくのですが(汗


とりあえず、仕事から開放されて約30時間ぶりに帰宅。

食器が割れた以外、機材やPCに大きな被害はありませんでした。



ただ、今も岩手に、連絡のつかない友人が一人。

山の方なので、津波とは関係がないと思うのですが・・・

一人でも多くの方が無事でいることを、心から祈っています。

≫ Read More

| 雑事 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山鴫

この連休をゆっくりと過ごして、少し、気持ちが落ち着きました。

地震の後、各種メディアで報道される地震と津波に被害に、原発の状況。

そんな情報から少し離れただけでも、随分楽になりました。

しかし、現実から目を逸らすことなく、仕事でもフィールドでも、自分に出来ることをやっていこうと思います。



フィールドで私に出来ることは・・・

野生生物たちの生きる姿を、写真を通じて伝えること。

少しでも、心温まるような生き物たちの姿を伝えることができれば、嬉しいです。



2/11。

関東では、珍しく雪が降りました。

そんな日。

私は神奈川の公園にいました。

目的は・・・

110313ヒヨドリ

ヒヨドリではありません(汗

なんだかホッとしたような優しい目をしていたので、つい撮ってしまいましたが・・・^^;


題名にもあるとおり、

110313ヤマシギ1

ヤマシギです。

コミカルな動きで、地面をほじくり返していました^^;

110313ヤマシギ2

これまでに何度も見たことはあったのですが、いつも飛び去る姿や、夜の林道・・・・。

日中にその姿をゆっくり見たことがありませんでした。

ここは昨年も飛来していた、有名な越冬地。

昨年はアオシギも飛来していたらしいのですが・・・噂では、猫に;


まだ、アオシギには会ったことがありません。。

110313ヤマシギ3

正面顔も頂きました!


しばらく撮っていると、気付けば回りは一面に雪。

110313ヤマシギ4

関東で、日中にこれだけ積もることって珍しいのでしょうね。


この日は2羽が出ずっぱりだったのですが、普段はこんなにずっと出ていることは少ないそうで。

やはり、雪のお陰でしょうか。

天気の悪い日は、普段は藪の中で見づらい鳥の観察には良いですね!

しかし、降り続けるベタ雪の中での撮影は辛かった・・・

| 野鳥 | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でずっぱり

この鳥が出ずっぱりなところを初めて見ました。

110323クイナ1

クイナです!

普段はいつもややこしいところに居るので、なかなかその姿を見せてくれません。

しかし、この日は違いました・・・

110315クイナ3

背中に雪が(汗


「一度や二度」とか、「ほんの数分」とか、そんな感じではありません。

1回に10分以上、しかも何度も出てきました。。

110315クイナ2

正面顔もいただきました!


嘴を地面に突っ込んでは、何かをついばんで食べていました。

110315クイナ4

いつもは、我々に気付くと葦原へとすっ飛んで行くのですが。。

110315クイナ6

この日はなぜか、目立つところで悠々と採餌していました。

ただ、カラスが苦手なのか、鳴き声を聞くと藪の中へ猛ダッシュ。。

その時だけは、いつものクイナの姿でした(笑


これだけじっくり見られたので、図鑑写真も!

110315クイナ5

クイナをこんなにじっくり見られるとは、運が良かったです。

ヤマシギ同様、たまには悪天候の中の散歩も良いですね!


110315クイナ7

と、クイナを見ていたら、手前になにやら・・・?!

| 野鳥 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外来種?

クイナの手前に現れたのは・・・

110317コジュケイ4

コジュケイでした!

どちらも、普段はなかなか姿が見られない、藪好きな鳥。

そう思うと、なかなか見られない贅沢なコラボです。


しかしコジュケイ、外来種扱いで日本の野鳥から外されそうになっているんですよね。。

ライファーに入れて良いモノか悩みますが・・・とりあえず、今のところは入れておこうかと^^;

110317コジュケイ1

暖色系の落ち着いた雰囲気が印象的です。


こうしてみると、体のわりに羽が短い・・・

110317コジュケイ2

そして体がまんまる(笑


「チョトコイ」という大きな鳴き声を良く聞きますが、姿を見る機会が少ない鳥。

110317コジュケイ3

初見でこれだけじっくり見られて、良かったです!


しかし、何をもって「外来」と見なすのか。

近年の明らかなかご抜け由来の鳥はともかく・・・古くに移入された可能性のある鳥の扱いは難しいです。

コジュケイは、きっと移入のルーツがハッキリしているから、外来種候補なのでしょうね。

カササギなんかは、大陸から自力で渡って来たことを否定できないので、外来種候補にはならないのでしょうか。

しかし、これだけ日本の鳥として馴染んでいると、なんだかよそ者な感じがしません^^;


外来種。

どこにミシン目を引くのか、悩ましいですね。

| 野鳥 | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうして・・・

どうして、この様な姿になってしまうのでしょうか。

110319油曝ミツユビ

痛々しい姿。

ここまでひどいと、さすがに心配です・・・


こちらは、別の個体。

110319油曝ミツユビ2

この子も、腹部(後ろの方)に油曝。

真っ白なお腹がのはずなのですが・・・


この子は油曝ではないのですが

110319ウミスズメ

足を怪我しています。

人為かどうか不明ですが、どうしてこんな姿に・・・

この子は潜ることなく、波に流され、1羽で港内に浮かんでいました。

先は長くないでしょうね・・・


銚子港、数多くの海鳥が見られる素晴らしい探鳥地なのですが・・・

その分、可哀想な海鳥たちの姿をよく見かける場所でもあります。


人為由来の海鳥の事故。

現実的に、ゼロになることはないでしょう。

それでも、1つでも2つでも、減ることを祈りたいです。

| 野鳥 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みつゆび

前回は暗い記事でしたが・・・

2/12の銚子港、もちろん元気な海鳥たちも見られました!!

今日はミツユビカモメ特集で^^;

110321ミツユビカモメ1

強風で、足が「かくっ」とした瞬間。


やや正面顔。

110321ミツユビカモメ2

正面度・・・91%くらいでしょうか(汗


強風のなか、雨に打たれて・・・

110321ミツユビカモメ3

沖縄で台風を凌いでいたシギチと同じ表情に見えます。


う~ん、やっぱり可愛い!

110321ミツユビカモメ4

ミツユビカモメ、久々にじっくり観察できました♪

| 野鳥 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワシとオオセグロ

銚子では、ワシも見られました!

北海道ではごくごく普通に見られていたのですが・・・

110323ワシカモメ1

ワシカモメです(汗

美しい成鳥夏羽。

北海道では普通すぎて、あまり撮っていなかったことに、こちらに来て初めて気付きます。。


下の個体はどうでしょうか。

110323ワシカモメ2

未だ、成鳥以外は基本種の判別すら怪しい私。

一瞬、ワシとも思いましたが・・・ここまで褐色味が強いと、オオセグロの第1回冬羽でしょうか。

いつになっても、カモメって難しい・・・ξ

それでも、少しでも見分けられるように、これからも多くのカモメを見ていこうと思います。

| 野鳥 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月