「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

オオメダイチドリ

9/18。

これまで、見れそうでまだ見られていなかった、オオメダイチドリと会いました!

111002オオメダイチドリ1
(Great Sand Plover)

うーん、想像通りの嘴の長さ・・・


見るまで識別が不安でしたが、こうしてみると、メダイとは明らかに違いますね。。

111002オオメダイチドリ2

人が少なくなったところで、ゆっくりと観察。


大きさも、メダイと比べるとやっぱり一回り大きい。

111002オオメダイチドリ3


メダイが横に並んでくれると、差が分かって良いのですが・・・そう上手くはいきませんね^^;

111002オオメダイチドリ4


それでも、見られて良かったです。



おまけに・・・タシギ。

111002タシギ1
(Common Snipe)

後ろから何かに見られているのは気のせいです(汗


初めて見た鳥をゆっくりと近くで観察できるのは、やっぱり嬉しいですね。

| 野鳥 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征

9/21~26、沖縄遠征してきました。

21~23日は本島、24~26は石垣島。

鳥見目的で八重山に行ったことが無かったので、実りある旅になりました。

今日は風景とFNだけでも。

川平湾2
(川平湾:3枚パノラマ合成)

本島のMさん、石垣のNさんやKさんをはじめ、現地でお世話になったみなさん、おかげ様で本当に楽しい旅になりました。

ありがとうございました!!


FN(2011.9.21-26 沖縄本島~石垣島)
カイツブリ、ズグロミゾゴイ、ヨシゴイ、リュウキュウヨシゴイ、ゴイサギ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、アオサギ、ムラサキサギ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、マガモ、カルガモ、アカハラダカ、ツミ、チョウゲンボウ、チゴハヤブサ、カンムリワシ、チュウヒ、ミサゴ、トビ、ミフウズラ、キジ、ヤンバルクイナ、シロハラクイナ、ヒクイナ、バン、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、キョウジョシギ、トウネン、ヒバリシギ、アメリカウズラシギ、ウズラシギ、キリアイ、ハマシギ、エリマキシギ、ツルシギ、アカアシシギ、コアオアシシギ、アオアシシギ、クサシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、オグロシギ、チュウシャクシギ、タシギ、ハリオシギ?、チュウジシギ?、セイタカシギ、ツバメチドリ、カモメsp、クロハラアジサシ、キンバト、キジバト、リュウキュウコノハズク、オオコノハズク、アオバズク、アカショウビン、ノグチゲラ、コゲラ、ツバメ、リュウキュウツバメ、ヤイロチョウ(c)、ツメナガセキレイ、キセキレイ、セジロタヒバリ、サンショウクイ、シロガシラ、ヒヨドリ、アカモズ、アカヒゲ、イソヒヨドリ、キマユムシクイ(c)、ウグイス、セッカ、エゾビタキ、シジュウカラ、コイカル、メジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハイイロオウチュウ、ハシブトガラス

計90種+

| 野鳥 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄本島① -ヤンバルクイナ-

9/21。

台風の接近で羽田から飛行機が飛んでくれるかハラハラしながらも、なんとか沖縄本島に到着。

その日の夜、まずは本島北部の森で・・・あの鳥を探しました。

ヤンバルクイナ1
(Okinawa Rail)

これまで、夜には出会ったことが無かったのですが。

ヤンバルクイナです。

おやすみのところを失礼して・・・しばらく遊ばせて頂きました^^;


これは翌日。

ヤンバルクイナ3

しかし、逃げないもので・・・


しばらく撮影していても、ほとんど動くことなくじっとしていました。

ヤンバルクイナ4


しかし、これまで夜に探し回っていたのは何だったんだろう・・・と思うくらい、2日ともアッサリと見つかりました。

いつもと違う場所を通ったので・・・探すポイントの問題なのでしょうね。。。


23日の朝は、夜に見た場所の近くで車を止めて、待つこと30分。

ヤンバルクイナ6

藪の中から出てきました!!


ちょっと羽を開いて・・・

ヤンバルクイナ8


正面顔で、のび~~~っと・・・・

ヤンバルクイナ9


数分の間、車の近くでうろうろしてくれました。

ヤンバルクイナ7

これまでは、早朝の林道を運転していても、藪の中走り去る後ろ姿を見ることがほとんどだった、ヤンバルクイナ。

今回はじっくりゆっくり見られて良かったです!!

| 野鳥 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄本島② -やんばるの森-

やんばるの森の中で出会った鳥達。


オオコノハズク。

111010オオコノハズク1
(Collared Scops Owl)

この辺りが好きな様で・・・2晩とも見ることができました。

リュウキュウコノハズクと比べると、数は少ない様に感じます。

しかし今回、初めてこの鳥の声を聞いたのですが・・・

猫の様な声@@;

リュウキュウコノハの♀がそんな声で鳴くと聞いたことがあったのですが、オオコノハもそんな声で鳴くとは。。


アオバズク。

111010アオバズク1
(Brown Hawk Owl)

この子も何度か見かけました。

2枚とも赤目は補正しているので、目が何となく不自然かも・・・(汗


早朝の林道では

111010アカヒゲ
(Ryukyu Robin)

アカヒゲ。

地鳴きを聞いたり、藪の中を動き回っているのを見ることはできるのですが・・・

なかなか、しっかりと撮影できません。。

この子もすぐに藪の中へ(汗


最後に、ノグチゲラ。

111010ノグチゲラ
(Okinawa Woodpecker)

毎回出会えるかどうか心配な種ですが、今のところは訪れる度に会っています^^;

林道をくまなく走っていれば、その声で場所を知ることができます!

ただ、撮影できるかどうかは別問題・・・(汗

今回もピン甘。

いつか、綺麗に写真を撮りたい鳥です。


やんばるの森には、魅力的な生き物がたくさんいます!!

何度行っても飽きません!!

| 野鳥 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄本島③ -ジシギたち-

ジシギ達には悩まされました・・・

「ました」と過去形で言うより、むしろ今も悩まされているのですが(汗

111011ジシギa1

個体A。


111011ジシギb1

個体B。

顔だけじゃ無理ですね(汗


111011ジシギc1

個体C。

111011ジシギc2

こちらも個体C。

この子はチュウジっぽい気がするのですが・・・。



111011ジシギd1

個体D。

みんな揃って体を草陰に隠して、顔だけ見せるんです。。


111011ジシギf1

個体E。


111011ジシギg1

個体F。


111011ジシギh1


個体G。

111011ジシギh2

個体G。

羽繕いをする時も、尾羽は広げません(汗


111011ジシギi1

個体H。


と、貼るだけ貼って、判別が苦手な私は貼り逃げです(汗

| 野鳥 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄本島④ -シギ・チドリ類-

沖縄ではもちろん、ジシギ意外にもシギチ類を見てます。。

その中から、撮影できたものをいくつかご紹介・・・


まずは、今回がライファーだったアメリカウズラシギ(J)。

111012アメリカウズラシギ2
(Pectoral Sandpiper)

ウズラシギとの判別が不安でしたが・・・

胸部の縦斑の境目がくっきりはっきり。。


はばたきも・・・

111012アメリカウズラシギ1


2羽で仲良く・・・

111012アメリカウズラシギ3

やっぱり、ライファーの鳥はじっくり見られると嬉しいですね!


お次はアカアシシギ(J→1W)。

111012アカアシシギ
(Common Redshank)

目が合いました・・・(汗


イソシギ(J)は図鑑写真^^;

111012イソシギ
(Common Sandpiper)

イソシギは警戒心の薄い子が多い気がします。


エリマキシギ(J)。

111012エリマキシギ
(Ruff)

この子も愛想良しでした。


オグロシギ(J)は、なかなか近くに来てくれませんでしたが・・・

111012オグロシギ1
(Black-tailed Godwit)


こういう風景、良いです。

111012オグロシギ2

沖縄では当たり前の光景なのですが・・・


ツルシギ(J)も少数ですが見られました。

111012ツルシギ
(Spotted Redshank)

アカアシシギと並ぶと、全然大きさが違うのがわかります。。


あとは、チドリはチドリでも・・・ツバメチドリ(W)。

111012ツバメチドリ1
(Oriental Pratincole)

個人的には、左でうずくまってる子がツボ・・・(笑


美しい夏羽も良いですが、あどけない顔の冬羽も可愛くて良いですね~

111012ツバメチドリ2

沖縄では普通種。

羨ましいです・・・


秋の沖縄、のんびりと色々なシギチが楽しめるので、オススメです!!

| 野鳥 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄本島⑤ -その他の鳥たち-

「その他」とまとめると、なんだかもったいない感じもするのですが・・・

更新が遅れ気味なので、ペースアップするためにも、一気に貼ります!

サギ類から。

111013アマサギ
(Cattle Egret)

アマサギ。

見てのとおり、たくさんいました・・・


白色型のクロサギ。

111013クロサギ1
(Pacific Reef Heron)

海水を飲んでましたが・・・喉渇かないのでしょうか?!


白黒セットで(笑

111013クロサギ2

いつも、どうして2つの型が必要だったのかと、疑問に感じます・・・


クロツラヘラサギ。

111013クロツラヘラサギ
(Black-faced Spoonbill)


ヘラサギも一緒に。

111013ヘラサギ
(Eurasian Spoonbill)

この2種は、南に来ると比較的普通に見られるのですが・・・

しゃもじを見つけると、やっぱりちょっと嬉しいですね(笑


逆光の草陰に見える細長い何か・・・

111013リュウキュウヨシゴイ1
Cinnamon Yellow Bittern)

リュウキュウ ヨシゴイ♀。

一度、気付かずに素通りしそうになりました(汗

真横まで来て「もしかして鳥??」と、慌てて双眼鏡で見ると、この鳥でした。。

まるで忍者ですね・・・


しかし、一度バレてしまうと

111013リュウキュウヨシゴイ2

これでも擬態して隠れているつもりらしいです(笑

丸見えなのですが。。



お次は、「沼アジサシ」とも呼ばれる・・・

111015クロハラアジサシ1
(Whiskered Tern)

クロハラアジサシ。

10羽程度の群れで水田に入っていました。


イモ田で群れていたシロガシラ。

111015シロガシラ
(Chinese Bulbul)


あとは、シギチを探して畦チェックしていた時に偶然見つけた・・・

111015セジロタヒバリ2
(Pechora Pipit)

セジロタヒバリ!!

まさか見られるとは思っていなかったので、嬉しかったです。


111015セジロタヒバリ1

とは言っても、見つけた時は「ほんとにセジロか!?」と自分では半信半疑でしたが^^;

もう少し、タヒバリ類の判別に強くなりたい。。


そして、沖縄本島の最後はやっぱり・・・

111013ミフウズラ4
(Barred Buttonquail)

ミフウズラ。


夕刻の30分ほどで、10羽を見かけました。

111013ミフウズラ3

立ち止まり、低い声で鳴く♀。


111013ミフウズラ1

羽を伸ばしてのびーっと・・・


なんだか、見てはいけない部分を見てしまった気が・・・(汗

111013ミフウズラ2

地肌、見えてます(笑


沖縄本島ではいつもミフウズラの観察機会に恵まれており、この鳥とは相性が良いようです。

島を訪れる度に見られている気がします。

そういえば今年は、宮古島でも石垣島でも会いました・・・

また訪れることがあれば、出会えると良いのですが。


さて、沖縄本島の観察記録はこれでおしまい

次回からは引き続き石垣島の報告に入ります^^;

| 野鳥 | 01:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島① -Ashy Drongo-

石垣島へは、23日の夜の便で移動。

島への上陸は5年ぶり。

鳥見目的での訪島は初めてだったので、ポイントを知らず、土地勘もなく・・・

24日の朝はまずアカハラダカを見るべく、バンナ岳の展望台へと向かいました。


その途中。

・・・電線に変な鳥を発見。

111015ハイイロオウチュウ1
(Ashy Drongo)

眠気は一気に吹き飛びました(笑

なんと、ハイイロオウチュウ!

島について、まだ見た鳥はキセキレイとキジバト、ハシブトガラスだけだったのに・・・(汗


電線LOVEな子で、決して木にとまろうとはしませんでした・・・

111015ハイイロオウチュウ3

どうして白目・・・(汗


最後は図鑑写真。

111015ハイイロオウチュウ2

色んなシーンを撮れたら良かったのですが、電線どまりだけ。。

これ以上、同じような写真ばかり貼っても仕方がないので、3枚にしておきます。。


しかし、私の後に来た人はほとんど見られなかったそうで・・・

うーん、私には何かが憑いていたのでしょうか(汗

| 野鳥 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島② -アカハラダカ-

ハイイロオウチュウを見た後は、すぐにバンナ岳の展望台へ。

まだ未見の、アカハラダカの渡りに期待して・・・

到着してすぐ、姿を見せてくれました!

111016アカハラダカJ1
(Chinese Goshawk)

今回は、幼鳥が多く感じられました。

ということで、まずは幼鳥を何枚か。

111016アカハラダカJ2


111016アカハラダカJ3


111016アカハラダカJ4


次は、雌成鳥。

111016アカハラダカ♀1


111016アカハラダカ♀2


111016アカハラダカ♀3


雄成鳥。

111016アカハラダカ♂1


成鳥、特に雄は、近くに来てくれる子が少なかったです・・・

111016アカハラダカ♂2


タカ渡りに当たったことが無かったので・・・

111016アカハラダカ1

山から次々と湧き出るアカハラダカに感動しました。


そして、最後には鷹柱!

111016アカハラダカ2


111016アカハラダカ3


タカ渡りに当たったことがほとんど無かった私。

ちょっと鳥肌が立ちました^^;

また、タカ渡りを見に行かなければ!


しかし、24日は朝からハイイロオウチュウ→アカハラダカの鷹柱。。

運を使い果たしてしまったのではないかと不安になりました・・・(汗

| 野鳥 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島③ -カンムリワシ-

八重山と言えば、この鳥!

111017カンムリワシ2
(Crested Sperpent Eagle)

カンムリワシです。


こちらは幼鳥。

111017カンムリワシ

真っ白で綺麗!!


近くの木にとまったところも激写^^;

111017カンムリワシ5


カエルをくわえ、カラスを威嚇する様に飛び上がりました^^;

111017カンムリワシ3


青空も似合います!

111017カンムリワシ4


最後はアップで・・・

111017カンムリワシ6


他の猛禽と比べると、警戒心も薄く、どこかのんびりした感じのカンムリワシ。

愛嬌たっぷりの姿に、すっかり惹かれてしまいました・・・

またいつか、彼らをゆっくり見に来ようと思います!

| 野鳥 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島④ -ズグロミゾゴイ-

今回の旅で、必ずと思っていた鳥。

ズグロミゾゴイ。

111018ズグロミゾゴイ1
(Malaysian Nigit Heron)

雌でしょうか。

芝生の上を悠々と歩いていました・・・


こちらは幼鳥。

111018ズグロミゾゴイ3

警戒心が薄く、急いで逃げる気配は全くありません。。


しかし、いるところにはいるもので・・・

111018ズグロミゾゴイ7


同時に3羽が視界に入ることも。

111018ズグロミゾゴイ4


知人が「簡単に見られるよ~」と言っていた意味が分かりました(笑

111018ズグロミゾゴイ5

合計で10羽以上は見たでしょうか。


111018ズグロミゾゴイ6

とはいえ、見られるポイントを知らないと、なかなか難しいことは事実。

聞いたポイント以外では、見つけることができませんでした・・・


スズメガの幼虫(?)ゲット(笑

111018ズグロミゾゴイ2

地面に叩きつけてから飲み込んでいました^^;


独特の雰囲気の鳥でしたが、ゆっくりと観察できて良かったです!

しかしあの幼鳥、もう少し警戒心を持った方が良いと思うんだけどな・・・(汗

| 野鳥 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島⑤ -チュウヒ-

石垣では、チュウヒも遊んでくれました・・・^^;

「チュウヒなら、冬の関東でいくらでも見れるでしょ!!」というツッコミはなしで(笑

111019チュウヒ2
(Eastern Marsh Harrier)


ゆっくりと水田の上を飛んでくれました!

111019チュウヒ1


しかし、こんな所でチュウヒの撮影をすることになるとは・・・(汗

111019チュウヒ3

それでも、島ではゆっくりとチュウヒを見る機会が少ないらしく、島の方々と一緒に楽しく撮影できたので良かったです!


遠くの木にとまったところも激写。。

111019チュウヒ4

遠い・・・。。


また、冬になったらじっくり撮りにいかねば!

111019チュウヒ5

| 野鳥 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島⑥ -ムラサキサギ-

カンムリワシやズグロミゾゴイと同様、八重山と言えば、この鳥も・・・

ムラサキサギ1
(Purple Heron)

ムラサキサギです。


本土でもたまに確認されていますが・・・簡単には見られません。。

アオサギよりもさらに一回り大きく、首も長い印象です・・・

ムラサキサギ2


この細い首から想像できないのですが、よく聞くのはその獰猛さ。

ムラサキサギ4

魚やカエルはもちろんのこと、シギチやクイナ類と言った、中型の鳥達まで食べてしまうとか。。


幼鳥は茶色・・・

ムラサキサギ6


スマートで、綺麗な鳥なんですけどね^^;

ムラサキサギ5


今回は観察機会に恵まれ、何羽もゆっくり見られて良かったです!

| 野鳥 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島⑦ -その他の鳥たち-

石垣島報告も、今日で終わりに・・・

やっぱり、あんまり遅れると良くないですね(汗

今回、ライファーだった・・・キリアイ。

キリアイ1

なぜか相性の悪かったこの鳥ですが、ようやく出会えました!

今度はもう少し近くに来てくれるといいな・・・^^;


こちらはシマアカモズ。

シマアカモズ1

ちょうど渡りの時期に当たった様で、島のいたるところで見られました。


ツメナガセキレイは、島の優占種というほど大量に。。

ツメナガセキレイ2

1枚の畑に数百~千羽ほどの群れが入っている場所も。

とにかく凄い数でしたが、中からキガシラセキレイを探し出すことはできず・・・(汗


ちょっと時期はずれのアカショウビン。

車の真横でした・・・

アカショウビン1

手前の枝・・・(泣

3羽見かけたのですが、どうやらこの時期は観察が難しい様で・・・

運が良かったのでしょうか?!


ノートリでこの距離。。

アカショウビン2

せめて、とまっている枝くらいはフレーム内に収めたかったのですが(泣


最後は、夕暮れの水田にて・・・

影1


沖縄での6日間の鳥見旅。

色々ありましたが・・・また必ず、遊びに来たいと思います!

| 野鳥 | 23:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苫小牧航路 -ハジロミズナギドリ-

石垣島から帰って2週間後の10/8。

私は・・・大洗から苫小牧へ向かうフェリーの上にいました(汗


目的はこの鳥。

111031ハジロミズナギドリ1
(Providence Petrel)

ハジロミズナギドリ。


遠くて画像が荒いのはご容赦下さい;

111031ハジロミズナギドリ2

一度だけ、青森沖で20~30羽くらいの群れが出てくれました。


しかし遠かった・・・(泣

111031ハジロミズナギドリ3




おまけに、トウゾクsp。

111031トウゾクsp1

トウゾク類の判別ってやはり難しい・・・

この個体も尾羽だけ見るとクロトウっぽいのですが、どうも下面を見るとただトウゾクっぽい。。

まだまだ鍛錬が足りないようです(汗


これ以外にも、クロアシアホウが5羽、カンムリウミスズメも3羽出たのですが・・・

ごま粒程度にしか撮れなかったので、割愛します(泣

| 野鳥 | 02:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月