「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


今朝は、納沙布岬で初日の出を見て来ました!!

1201010初日の出@納沙布2

晴れて良かった~!!


普段はあまり人のいない納沙布岬ですが、今朝は凄い人の数。

120101元旦の納沙布

まさかこんなに人が来るとは・・・


夜明け前、納沙布に向かう途中に見たコミミズクが今年最初に見た鳥。

幸先良いスタートを切ることができました!

今年も1年良い年になりますように・・・



| 風景 | 20:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小耳

年末年始は、この鳥と縁がありました。

コミミズク4
(Short eared Owl)

コミミズク。

この子は真っ昼間から、道路の上の標識にとまってました・・・



飛びモノにも挑戦。

コミミズク3


トリミングしてますが。正面顔も!

コミミズク5


夕焼けに染まって・・・

コミミズク1


赤い夕陽の近くでホバリング。

コミミズク2


年末年始と、あちこちで多くのコミミズクと出会うことができました!

また会えるように、あちこちを歩き回らねば・・・

| 野鳥 | 23:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハイイロチュウヒ

12/28。

原野の中で猛禽類を待っていると、ハイイロチュウヒが飛んできました。

ハイイロチュウヒ1
(Hen Harrier)

美しい雄。

久々にじっくりと観察できました!


もちろん、雌タイプも・・・

ハイイロチュウヒ2


西日を浴びて、葦原を美しく舞います。

ハイイロチュウヒ3


葦原の中に隠れたつもり・・・

ハイイロチュウヒ4


何度見ても美しい鳥です。

| 野鳥 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末年始の北海道

既に写真を小出しにしていますが、12/28-1/3の6日間を道内で過ごしました。

時間を惜しんで色々な方と会い、そして鳥を見て来ました!

想像以上の成果に大満足。

この時期はやっぱり北海道です(笑


風景も素晴らしかったです。

120105夕景1


雪が道端でのちょっとした風景を絶景に変えます。




と同時に、港はこんなだったり・・・

120105大荒れ


危険でもあります!!!



暴風雪警報が発令されている最中のオホーツク沿岸の国道。

前の車が見えないと、ホワイトアウトします・・・


今回の旅だけでも、事故車を10台は見たでしょうか。

運転にはやはり気をつけなければ・・・

皆さんもご注意を!

FN(2011.12./28-2012.1.3 道南~勇払・鵡川~根室~知床~網走)
アビ,オオハム,シロエリオオハム,ハジロカイツブリ,アカエリカイツブリ,カンムリカイツブリ,フルマカモメ,ハイイロウミツバメ,カワウ,ウミウ,ヒメウ,チシマウガラス,ダイサギ,アオサギ,コクガン,オオハクチョウ,マガモ,カルガモ,コガモ,オカヨシガモ,ヒドリガモ,オナガガモ,ホシハジロ,オオホシハジロ,キンクロハジロ,スズガモ,クロガモ,ビロードキンクロ,アラナミキンクロ,シノリガモ,コオリガモ,ホオジロガモ,ヒメハジロ,ウミアイサ,カワアイサ,トビ,オジロワシ,オオワシ,オオタカ,ハイタカ,ケアシノスリ,ノスリ,クマタカ,ハイイロチュウヒ,チュウヒ,ハヤブサ,コチョウゲンボウ,ハマシギ,ユリカモメ,セグロカモメ,オオセグロカモメ,ワシカモメ,シロカモメ,カモメ,ウミネコ,ミツユビカモメ,アカアシミツユビカモメ,ヒメクビワカモメ,ウミガラス,ハシブトウミガラス,ケイマフリ,ウミスズメ,エトロフウミスズメ,コウミスズメ,コミミズク,アカゲラ,コゲラ,ハマヒバリ,ハクセキレイ,タヒバリ,ヒヨドリ,イソヒヨドリ,キクイタダキ,エナガ,ハシブトガラ,ヒガラ,シジュウカラ,ゴジュウカラ,シラガホオジロ,ホオジロ,ツメナガホオジロ,カワラヒワ,ハギマシコ,スズメ,カケス,カササギ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ワタリガラス 計89種

| 風景 | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハマヒバリ

12/29。

私は・・・道南にいました。。

目的は色々あったのですが、一番の目的はこの鳥。

ハマヒバリ1
(Horned Lark)

ハマヒバリ。

ライファーでした!


綺麗な個体で、黄色と黒の模様がくっきり。

ハマヒバリ2

しかも愛想良く正面顔まで・・・(笑

正面から見ると、英名「Horned」の意味までよく分かりますね^^;


しかし、撮影条件は極めて悪く、朝からやや吹雪く暗い中・・・

SSが全然上がらず、ブレ写真の量産。

ハマヒバリ3

風雪に耐えている様に見えますが・・・決してそんなことはありません^^;

ほとんど立ち止まらずにひたすら歩き回って、餌を探していました。。


近かったので、最後は図鑑写真で。

ハマヒバリ4


実はこの子、この翌日にこの場所から抜けてしまったそうで・・・

以前、野付半島で数ヶ月滞在した個体に、前日に抜けられた私。

今回は逆に、ギリギリ間に合って良かったです!

Kさん、本当にありがとうございました!!

| 野鳥 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北の小鳥たち

年末の北海道、ハマヒバリを紹介したついでに小鳥をいくつかやっつけます。

まずはシラガホオジロ。

シラガホオジロ
(Pine Bunting)

ハマニンニクを美味しそうに食べてます^^;

しかし、撮影に入って間もない時、遙か彼方に飛び去ってしまいました(泣

失敗したなぁ・・・



お次はツメナガホオジロ。

ツメナガホオジロ1
(Lapland Longspur)

こちらは道南の個体。

どうしようもないくらい遠くにいるのをプロミナで発見し、膝くらいまで積雪している中を歩くこと数百m。

そして警戒心が強くてこれ以上の写真は無理・・・

この子には、久々の雪を楽しませて頂きました(笑


こちらは道東の群れ。

ツメナガホオジロ2

かなりの数が群れていました。

正確な数は不明ですが、合計で30羽以上はいたでしょうか。


こういうところだと分かりやすくていいのですが・・・

ツメナガホオジロ3


地味ですが、冬の北海道で出会えて嬉しい小鳥たち。

雪だるまにも是非会いたかったのですが、今回は縁がありませんでした^^;

また見に行かないと!

| 野鳥 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケアシノスリ

北海道では、ケアシノスリもあちこちで見ることができました。

ケアシノスリ1
(Rough-legged Buzzard)

典型的な幼鳥。


こちらは別個体。

ケアシノスリ2


比較的低いところをホバリングしてくれました!

ケアシノスリ3

やっぱり、この鳥は格好いい・・・


ノスリと比べると、白さが違います。

顔の精悍さも!(笑

ケアシノスリ4



ちなみに、ノスリは・・・

ノスリ
(Common Buzzard)

どこかあどけなさの残るような、可愛い顔してます(笑


白き猛禽、ケアシノスリ。

何度見ても飽きない、美しい鳥です。

| 野鳥 | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

極北の天使

12/30の20時に札幌を出発した私は・・・

暴風雪警報が発令される中、斜里へ向かいました。

吹雪、地吹雪、吹きだまり。

斜里に2時に到着し、ホテルに入って即就寝。


翌朝、目的の鳥を探しに行きます。

斜里の漁港周辺を探すも見つからず・・・

諦めかけていたのですが、ウトロのオシンコシンの滝の辺りから外海を探していると・・・

遠くひらひらと舞う、ピンク色のカモメが!!!

120114ヒメクビワカモメ1
(Ross's Gull)

ヒメクビワカモメです!

証拠写真ですみません・・・^^;


何度この鳥を求めて、冬のオホーツクを訪れたことか・・・(笑

写真では分かりづらいですが、冬羽でもしっかりとピンク色なのが見てとれます。

美しい鳥です。


ウミガラスと一緒に・・・

120114ヒメクビワカモメ2


ハシブトウミガラスと一緒に・・・

120114ヒメクビワカモメ3


昨年最後のライファーは、大晦日に見たヒメクビワカモメでした。



観察しているとさらに、一緒に見ていた方が

「あれ全部アカアシミツユビカモメ!?」と・・・

その先を見ると、20羽以上の群れ。

プロミナでようやくな距離だったので、その時は撮影は諦めていたのですが・・・


その後、また別の一群が!!

120114アカアシミツユビカモメ1
(Red-legged Kittiwake)

こちらも証拠写真ですみません。。

なんと、本当にアカアシミツユビカモメです・・・

真ん中が幼鳥、残り2羽は成鳥。

私は、この鳥を見たのは2回目。

また見られるとは思っていなかっただけに、嬉しかったです!


昨年は最高の大晦日でした。

しかし、年末年始の大荒れのオホーツクは・・・最高ですね!!

また今年も行ってしまいそうです・・・(笑

| 野鳥 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わし

道東は相変わらずワシだらけでした!

オオワシ2
(Steller's Sea Eagle)

背景は国後島。



わしわし・・・

オオワシ1



わしわし・・・

オオワシ・オジロワシ
(White-tailed Eagle & Steller's Sea Eagle))

2羽の正面顔、ワシであるにも関わらず、何だか癒されます(笑

| 野鳥 | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆粒

ヒメクビワカモメとアカアシミツユビカモメで豆粒な鳥写真を出したので・・・

ついでに、他の豆粒もまとめて公開(汗

見せられる写真ではないので、記録の証拠だと思って下さい!!

まずは・・・先日の写真にも写り込んでいたハシブトウミガラス。

120117ハシブトウミガラス1
(Brunnich's Guillemot)

本当に多くの群れが岬の方向へと次々と移動していました。

千羽以上は見たでしょうか。

そして、一生分のブトウミを見てしまった気がします(汗

たまに、ビロードキンクロの編隊に混じったり、ブトウミの編隊にウミガラスが混じっていたりして笑えました^^;


お次は・・・ヒメハジロ。

120117ヒメハジロ1
(Bufflehead)

この鳥はどうしていつも遠いのでしょうか・・・


次はもう少し近くで観察したいです。。

120117ヒメハジロ2


最後は・・・一番遠かったオオホシハジロ。

120117オオホシハジロ
(Canvasback)

この写真が証拠になるのかどうかも怪しいところですが(汗

ひどく遠いですが、分かって頂けるでしょうか・・・


さて、豆粒写真も飽きたと思うので、次回は至近距離の写真を!!

| 野鳥 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハシブトウミガラス

大晦日に引き続き、大荒れの予報になった1/3。

私は再び・・・オホーツク海側にいました(笑

この日もヒメクビワカモメを観察し、その後は漁港巡り。


漁港内で、2羽のハシブトウミガラスが仲良く浮かんでいました。

120118ハシブトウミガラス4
(Brunnich's Guillemot)

複数羽が一緒に漁港内に浮いているのは、初めて見ました。


少しずつ近づいて来ます・・・

120118ハシブトウミガラス5

いい感じに正面を向いてくれました(笑



最後は目の前に出てきたので、図鑑写真を。

120118ハシブトウミガラス3

近すぎて、ほとんどピンが合った写真が撮れていませんでした(汗

これはなんとかピンが合った方の1枚。

良い写真を撮るチャンスがあっても、撮影者の腕が足りないといかんですね。。。

| 野鳥 | 02:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミガラス

ハシブトウミガラスを見ていると・・・

車のすぐ横に浮かんできた鳥。

ウミガラス2
(Common Guillemot)

なんとウミガラスでした!

まさか同じ漁港内でウミガラスとブトウミの両方を見られるとは・・・


このウミガラスは愛想が良く、しばらく近くで浮かんでいてくれました^^b

ウミガラス3


道東にでも住んでいないと、こんな機会はなかなか無いです・・・

ということで、今日も最後は図鑑写真で!

ウミガラス1

小さな漁港でもこんな出会いがあるのですから・・・やっぱり道東はこうでないと!!

そして、また行きたくなります(笑

| 野鳥 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウミスズメ

今回の旅で、漁港内で見られたウミスズメは3種。

ブトウミ、ウミガラスと、もう1種はウミスズメでした。

120121ウミスズメ2
(Ancient Murrelet)

この子は何だか毛づやが良くなかった・・・^^;


雨の中の撮影は辛いモノがあります。。

雪ならいいのに!!

120121ウミスズメ3

正面顔で変なポーズ(笑



こちらは上の子とは別個体。

夕暮れ時で、SSが上がらない・・・。。

それでも、ブレなかった写真を図鑑写真で!

120121ウミスズメ1

ウミスズメが比較的普通に漁港に入ってくるのも、冬の道東の魅力です!

| 野鳥 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

氷鴨

冬の道東と言えば・・・この鳥。

120122コオリガモ6
(Long-tailed Duck)

コオリガモ。


綺麗で、可愛くて、愛想がいい。

三拍子揃った道東・道北の冬の風物詩。

120122コオリガモ1


雄の様な派手さはないですが、雌の可愛さも目を引きます。

120122コオリガモ2


こちらは雌に似ていますが・・・雄若でしょうか。

120122コオリガモ3

頭部が白っぽく、嘴の先もピンク色を帯びています。

後ろで潜っている雄が気になる・・・(汗


雌にも潜って頂きました!(笑

120122コオリガモ4


「アオ、アオナ」 と愛嬌ある声で鳴くのも、私にはツボだったりします(笑

おかげで何回冬の道東に行っても、毎回一度はこの鳥を撮ってしまいます。。


コオリガモ、それくらい魅力的な鳥です。

| 野鳥 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒い鳥

年末年始の北海道シリーズを引き延ばしてきましたが・・・

九州やら沖縄やら、後が詰まっているので、そろそろ最後にします^^;


黒と言えばまずは・・・

120123クロガモ
(Black Scoter)

クロガモ。

あいにくの天候で、目が写らずに真っ黒になっちゃいます。。


これは外海ですが・・・

120123クロガモ2

やたら雌が多いので、女子会でもしてるのかと、友人と話していたのですが

よくよく見ると、雄の若もそこそこ混じってるんですね^^;



もひとつ黒い鳥・・・

120123チシマウガラス
(Red-faced Cormorant)

チシマウガラス。

はっきりと成鳥冬羽を見たのは案外初めてかも・・・

これまではいつも、幼鳥か夏羽ばかりでした^^;


最後は、全身真っ黒・・・

120123ワタリガラス
(Raven)

ワタリガラス。

オホーツクの海を見ている時、上空を何度もワタリガラスが飛んでいきました。

120123ワタリガラス2

とは言え、この写真でそれと分かる人は少ないでしょうね・・・^^;

私も写真だけ見せられたら頷けないかも・・・。。


しかし、今回の道東は非常に内容が濃かったです。。

年末年始の道東にハマりそう・・・(汗

それくらい楽しかったです!!


今回も長期間にも関わらず同行してくれたYさん、ありがとうございました!!

| 野鳥 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州遠征

1/4。

1/3までの北海道での鳥見の旅程を無事に消化して、この日は移動日でした。

朝8時千歳発の飛行機で羽田へ向かい、家には寄らずにそのまますぐに乗り継いで、お昼には熊本へ!

・・・着く予定でした(汗


しかし!!

直前キャンセルのお客さんがいたとかなんとかで、出発が15分程度遅れ・・・

羽田で乗り継ぐ予定だった便に乗り継げなくなり・・・

そんなお客や航空会社の勝手な理由で乗り継ぎができなくなったにも関わらず、ANAの説明は

「ANA便は次は15時発になるので、そちらにして頂くしかないです・・・」


んなアホな。。。

それじゃ何のために熊本便にしたか分からないし・・・
(潮の満ち引きから、この日の夕方は熊本で鳥見するつもりだった&夜には諫早に移動する予定だった)

しかも、わざわざ5時起きで札幌を発ったのかわからない。。

と、色々とゴネていたら、

「伊丹乗り継ぎでなら、予定よりは遅くなってしまいますが、14時に熊本に着く便があります」

と折衷案。

それなら、一応2~3時間熊本で鳥見れるし、目的の時間(満潮の1時間前)には球磨川にも着けるし。

仕方ないので、了解。


しかし、天候や災害ではなく、他の客の都合や航空会社の都合で乗り継げなくなったのに、

平気でその遅れを他の客に押しつける、ANAの態度にはちょっと呆れてしまいました。。

遊びとはいえ、少ない休日を有効に使おうと、こちらがどれだけ時間と金をかけて計画を立てていると思っているのか。

こういう、相手側の勝手な予定変更を一方的に押しつけられるのが嫌いな私です。。

天候が理由ならどうしようもないので、すぐ諦めるんですけどね・・・


120124夕景@鹿児島
(鹿児島での夕景)


120124夕景@鹿児島2
(同上)

と、グチばっかり言ってても仕方がありませんね^^;

結局、その日の夕方も無事に目的の鳥を見られ、夜には満足して長崎に移動できたので良かったです^^;

と言うことで、九州のFNを。

冬の九州、小鳥は少なかったですが、楽しかったです!


FN(2012.1.4-8 熊本~長崎~鹿児島)
カイツブリ,ハジロカイツブリ,カンムリカイツブリ,カワウ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,アオサギ,ナベコウ,ヘラサギ,クロツラヘラサギ,ツクシガモ,オシドリ,マガモ,カルガモ,コガモ,トモエガモ,ヨシガモ,オカヨシガモ,ヒドリガモ,アメリカヒドリ,オナガガモ,ハシビロガモ,ホシハジロ,スズガモ,ウミアイサ,カワアイサ,ミサゴ,トビ,ハイタカ,ノスリ,カラフトワシ,ハイイロチュウヒ,ハヤブサ,コチョウゲンボウ,チョウゲンボウ,クロヅル,ナベヅル,カナダヅル,マナヅル,バン,オオバン,ダイゼン,タゲリ,ハマシギ,クサシギ,イソシギ,ダイシャクシギ,チュウシャクシギ,タシギ,オオズグロカモメ,ユリカモメ,セグロカモメ,カモメ,ウミネコ,キジバト,カワセミ,コゲラ,ヒバリ,ツバメ,キセキレイ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,ムネアカタヒバリ,タヒバリ,ヒヨドリ,モズ,ジョウビタキ,シロハラ,ツグミ,ウグイス,エナガ,シジュウカラ,ホオジロ,カシラダカ,オオジュリン,カワラヒワ,ニュウナイスズメ,スズメ,ムクドリ,コクマルガラス,ミヤマガラス,ハシボソガラス,ハシブトガラス 計84種

| 風景 | 23:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大頭黒

1/4。

熊本に着いて、レンタカーを借りた時点で14:30。

すぐに球磨川河口に向かいます。


現場に到着し、雪がちらついたり、太陽が出たりの不安定な天候の中、セグロカモメの群れの中を探すと・・・

120126オオズグロカモメ1
(Great Black-headed Gull)

去年は見事に振られたオオズグロカモメがそこに!!

なんで去年いなかったんだろう・・・。。


あくび。

120126オオズグロカモメ2


羽を広げて・・・

120126オオズグロカモメ4



ダイシャクシギを威嚇。

120126オオズグロカモメ5

驚いて飛び上がって・・・


・・・墜落(笑

120126オオズグロカモメ6


ハマシギの飛ぶのを「じー・・・・」

120126オオズグロカモメ7


クロツラヘラサギと一緒に。

120126オオズグロカモメ8

う~ん、贅沢です。



最近、時間をもてあますと動画撮影するようになってきました・・・



オオズグロカモメよりも、ダイシャクシギが長い嘴でセグロカモメを攻撃してるところがツボだったり。。

しかし、さすがに自由雲台での動画撮影はしんどいです。。

だからといって、重いビデオ雲台を使うのもなぁ・・・対策を考えねば。


しかし、オオズグロカモメを見られたことで、昨年のリベンジ達成!

間に合うように飛行機が着いてよかった・・・(笑

| 野鳥 | 20:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナベコウ

1/4はオオズグロカモメを見た後、諫早へ向かい、1泊。

予定では、1/5は一日諫早でナベコウを見て、その日のうちに鹿児島へ向かうつもり・・・でした。。

1/5。

早朝、現場について、広い干拓地のどこから探そうかと双眼鏡を手にとって、周りを見渡すと。

遙か遠くで、飛び立とうとする2羽の大きな鳥・・・

あのシルエットは間違いなくナベコウ(汗

飛び去る先を双眼鏡で追いますが、最後は遠くの山の裏へ入ってしまい、ロスト・・・・(泣

その日はその後、探せど探せどナベコウは見つかりませんでした。

日が暮れた後、翌日の予定をどうしようか悩んだのですが、ここまで来てじっくり見られないのはあまりに悔しいので、

諫早でもう一泊して意地でも見ることに(笑


翌6日。

この日も早朝から探そうと、干拓地の中を車で走っていくと・・・・

急に、道路脇の側溝から、大きな鳥が2羽道路上に飛び出しました!!

120130ナベコウ1
(Black Stork)

こちらは幼鳥。


しかし、この幼鳥を撮影した後は色々と邪魔が入ります・・・

まずはカワセミ。

120130カワセミ

2羽とも愛想が悪くしているときに、気付けば手前にちょこんと・・・(汗


お次はテン。

120130テン

ナベコウを見ている時にどうしてテンが・・・(汗

ナベコウは我関せずと餌を探っていましたが。。


最後に・・・アオサギ。

120130アオサギ

成鳥と幼鳥が並んで餌を採っているところを撮れるチャンスに、なぜか手前に降り立ち、見事に邪魔を・・・(泣

そうなると、アオサギを撮るしかありません(笑


あんまり邪魔が多かったので、土手にあがったところでちょっと遠めから・・・

120130ナベコウ3

こちらが成鳥。

この日はずっと薄曇りだったので、綺麗な光沢を拝むことはできず・・・


120130ナベコウ4

幼鳥も同じ様なところに。。


そして最後は、ものすごく愛想良くしてくれました!!

広めの水路で仲良く採餌。

120130ナベコウ6


特に成鳥が愛想良くしてくれて・・・

水路脇で正面顔。

120130ナベコウ7


見返りポーズ。

120130ナベコウ2


あまりに近かったので、最後はいつもどおりの図鑑写真で・・・

120130ナベコウ5


1日探して見つけられなかったナベコウ。

リベンジでこれだけバッチリ観察できたので本当に良かったです。

6日も1日探して見つからなかったら・・・と思うと怖ろしいです。。

見たいという気持ちと執念は大切ですね~^^;

| 野鳥 | 02:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月