「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

≫ EDIT

小尺鴫

4/28~29、再び舳倉に行ってきました^^;

今回の主役はこの子。

120503コシャクシギ1
(Little Curlew)

コシャクシギです。


宿泊する民宿前の芝生でまったりしてました。

120503コシャクシギ2


そして、ほとんど人間のことを気にしない子でした・・・

120503コシャクシギ4

元気がないのかと心配になりましたが、トビに驚いた時は飛び回っていたので、とりあえず元気はあったようです^^;


好天の日の昼間は、なんだかギラついた感じの写真になるので好きじゃないです・・・

120503コシャクシギ3


これは日没後。

120503コシャクシギ5


最後は図鑑写真を。

120503コシャクシギ6


3m程の距離、目の前でじっくり観察させてくれたこの子に感謝です。

無事に渡っていってくれたでしょうか・・・。


FN(2012.4.28-29 舳倉島)
オオハム、シロエリオオハム、オオミズナギドリ、ウミウ、ヒメウ、コサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、トビ、ハイタカ、ハヤブサ、バン、コシャクシギ、チュウシャクシギ、ジシギsp、アカエリヒレアシシギ、セグロカモメ、ウミネコ、ウミスズメ、ウトウ、ヒメコウテンシ、キジバト、ツツドリ、アリスイ、ツバメ、イワツバメ、ハクセキレイ、ビンズイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、ノゴマ、コルリ、ノビタキ、マミジロ、アカハラ、マミチャジナイ、ツグミ、ヤブサメ、ウグイス、オオヨシキリ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、ムギマキ、オオルリ、コサメビタキ、メジロ、ホオジロ、シロハラホオジロ、カシラダカ、ノジコ、ホオアカ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、ウソ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス 計62種

| 野鳥 | 14:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒメコウテンシ

コシャクシギのおかげでちょっと影が薄かったですが・・・

4/28の舳倉では、ヒメコウテンシも2羽見られました。

120504ヒメコウテンシ1
(Short-toed Lark)

地面でじっとしていると、見つかりづらいのですが・・・


芝生だと分かりやすい(笑

120504ヒメコウテンシ2


餌探しに夢中。

120504ヒメコウテンシ3



ヒメコウテンシに会ったのは天売島以来でしょうか。

地味ながら可愛い鳥です。

| 野鳥 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小鳥いろいろ

4/28-29の舳倉島、コシャクシギ、ヒメコウテンシ以外の鳥達も少しだけ。


エゾムシクイ。

120505エゾムシクイ
(Sakhalin Leaf Warbler)

島内いたるところ、特に海岸沿いの草地にたくさんいました。。


センダイムシクイも同様、海岸沿いにも多かったです。

120505センダイムシクイ
(Eastern crowned willow warbler)

この子は水場で水浴び中ですが^^;


桜とオオルリ。

120505オオルリ
(Blue-and-White Flycatcher)


ノジコ。

120505ノジコ
(Japanese Yellow Bunting)


最後に・・・マミチャジナイ。

120505マミチャジナイ
(Eyebrowed Thrush)


渡りの時期なら、いつ行ってもある程度楽しめるのが、舳倉島の強味です。。

天候次第では、1泊すると島流しになる可能性は否めませんが・・・

| 野鳥 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Asiatic Dowitcher

舳倉から帰った翌日の30日、春のシギチを見て来ました。

一番の目的は・・・この鳥。

シベリアオオハシシギ5
(Asiatic Dwitcher)

シベリアオオハシシギ。

嬉しかったので、大量に貼ります(笑


真っ赤な成鳥の夏羽です。

シベリアオオハシシギ2

オグロシギの群れに混じっていました。


オグロシギと比べると・・・

シベリアオオハシシギ3

脚:短い

嘴:黒くて太い


一回り小さく見えます。

シベリアオオハシシギ4

そして、オグロシギの成鳥夏羽(左)よりも赤い。


腹の後ろの方まで赤い・・・。。

シベリアオオハシシギ12


ピンが甘いのですが・・・

シベリアオオハシシギ1

翼下面は真っ白なんですね。



何かの映画で見たような光景・・・(笑

シベリアオオハシシギ6

格好良く、一列に並んで近寄ってくるようですが・・・

現実は、奥の畦を歩く農作業のおばちゃんを避けて、こちらに向かってくるところ(笑


正面顔もいただきました!

シベリアオオハシシギ7




シベリアオオハシシギ8


夕方、西日を受けて、より一層赤く見えます。

シベリアオオハシシギ9


日没直前。

シベリアオオハシシギ10

ややピン甘なのはご勘弁を^^;


考え事でしょうか・・・

シベリアオオハシシギ11


ある程度近くまで来てくれたので・・・図鑑写真も。

シベリアオオハシシギ20


見られるだけでも御の字のシベリアオオハシシギ。

真っ赤な成鳥夏羽を見られて良かったです!

≫ Read More

| 野鳥 | 19:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コシャクシギ再び

昨日の記事のおまけ写真にありましたが・・・

シベリアオオハシシギのいる場所には、コシャクシギも一緒にいました^^;

120507シベリアオオハシ×コシャク2
(Little Curlew)


草地にいるイメージのコシャクシギですが・・・

周りのチュウシャクシギ達が水田にじゃぶじゃぶ入っていく影響か、この子はなぜか水っぽいところもOKなようで(汗

120507コシャクシギ3

こんな水田にも入ってました。。


チュウシャクの嘴が短い個体を見て、悩ましい思いをしたことがある方も少なくないはず・・・

120507コシャクシギ1

しかしこうして見ると、体色も大きさも嘴も、全然違いますね!!

これならば、今後悩むことはなさそうです^^;


正面顔でぶるぶる・・・

120507コシャクシギ2


しかし、水っぽいところOKなのはこの子だけなのでしょうか。

120507コシャクシギ4

気になるところです。。


しかし、舳倉で初めて見た直後に、本土でも別個体が見られるとは・・・(汗

見られる時ってそんなもん、ですね^^;

| 野鳥 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Black-tailed Godwit

シベリアオオハシシギは、オグロシギの群れに混じっていたのですが・・・

そのオグロシギ。

120510オグロシギ1
(Black-tailed Godwit)


貝?をパックン。

120510オグロシギ2

いつだったか、同じ様な写真を撮っていたような・・・


スマートな体型、赤く美しい夏羽。

120510オグロシギ3

オグロシギの雰囲気ってどことなく良いです。


飛翔する姿もまた、白黒のコントラストが綺麗。

120510オグロシギ4


着地!

120510オグロシギ5


最後は図鑑写真を・・・

120510オグロシギ6


この地はよくオグロが飛来しているようなので、また来シーズンも楽しみです!

| 野鳥 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シギチいろいろ。

4/30は、ほかにも色々なシギチを観察。


ムナグロ夏羽。

120511ムナグロ
(Pacific golden Plover)




夏羽で真っ黒なツルシギ。

120511ツルシギ1
(Spotted Redshank)

夏羽のツルシギは大好物です(笑


こちらはトウネン。

120511トウネン
(Red-necked Stint)

ユリカモメが畦で渋滞してますが・・・その手前でぼーっとしてました^^;


愛想の悪かったホウロクシギ。

120511ホウロクシギ
(Far eastern Curlew)



春のシギチ観察、綺麗な夏羽の子がたくさん見られて楽しいですね♪

| 野鳥 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬遠征

5/3~7。

以前から、一度行きたいと思っていた対馬へ行ってきました。

現地では、千葉でお世話になったKさんや、現地でお会いした本土の方々、対馬の地元の方々にもお世話になり、
本当に楽しい旅になりました!

120512アマサギ
(Eastern cattle Egret)


今日はとりあえずFNを。

ライファー4種、初めて声を聞いた鳥も2種。

充実した鳥見になりました。

FN(2012.5.4-7 対馬)
ミゾゴイ(c)、ササゴイ、アカガシラサギ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、アオサギ、ムラサキサギ、カルガモ、ミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、ノスリ、サシバ、キジ、バン、ムナグロ、ウズラシギ、アオアシシギ、タカブシギ、イソシギ、ウミネコ、カラスバト、キジバト、セグロカッコウ(c)、ハリオアマツバメ、ヤマショウビン、カワセミ、ブッポウソウ、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ツメナガセキレイ、キガシラセキレイ、ハクセキレイ、マミジロタヒバリ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、サンショウクイ(c)、ヒヨドリ、コルリ、イソヒヨドリ、トラツグミ(c)、ヤブサメ(c)、ウグイス、メボソムシクイ(c)、エゾムシクイ(c)、センダイムシクイ(c)、キビタキ(c)、オオルリ(c)、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロ、シマノジコ、ノジコ、アオジ、カワラヒワ、コイカル、スズメ、コムクドリ、カラムクドリ、ムクドリ、オウチュウ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計75種

| 野鳥 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬の鳥たち① -赤頭&紫-

そんなに引っ張らないつもりですが・・・

しばらく、GWの対馬で見られた鳥達を紹介していきます。

先日、アマサギを貼ったので・・・サギからいきます!


まずは、アカガシラサギ。

120513アカガシラサギ2
(Chinese pond Heron)

綺麗な夏羽。


冬羽のものしか見たことが無かったので、「赤頭」が見られてよかったです^^;

120513アカガシラサギ3


こちらは別個体。

120513アカガシラサギ1

まだあちこちに冬羽が残ってますね~


こちらは・・・ムラサキサギ。

120513ムラサキサギ
(Purple Heron)

まだ若い個体。

しかし、対馬で見ることになるとは(汗



最後は、全然逃げなかったアカガシラサギの図鑑写真を・・・

120513アカガシラサギ4


あと、夜に宿の窓で耳を澄ますと・・・・

初めて、ミゾゴイの声を聞くことが出来ました。


最近、声だけを聞くことが増えてきた気がします。

・・・レコーダー欲しいな。。。

| 野鳥 | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬の鳥たち② -オウチュウ-

今回の対馬で、見られることを期待していた鳥の1種、オウチュウ。

1羽で十分だったのですが・・・

オウチュウ1
(Black Drongo)

なんと3羽同時に見られました!


こういう写真に限って、大抵はピン甘なんですよね。。。

オウチュウ2

しかもブレてるし・・・


緑色の金属光沢、紅い虹彩。

オウチュウ3

こういう鳥は晴天の日に見るに限ります!


そしてこの日、さらに別の場所でも1羽見たので、合計4羽。

どうやら、今年はオウチュウの当たり年だったようです^^;

| 野鳥 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬の鳥たち③ -キガシラセキレイ-

対馬での鳥見3日目のこと。

ヤマショウビンを目的で佐護へ向かいました・・・が、到着した途端に、現地で知り合った方からメールが!

その情報がこの鳥でした。

120516キガシラセキレイ1
(Citrine Wagtail)

キガシラセキレイです!


しかし黄色い頭ですこと@@;

120516キガシラセキレイ2

近くにツメナガセキレイも数十羽いましたが・・・

飛ぶと、頭部の黄色だけでなく、羽の薄いグレーも目立つので、すぐに分かりました^^;


草陰に入っても・・・

120516キガシラセキレイ3

この頭を隠さないと、すぐに見つかってしまいます(汗


今回の対馬で、一番印象的だった鳥かもしれません。

120516キガシラセキレイ4

黄色い頭部にクリッとした真っ黒の目。

可愛くて綺麗なキガシラセキレイ、またお目にかかりたいものです。

| 野鳥 | 20:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬の鳥たち④ -Pipits & Buntings-

対馬の鳥の続き。

キガシラセキレイを紹介したので・・・まずは近いところでPipitから。


マミジロタヒバリ。

120518マミジロタヒバリ
(Richard's Pipit)

逆光で苦しい写真ですが・・・

島では、3羽ほど見かけました。


こちらは、車の真横にいたムネアカタヒバリ。

120518ムネアカタヒバリ
(Red-throated Pipit)

近かったので、図鑑写真です^^;

贅沢ですが・・・もう少し綺麗な夏羽も見てみたいです。。


お次はBunting。

今回、たくさん見られたキマユホオジロ。

120518キマユホオジロ
(Yellow-browed Bunting)

春の離島では、定番の1種ですね!

対馬では、たくさん見られました^^;


こちらは、GWの対馬では定番でしょうか?!

120518シマノジコ2
(Chestnut Bunting)

赤と黄色のコントラストが美しい、雄のシマノジコ!

今回、対馬を訪れて必ず見たいと思っていた1種です。


しかし、やや距離があって残念・・・

120518シマノジコ1

にしても、鮮やかな鳥です。



あまり写真を撮りませんでしたが、対馬で面白かったのは・・・

他の離島では、多くの場合はアオジが多くて、ノジコは少なめ。

でも、この時期の対馬ではそれが逆転していて、ノジコが多くてアオジが少なかったです。。

ちょうど、渡りのルート上に対馬が位置しているのでしょうか・・・不思議です。

| 野鳥 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対馬の鳥たち⑤

今日は、残った写真をいくつか・・・

初日、朝から見られたカラムクドリ。

120519カラムクドリ
(White-shouldered Starling)

やや遠い&電柱LOVEな子で困りました。。

しかし、英名のとおり真っ白な白斑が目立ちます!


警戒心のないコイカル。

120519コイカル2
(Yellow-bellied Grosbeak)

食事中、木の真下にいても逃げる様子がありません。


水も飲みに来ていました。

120519コイカル1


渡り途中のハチクマ。

120519ハチクマ2
(Oriental Honey Buzzard)

最近、ハチクマに無性に興味が湧いてきました。。

もう少し、観察機会が多いと良いのですが・・・



対馬の最後は・・・十数年ぶりに見たブッポウソウ。

120519ブッポウソウ
(Dollarbird)

この色合い、なんとも言えません。

美しい鳥です。


しかし、対馬の旅は本当に楽しかったです。

また、いつか訪れたい島です。

| 野鳥 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5/12-13 舳倉島

5/12~13は、今季3度目の舳倉島。

ちょうど渡りのピークに当たったのか、非常に楽しい鳥見になりました!


120519アカエリヒレアシシギ
(Red-necked Phalarope)

早朝、舳倉沖を数十~数百の群れで次々と渡っていくアカエリヒレアシシギの群れ。

朝日を浴びて、とても綺麗でした。


さて、今日はFNを。

種数はさほどでもありませんでしたが、豪華なFNになりました!

FN(2012.5.12-13 舳倉島)
ウミウ、ヒメウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、オシドリ、カルガモ、コガモ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、チゴハヤブサ、アカエリヒレアシシギ、セグロカモメ、ウミネコ、カラスバト、キジバト、チャバラアカゲラ、ツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、マミジロタヒバリ、ビンズイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、シマゴマ(c)、コルリ、ノビタキ、マミジロ(c)、マミチャジナイ、ツグミ、ウグイス、チフチャフ、ムジセッカ、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、マミジロキビタキ、キビタキ、ムギマキ、オジロビタキ、オオルリ、エゾビタキ、コサメビタキ、メジロ、ホオジロ、シロハラホオジロ、ホオアカ、コホオアカ、カシラダカ、シマアオジ、シマノジコ、ノジコ、アオジ、シベリアジュリン、アトリ、カワラヒワ、イカル、コムクドリ、ムクドリ、ハシブトガラス 計63種

| 野鳥 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5/19-20 舳倉島

昨日、12-13日のFNを載せたところですが・・・

写真を分けて掲載するのが面倒なので、とりあえず先週末のFNもアップします^^;

しかし、さすがに12-13日と比べると鳥が少なく、そして暑かったです・・・・。。


120522ヘグラマイマイ
(ヘグラマイマイ)

島で、動物では唯一の固有種(固有亜種ですが)、ヘグラマイマイ。

たとえ鳥見目的でも、踏みつぶさないように気をつけましょう・・・

今回は1匹、無残な姿になっているのを目撃してしまいました。。

とりあえず、歩道にでてきたこの子は、道脇の草むらへ避難させました(笑


FN (2012.5.19-20 舳倉島(航路含む))
オオミズナギドリ、ウミウ、ヒメウ、アマサギ、チュウサギ、アオサギ、ミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、ハイタカ、ハヤブサ、キアシシギ、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、カラスバト、キジバト、アオバト、カッコウ(c)、ツツドリ、アマツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ツメナガセキレイ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、チゴモズ、モズ、アカモズ、シマゴマ(c)、ノゴマ、コルリ、マミジロ、ツグミ、ウグイス、マキノセンニュウ、コヨシキリ、オオヨシキリ、チフチャフ、ムジセッカ、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリ、サメビタキ、コサメビタキ、メジロ、シロハラホオジロ、ホオアカ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、イカル、シベリアムクドリ、ギンムクドリ、コムクドリ、ムクドリ、ハシブトガラス 計62種

| 動物 | 21:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島① -Rufous-bellied Woodpecker-

5/12。

この日、海は波が高く、舳倉航路は出航しないと思いつつも・・・

朝、念のため電話してみると。

「通常でーす」

と、窓口のお姉ちゃんから軽い返事。。

「通常?!ってことは、今日船でるの?!」

と思わず2度聞きしてしまいました^^;

島にド珍鳥が滞在中だと知っていただけに、テンションが上がります。


当然、波が高いと知っていたので、船は船底で大人しく寝てました。。

何度か体が浮きそうになる様な波でしたが・・・(汗


島に着いて、待つこと約3時間。

登場してくれました!

120524チャバラアカゲラ1 
(Rufous-bellied Woodpecker)

チャバラアカゲラです。

国内での観察記録は今回が2例目?3例目でしょうか??


どちらにせよ、国内では二度と会えないかもしれないような珍鳥。

120524チャバラアカゲラ2

しかし、モグラ叩きのようにあちこちで出没するのですが、何にせよ愛想が悪く、撮影難易度が高い!!

それでも、何度かチャンスがあったので、無事に証拠写真を収められました。


こんな決定的瞬間も(笑

120524チャバラアカゲラ4

しかし、尾羽が燕尾になっているのには、この写真で気付きました。。

燕尾の羽の形が、まるでハサミムシ・・・。。



最後はちょっと出来が悪いですが、一応図鑑写真で。

120524チャバラアカゲラ3


チャバラアカゲラ、こんな鳥に会えるとは・・・本当に幸運でした。

| 野鳥 | 19:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島② -Warblers-

今日はムシクイを。

と言っても、まともに写真撮ったのは2種だけ・・・^^;


まずはセンダイムシクイ・・・だと思うのですが。

120526センダイムシクイ1
(Eastern Crowned Warbler)

頭部の色や体型はエゾムシクイに見えますが・・・うっすらと見える頭央線からすると、やはりセンダイなのでしょうね。

水浴びした後なのか、ちょっとボサボサして見えます。

しかしカワイイ。



お尻もいただきました(笑

120526センダイムシクイ2



もう1種は・・・

120526チフチャフ1
(Chiffchaff)

チフチャフです。

ぐぜっていましたが、決して「チフチャフ」とは鳴かず、「チョピチョピチョピチョピ・・・・」と弱く鳴いていました。

「ヒー」と弱くなく地鳴きもバッチリ。


飛びモノも偶然^^;

120526チフチャフ2



アンテナ。。

120526チフチャフ3

餌取りに夢中で、目立つところもお構いなしに出てきてくれました。。


草陰から顔だけ。

120526チフチャフ4


図鑑写真。

120526チフチャフ5

真っ黒な脚、グレーで無地の背中。

今後、チフチャフは間違えずに済みそうです!


今回は鳴き声を含め、ムシクイ類は色々勉強になりました。


ついに先日、レコーダーを購入したのですが・・・できることなら、チフチャフの地鳴きやぐぜりも録りたかった。。

| 野鳥 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島③ -Japanese Wood Pigeon-

舳倉島で、よく声は聞くものの飛び去る時以外になかなか姿を見られない鳥。

カラスバト。

120527カラスバト
(Japanese Wood Pigeon)

今回は、運良くその全身を見ることができました。


空抜けじゃなければ良かったのですが・・・

120527カラスバト2

仕方ないので、シルエット写真。


カラスバト、不思議な雰囲気が魅力的な鳥です。。

しかし、どうして日本近海の島嶼にしか生息しないのでしょうか・・・。。

| 野鳥 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島④ -Flycatchers-

今日は、ヒタキ類。

まずは・・・ムギマキから。


成鳥♂もいたのですが・・・

ムギマキ2
(Mugimaki Flycatcher)

眉斑は不明瞭ですが、この子は雄若でしょうか。


お次も・・・若い雄(しかも顔だけ)

ムギマキ1

・・・それでもカワイイですね。。


コサメビタキ。

コサメビタキ1
(Asian brown Flycatcher)

最近、こういう写真が好きです。。


サメビタキ。

サメビタキ1
(Dark-sided Flycatcher)

エゾビタキと誤認されることがある本種ですが、胸の模様はエゾビタキの様にはっきりとは出ません。


今年も見られた、マミジロキビタキ。

マミジロキビタキ1
(Yellow-rumped Flycatcher)

第1回夏羽のようで、まだ頭部や翼には茶色い羽が混じります。


首を傾げ気味・・・

マミジロキビタキ2


昨年に引き続き、正面顔も(笑

マミジロキビタキ3


今日も最後は図鑑写真で。

マミジロキビタキ4


マミジロキビタキ、やっぱり美しい鳥です。

| 野鳥 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島⑤ -Daurian Starling-

対馬でのカラムクドリに続き、舳倉ではこの鳥も見ることができました。

シベリアムクドリ3
(Daurian Starling)

シベリアムクドリ。

雄成鳥です。


後頭部の黒斑も撮らせて頂きました・・・^^;

シベリアムクドリ2


ムクドリ、ギンムクドリと3種セットで。

シベリアムクドリ4

うーん、もう少し寄ってくれないと辛いですね^^;



図鑑写真。

シベリアムクドリ1


美しい雄のシベリアムクドリ、じっくり観察出来ました!

次は雌も見てみたいところです^^;


国内で観察記録のあるムクドリで、まだ見ぬ種は・・・・Rosy Starling。

・・・難敵です。。

| 野鳥 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の舳倉島⑥ -Buntings-

5月の舳倉シリーズも今日で6回目・・・いいかげん、次回で終わらせます。。


今日はホオジロ類を。

と言っても、あまり写真を撮らなかったので2種だけ^^;

120531シマノジコ1
(Chestnut Bunting)

まずはシマノジコ。

この前の週に、わざわざ対馬まで行って見ていたのですが・・・(汗


そのせいか、近くで見られてもなんだか感動が半減。

120531シマノジコ2

にしても、美しい雄成鳥です。


お次はシロハラホオジロ。

春の舳倉では普通種と言っていいほど、定番の1種ですね^^;

120531シロハラホオジロ1
(Tristram's Bunting)


この子は雄ですが、まだ換羽が終わっていない様子。

120531シロハラホオジロ2


こちらは雌。

120531シロハラホオジロ3

今回撮った写真だと、雌の方が優しい顔つきに見えます。

シベリアジュリンは一応、証拠を撮ったのですが・・・見るに堪えない写真だったので割愛します^^;;

| 野鳥 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月