「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

谷川岳

カメラの滑落はあったものの・・・

谷川岳は良い山でした!


谷川岳s
(トマの耳から谷川岳山頂、横2枚パノラマ合成)


到着した時は、山頂付近はガスガス。

谷川岳5
(山頂から見たトマの耳)

ちょっと晴れた!と思ってもこの程度。


しかし、少しずつ雲が減り・・・

谷川岳3s
(山頂から尾瀬方向、横3枚パノラマ合成)

至仏山、燧ヶ岳もバッチリ見えてます。


気持ちのいい稜線散歩。

谷川岳4

稜線上を奥に向かって歩いているのは、一緒に登ってくれたメンバーです^^;

私はいつも通り、花を撮影しているうちに置いてけぼり(笑


雲が少しかかっていても・・・それもまた良い感じ。

谷川岳2s
(横2枚パノラマ合成)

花は、思っていたよりも少なかったんですけどね^^;

早朝出発で登った甲斐がありました!

| 風景 | 23:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷川岳の花たち① -ナエバキスミレ-

今回の谷川岳で、見ておきたかった花のひとつ、ナエバキスミレ。

ナエバキスミレ1


とは言え、「オオバキスミレとどう違うの?」と聞かれると・・・

ナエバキスミレ2

私には、「葉が厚めで、赤っぽいんだよねー」と、その程度にしか説明できないのですが^^;


時期が遅いのではないかと心配でしたが、場所によっては新鮮な花も見られました。

ナエバキスミレ3

これなんかは、典型的なナエバキスミレですね!


しかし、オオバキスミレと迷う株も多々。

ナエバキスミレ4


スミレ類の判別、やっぱり苦手です・・・。。。

それでも少しずつ、それぞれの雰囲気が分かるようになってきた気がします!

まだ見ぬ種も多いので、やはり経験あるのみでしょうか。

| 植物 | 01:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷川岳の花たち② -ホソバヒナウスユキソウ-

色々と忙しくて、更新停滞気味ですみません・・・

いつものことながら、遅れながらも更新していきます^^;

まだ谷川岳の続き。


狙いの花のひとつ、ホソバヒナウスユキソウ。

120710ホソバヒナウスユキソウ1

まだ時期には少し早かったようですが、それでもこんな姿を見ることができました。


昨年の至仏山で見て、谷川岳でも是非見てみたいと思っていた植物のひとつ。

120710ホソバヒナウスユキソウ2

至仏ほどではありませんが、それでもいくつかの株を見られました。


花をアップで・・・

120710ホソバヒナウスユキソウ3


朝露を受けて、なんだか生き生きとしています。

120710ホソバヒナウスユキソウ4


至仏での様子はこんな感じ

それはそれは見事な光景でした・・・


しかし、人にとっては近いようでも、植物にとっては遠い、谷川岳と至仏山。

植物の分布って謎だらけです。。

| 植物 | 22:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

退院!

谷川岳の山頂から滑落した7Dとレンズ。

入院から2週間、無事に退院し、昨日手元に帰ってきました。

120711退院



交換した部品は・・・

・マウント(歪んでたらしい):2,000円
・COVER ASS'Y, TO(おそらくストロボ接続部分):8,630円
・カバー(後):4,750円
・液晶モニターユニット:8,235円

これに技術料9,000円、送料900円を加えて、税込み35,190円。

一緒に滑落したレンズ(24-105mm F/4L)は、特に動作に異常がなく、ピント調整(1,050円)のみ。

あれだけ滑落して、コレだけで済んだと思えば・・・助かりました。


滑落した7Dの復帰戦は、今週末の登山。

いきなり、私がこれまで登ったことのない標高の山の予定です(汗

・・・無事に持って帰れるように、気をつけます。。

| 雑事 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷川岳の花たち③

谷川岳の花の続きです。

あと2回くらいかな・・・


登山道を彩るのは、アカモノや・・・

アカモノ1


たくさん見られた、イワカガミ。

イワカガミ1


稜線上では、ヒメイワカガミも花を咲かせていました。

ヒメイワカガミ1


イワカガミと比べると、花の数が少なく、葉の鋸歯もゆるい感じ。

ヒメイワカガミ2


こちらはツガザクラ。

ツガザクラ1

ちょっと遅かったのか、花がしわっとしてましたが・・・・(汗


それでもかわいい花を見せてくれました。

ツガザクラ2


| 植物 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷川岳の花たち④

谷川岳登山行の紹介も、ようやく今日でおしまい。

何枚か、ペタペタいきます。。


キバナノコマノツメ。

120713ジョウエツキバナノコマノツメ1

この山に咲いているものは、変種のジョウエツキバナノコマノツメらしいのですが・・・


稜線上では、ハクサンコザクラもちらほら。

120713ハクサンコザクラ

プリムラの花、やっぱり魅力的です。


1株見つけた、ハクサンチドリ。

もっとたくさんあっても良さそうだけど・・・

120713ハクサンチドリ


ミヤマオダマキも、この場所で2株見ただけ。

時期が遅くて花がちょっと傷んでいます。

120713ミヤマオダマキ

場所が場所なだけに、これ以上の写真は無理・・・。。


おなじみのマイヅルソウに・・・

120713マイヅルソウ


ミツバオウレン。

120713ミツバオウレン


今年の夏山登山第1号の谷川岳。

天候にも恵まれ、良い山でした♪

もう少し、家から近ければ良いのになー

| 植物 | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハラビロハンミョウ

6/30。


県内の海岸で、こんな虫に会いました。

ハラビロハンミョウ3

ハラビロハンミョウ。

しかし、警戒心が強くて、私の60mmマクロでは歯が立ちません。。

ということで、仕方なく100-400mmのレンズで挑戦・・・


ハラビロハンミョウ1

・・・やっぱり無理でした(泣

やっぱり、小さな虫にはもう少し長いマクロレンズが必要なようです。


交尾中の個体の写真ばかりなのは、交尾中の方が動きが遅いから。

ハラビロハンミョウ2


うーん、長いマクロレンズが欲しい~~!!

せめて90mmくらいのが欲しい!


最近こんな感じで、金欠なのに物欲祭り開催中です。。

| 動物 | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水辺の鳥たち

6/30は、久々に県内で鳥見しました^^;


まずは海岸・・・

120716シロチドリ
(Kentish Plover)

シロチドリ。

微妙に浮いてます(笑


こちらは、巣立ち雛。

120716シロチダッシュ

もうすっかり大きくなってますね。


内陸では・・・遠かったクロツラヘラサギ。

120716クロツラヘラサギ
(Black-faced Spoonbill)

7Dと一緒に500mmも入院させていたので、100-400mmではトリミングしてもこれが限界でした・・・


ササゴイには、木の隙間から覗かれ・・・

120716ササゴイ
(Striated Heron)


ササゴイに気を取られていると、目の前をチュウヒが通過。

120716チュウヒ
(Eastern Marsh Harrier)

繁殖個体でしょうか。


夕方、最後に見たのはクロハラアジサシ。

120716クロハラアジサシ
(Whiskered Tern)

フレームアウト寸前(汗


そして、これからしばらくは、また登山のための遠征が続きそうです。。

| 野鳥 | 21:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駒の花たち①

7/7。

昨年の夏に引き続き、私は・・・ 秋田駒ヶ岳にいました(汗

車で移動すること、約800km。。

能登から東北、遠いです。。

それでも行ってしまうくらい良い場所なんですが・・・


天候は昨年と同様に濃霧。

しかし、今回は「強風」のおまけ付き。。


・・・花の写真もゆっくり撮ってられませんでした;


とはいえ、そこそこの枚数は撮影したので、放出していきます!


今日は赤~紫系の花から。


ウラジロヨウラク。

120724ウラジロヨウラク

咲いた花の形も、蕾のグラデーションも良い感じ。


色濃く花を咲かせているのは・・・

120724エゾツツジ1

エゾツツジ。


ガスの中、密生した毛には水滴。

120724エゾツツジ2


去年は見つけられなかった、チシマゼキショウもあちこちで。

120724チシマゼキショウ

小さな花ですが・・・礼文島で見て以来、好きな花のひとつ。


ふんわりと薄いピンクの花を咲かせたハクサンシャクナゲ。

120724ハクサンシャクナゲ1


やたら花付きの良いハクサンチドリ。

120724ハクサンチドリ1


少し時期が遅かったようですが、ムシトリスミレもあちこちで咲いていました。

120724ムシトリスミレ1


コミヤマハンショウヅルも良い時期らしく、たくさん見られました。

120724ミヤマハンショウヅル1

この写真では、ミヤマハンショウヅルとの違いは分かりませんが・・・

コミヤマは1回3出複葉、ミヤマは2回3出複葉。

それ以外に、明確な違いはないようです。。



マルバシモツケ。

120724マルバシモツケ

丸っこい花がカワイイ。。



しかし、1週間ほど更新をサボっていたせいで、在庫が・・・(汗

その間にも遠征を続けているので、ちょっとまずい感じ。。

しばらくは写真を多めに貼っていきます。

| 植物 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駒の花たち②

今回の秋田駒での一番の目的は・・・・

タカネスミレの大きな群落を見ることでした。


結果は・・・

120725タカネスミレ5

惨敗っ!!!(泣

みんな花を落として、既に実になっていらっしゃしました。。

去年の6月末には、まだほとんど咲いていなかったのに・・・。。

今年は開花が早かったようですね。。


それでも、ほんのいくつか、花を付けた株があったので・・・今日は黄色い花です^^;


120725タカネスミレ1

元気がありません・・・。。


だいぶ傷んできてます。

120725タカネスミレ2


咲いていた中では、この花が一番綺麗だったでしょうか。

120725タカネスミレ3


横姿も。

120725タカネスミレ4


タカネスミレが遅いとなると、オオバキスミレも当然・・・

120725オオバキスミレ

ガスも手伝って、残念な感じ。


この株はまだ比較的綺麗な花を咲かせていました。

120725オオバキスミレ2


今回、綺麗だった黄色い花は

120725ミヤマダイコンソウ

ミヤマダイコンソウ。

昨年は1株しか咲いているのを見なかった気がするのですが、今年は多くの花が咲いていました!

天気が良ければ風景写真にもなったのですが・・・ガスで真っ白だったので、今回は割愛します^^;

| 植物 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田駒の花たち③

遠征ネタが溜まっているので・・・駆け足でいきます!!

今日で秋田駒はおしまい!

白い花たちです。


昨年はあんなに咲いていたヒナザクラですが・・・

今年は完全に時期が遅く、ほんのいくつかの花を見ただけ。

120726ヒナザクラ

この株も、もう花が1つだけです^^;


登山道の足元に咲く、どこか力強い感じのするノウゴウイチゴの花。

120726ノウゴウイチゴ1



こちらは、初めて見たオノエラン。

120726オノエラン1

真っ白な花弁に黄色く「W」の模様。


ガスの中、しっとりと新鮮な花を咲かせて居ました。

120726オノエラン2


今回の秋田駒行きで、一番満足できたのは、オノエランでした^^;

120726オノエラン3


もう一つ、初めて見た花・・・

120726ミヤマウスユキソウ1

ミヤマウスユキソウ。


しかし、遠いやら強風やらで、まともに写真を撮らせてくれません・・・(泣

120726ミヤマウスユキソウ2

400mmで望遠激写。


こっちも望遠。

120726ミヤマウスユキソウ3


最近、ウスユキソウの仲間を見ると嬉しくなります。

120726ミヤマウスユキソウ4


国内で見られるウスユキソウ属の花のうち、まだ見ぬのは・・・ヒメウスユキソウだけでしょうか。

変種や品種を入れると、ハッポウウスユキソウやコバノウスユキソウ等々、まだ見ぬものは多いのですが^^;

近い将来、ヒメウスユキソウは見に行きたいです!

≫ Read More

| 植物 | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早池峰薄雪草

昨年と全く同じ様な行程ですが・・・

秋田駒に登った翌日は、早池峰山へ。

昨年は6月と8月に登ったのですが、早池峰で最も有名なあの花の最盛期にも登ってみたい!と、

強く思っていたので・・・^^;


しかし!

事件は起きました。。

3合目まで登って、そろそろ花が増えてきたからマクロレンズに換えようと思った時。


「・・・・・ない。。」


カバンの中にマクロレンズがありません(滝汗

どうやら車の中に忘れた模様。。

既に登り初めて30分以上。

しかも車まで戻るには、更にシャトルバスで往復1時間以上・・・。

もう、どう考えても戻るのは無理。


マクロレンズは諦めて、標準レンズ+100-400mmの2本で登ることに。。

しかし、谷川岳での滑落といい・・・ここのところ、カメラ関係では何だか不運続きです。

しかも忘れた時に限って、花の時期にバッチリ合っていて、撮りたい株がたくさんあるという・・・(半泣


今日はそんな美しい花々をご覧下さい^^;


120729ハヤチネウスユキソウ2


花畑の中に・・・

120729ハヤチネウスユキソウ3

まだ咲きたての株ですね!



トリミングしてますが、100-400でも一応、これくらいは寄れます。

アブ



途中からガスってきたので、望遠で撮るとこんな写真に・・・。。

120729ハヤチネウスユキソウ5


120729ハヤチネウスユキソウ6



写真では分かりにくいですが、他のウスユキソウ属のよりもひと回り大きい感じがします。

120729ハヤチネウスユキソウ7


120729ハヤチネウスユキソウ8


株数は多く、どこにでも咲いている感じ。

120729ハヤチネウスユキソウ9


これだけ咲いていると、歩いていて楽しくなります。

120729ハヤチネウスユキソウ4

奧の方にもやっと白く見えるのは全て、ハヤチネウスユキソウです^^;



しかし、綺麗なお花畑でした!

120729ハヤチネウスユキソウ1




今回の写真は、ほとんどが100-400mmでの写真。

普段撮らないような構図で撮るので、面白味もあるのですが・・・

やっぱり、何かが足りない。。

また来年以降のリベンジが必要なようです^^;

次回は絶対にマクロレンズを忘れないようにしないと・・・(汗

| 植物 | 20:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早池峰の花々

ちょっとネタが貯まりすぎなので・・・

本来なら5回くらいかけてゆっくり紹介したい早池峰の花たちですが、駆け足で紹介してしまいます。。


昨年は6月と8月に登ったのですが、7月に登るのは今回が初めて。

前回紹介した、ハヤチネウスユキソウの群落が何より見事だったのですが、今日はそれ以外の花々を。


トップバッターはカトウハコベ。

120730カトウハコベ1

時期的な問題なのか、昨年(8月)は数株しか見つけられなかったのですが、今回は多くの株を見られました。


カトウハコベに似た花、ホソバツメクサ。

120730ホソバツメクサ

こちらは逆に、昨年の8月の時の方がたくさん見られた気が・・・


最盛期を過ぎても、なお鮮やかな花を見せてくれたミヤマシオガマ。

120730ミヤマシオガマ1


山頂付近では、ミヤマアズマギクの花も残っていました。

120730ミヤマアズマギク1


少し時期が遅いと思っていたナンブイヌナズナも、9合目付近で。

120730ナンブイヌナズナ1


昨年は見つけられなかった、チシマゼキショウ。

120730チシマゼキショウ


本州では早池峰でのみ生息が確認されている、チシマフウロ。

120730チシマフウロ


逆に、まだ時期が早くて見られないだろうと思っていたナンブトラノオ。

120730ナンブトラノオ



ヤマブキショウマは満開!

120730ヤマブキショウマ


ミヤマオダマキも満開でした!

120730ミヤマオダマキ1

≫ Read More

| 植物 | 21:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月