「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

130101ギンザンマシコ
(Pine Grosbeak)

まだ道東に滞在中です。

3日の夕方に千歳を発つので、あと2日。

目一杯、北海道を楽しんで帰ろうと思います。


更新が遅れたり気まぐれだったりしますが・・・(汗

今年も「 空 」をどうぞよろしくお願いいたします。

| 野鳥 | 22:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

栗駒山の紅葉

年始早々、昨年の秋の記事で申し訳ないのですが・・・(汗

10/8、私は栗駒山に登っていました。

快晴の空の下、極上の紅葉狩り。

栗駒の紅葉は素晴らしいと聞いていましたが、これほどとは・・・

ということで、ぺたぺた貼っておきます^^;


登りは東栗駒コースから。

登山道からの風景。

上を見ても・・・

栗駒山4


横を見ても・・・

栗駒山頂9


下を見ても、美しい紅葉が広がります。

栗駒山2


東栗駒山から望む栗駒山。

栗駒山3


栗駒山へ向かう登山道から、東栗駒山方面。

栗駒山1


栗駒山山頂から見えるパノラマ・・・

栗駒山頂5

左の綺麗な形の山が鳥海山、右のゴツゴツした山が焼岳。


紅葉と鳥海山と・・・月。

栗駒山頂7


遠く焼岳の山頂も、真っ赤に紅葉してます。

栗駒山頂8


栗駒山山頂と、美しく紅葉した尾根。

栗駒山頂6


ここからは下山中の写真。

美しい紅葉の絨毯。

栗駒山12


そんな絨毯の中にある登山道。

栗駒山11


美しさのあまりに、お腹いっぱいになりました・・・

栗駒山10


振り返れば、美しい栗駒山の姿が。

栗駒山14


紅葉の風景って、どうしてこんなに美しいのでしょうね。

自然が作り出す景色は本当に不思議です。


と、新年早々、季節ハズレの記事で失礼しました・・・^^;

| 風景 | 12:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオマシコとギンザンマシコ

11/4。

この日は日帰りで舳倉島に行ってました。


複数入っていたオオマシコ。

130106オオマシコ2
(Pallas's Rosefinch)

こちらは♂成鳥。


実は綺麗な♂成鳥を見たのは初めてだったり・・・

130106オオマシコ1


こちらは♂若でしょうか?

130106オオマシコ3


これまた別個体。

130106オオマシコ4

上の子より赤味が強いですね。


この時の舳倉で見られたもう1種のマシコ・・・

ギンザンマシコ!

130106コバシギンザンマシコ1
(Pine Grosbeak)


しかし、どうも北海道で見ていたギンザンマシコと様子が違います。

130106コバシギンザンマシコ4

嘴は小さいし、体色も全体的に薄い印象。


正面顔もいただきました(笑)

130106コバシギンザンマシコ3


もう1枚!

130106コバシギンザンマシコ5


図鑑写真を・・・

130106コバシギンザンマシコ2

調べてみると、亜種コバシギンザンマシコ(kamtschatkensis)で良いようですね。


亜種の比較のために、11/14の舳倉で見られたコバシギンザンマシコと思われる個体(右)と、12/30に野付半島で

見られた亜種ギンザンマシコと思われる個体(左)の比較写真を貼っておきます。

130106ギンザンマシコ

光の条件等が違うので、この写真だけで一概に色や大きさがどうとはいえませんが・・・

参考まで。

| 野鳥 | 12:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シベリアジュリンとヤマヒバリ

11/14の舳倉島の続き。

島について間もなく、この鳥を見つけました。

130107シベリアジュリン2
(Pallas's Reed Bunting)

シベリアジュリン。


尾羽・・・(汗

130107シベリアジュリン3


特徴の直線的な上嘴が分かりやすいですね。

130107シベリアジュリン1




この時の舳倉島で、ライファーだったのは・・・

130107ヤマヒバリ1
(Siberian Accentor)

ヤマヒバリ!


なかなか藪から出てこず、島内で動けるのは4時間という制約がある中、撮影は苦労しました・・・

130107ヤマヒバリ2

それでも、何とか証拠を押さえられて良かったです^^;


最後は久々にHDR合成した写真を。

130107ヤマヒバリ4

今年も出会うことができたら、もう少しじっくり観察したい鳥です。

| 野鳥 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マガン

11月中旬、ガンたちを求めて宮城の蕪栗沼と伊豆沼を訪れました。

圧倒的な塒立ちはもちろんのこと、それ以外にもガンたちの姿をゆっくり観察出来て良かったです。

ということで、今日はその時の写真を・・・


日中は畑地にいます。

130108マガン1
(Greater white-fronted Goose)

130108マガン3


こちらの群れはお昼寝モード・・・

130108マガン睡眠4


一羽だけのび~

130108マガン睡眠2


しかし、近くの農道を別の車が近づいてくると・・・

130108マガン警戒

一斉に首を持ち上げて警戒します。


そして・・・

130108マガン郡飛2

我慢しきれなくなった子から飛び立ちます。。


こちらでは、農道通行止め・・・(汗

130108農道閉鎖


塒立ちの光景。

130108マガン郡飛


ですが、この日は非常に風が強くて・・・

すぐに近くの畑地に降りてしましました。。

130108マガン大群

おかげで、降りたところには畑地を埋め尽くさんばかりのマガン・・・(汗


何かに驚いて飛び立っても、すぐに同じ場所に降りてきます。

130108マガン郡飛5


同じ様なことが、日中の畑地でも・・・

130108マガン大群2

数千羽のマガンが一箇所に集まっています。。


何かに驚いたのか、一斉に飛び立つと・・・

130108マガン郡飛3

カオスです(笑


この時は、こちらに向かって飛んできました・・・

130108マガン郡飛4


しばらく飛び回った後、また同じ様なところに着地。。

130108マガン着地


最後は定番の、朝の塒立ちの光景。

130108マガン塒立ち

朝焼けをバックに一斉に飛び立つ光景は、何度見ても圧巻です。


ガンたちに、また会いに行きたいです。

| 野鳥 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カリガネなど

ガンが飛来するシーズンの度に思っていたこと。

「今季こそは、マガンの大群の中から自力でカリガネを見つける!」

・・・今回、ようやくそれを達成できました。。


はじめに見つけたのはこの子。

130108カリガネ1
(Lesser White-fronted Goose)


マガンの群れから少し離れたところで、幼鳥と2羽で佇んでいました。

しかし、距離が遠かったにも関わらず、見つけてからしばらくで飛び去ってしまい、その後行方不明に(泣


こちらは、また別の日。

昨日載せた、数千羽のマガンの群れの中。

130108カリガネ3

見つけました!

遠目に見ても目立つ真っ白な額・・・(汗


近くで見れば、バッチリのアイリング。

130108カリガネ2

カワイイ顔してます。。


しばらく観察出来たのですが、上空にヘリコプターが現れると・・・

130108カリガネ4

しきりに警戒。


そして・・・

130108カリガネ5

数千羽のマガンと再度シャッフル(泣

その後は時間もなく、再発見できませんでした。。



シジュウカラガンも見かけたのですが、遠かったので写真は載せません(汗

代わりにこんな子を。

130108マガン×シジュウカラガン2
(Greater white-fronted Goose × Canada Goose)

マガンとシジュウカラガンの雑種だと思われる子。

初めて見ました。。


ガンずくめの宮城遠征。

強行日程でしたが・・・行って良かったです。

| 野鳥 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大洗-苫小牧航路

11月の3連休。

知人から「関東に行く用事があるんだけど、一緒に鳥見に行かない?」と誘われたものの

この時期の関東って微妙・・・(汗

ということで、

「どうせなら、航路で北海道まで行って、一日北海道で鳥見して帰ってきたらどうでしょう?」

と提案してみたところ・・・採択されてしまいました(笑


1日目は知人が東京で用事があるとのことなので、私は空港の近くでタカサゴモズを観察。

その夜に大洗港で合流して、いざ出航!



トウゾクカモメはたくさん。

130110トウゾク1
(Pomarine Skua)


別個体。

130110トウゾク2


ミツユビカモメを狙ってます・・・

130110トウゾク3


上手いこと奪い取るもんです^^;

130110トウゾク行動



コアホウドリはちらほら。

130110コアホウ1
(Laysan Albatross)

アホウドリは3羽見れたのですが、どれもひどい写真なので省略・・・(汗


ミツユビカモメ。

130110ミツユビ1 
(Black-legged Kittiwake)


こちらは第1回冬羽。

130110ミツユビ2

ミツユビカモメはやっぱりカワイイ。。


久々の航路、楽しかったです!

| 野鳥 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熊啄木鳥

航路の翌日は、札幌近郊での探鳥でした。

知人のリクエストが「ヤマゲラが見たい!」だったので、私が北海道時代によく行っていた、お気に入りの公園へ。


しばらくはいつも通り、カラ類などの小鳥を観察して、なかなか出てこないヤマゲラにやきもきしていましたが・・・

ヤマゲラがようやく登場した時に、それはやって来ました。

対岸の森から聞こえてくるのは、聞き覚えのある、「キョーン キョーン」という遠くまでよく通るあの声。

そう、クマゲラです。


この公園には何度も行っていましたが、声を聞くのは2回目、それだけで運が良いと知人と話していたのですが・・・

「コロコロコロコロ・・・・」という声と共に、近づいて来るではありませんか!


信じられないことに、その鳥は私たちからほんの10mほどの距離にある木の根元にやって来ました。

クマゲラ7
(Black Woodpecker)

見間違えようのない、クマゲラです。


繁殖期以外は、探してもなかなか出会えない鳥。

クマゲラ4

それが、まさか向こうから目の前に飛んできてくれるなんて・・・

北海道に3年以上住んでいましたが、こんな経験はありませんでした。


少しずつ移動しては、目線より低い木の根元で採餌していました。

クマゲラ2


なので、愛想も良かった・・・

クマゲラ3


もう1羽声がすると思ったら・・・

クマゲラ8

雌まで・・・@@;

同じ木にとまってくれたのはほんの僅かな時間だけだったので、この1枚のみ。。


正面顔も^^;

クマゲラ5


図鑑写真(♂)。

クマゲラ1


図鑑写真(♀)。

クマゲラ6


2羽は30分ほど愛想良くしてくれました。

幸せなひとときでした・・・


こんな経験、もう二度とないのでしょうね^^;

クマゲラ、またどこかでバッタリ会いたいです。


っと、ヤマゲラは次回にでも(笑

| 野鳥 | 20:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマゲラなど

クマゲラのインパクトが大きすぎて、すっかり印象が薄れてしまった・・・

130118ヤマゲラ3
(Grey-headed Woodpecker)

ヤマゲラ。


本当はこの鳥を見たいというリクエストだったのですが、同時に出たのがクマゲラでは^^;

130118ヤマゲラ2

木のこぶから生えてます・・・


しかもなぜか、クマゲラを観察している間はヤマゲラも一緒に行動するようにして、同時に観察出来ました。

130118ヤマゲラ1


でもやっぱり、クマゲラの撮影を優先してしまい、ヤマゲラの写真はイマイチなものしか・・・(汗

130118ヤマゲラ4


そして、クマゲラがいなくなると、気付けばヤマゲラもいないという・・・

クマゲラを連れてきてくれたような、不思議なヤマゲラでした。

≫ Read More

| 野鳥 | 01:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハクガン

12/1。

職場の勉強会で新潟に行く機会があったので、そのついでに朝日池へ^^;

ハクガン1
(Snow Goose)

ハクガン。

この時はまだ1羽のみの飛来でした。

見つけられて良かった・・・


年々、飛来数が増えてきているハクガン。

今後も、その動向に注目です。

| 野鳥 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fieldfare

12/9。

この日、私は年賀状の作業や、その他年内期限の私事を済ませてしまうつもりでした・・・

年内で丸1日の時間を自由に使える日が、もうその日しか残っていなかったのです。


しかし・・・そんな時に限って、珍鳥はやってきます。。

130121ノハラツグミ5
(Fieldfare)

なんと、ノハラツグミ!!


しかも、私の実家からは車で10分圏内と近い場所・・・(汗

130121ノハラツグミ4

あんなところでこんな鳥が見つかるだなんて。。


正面顔も~^^

130121ノハラツグミ2


地面にも降りてくれました。

130121ノハラツグミ3

しかし、この日はあいにくの天候で、SSが上がらない上がらない・・・;

この写真もSSが1/80。

動く鳥だとギリギリ・・・


最後は図鑑写真で。

130121ノハラツグミ1


まさか、こんな身近な場所で出会えるとは思っていなかったノハラツグミ。

しかし、この子はほんの数日の滞在で飛び去ってしまったとのこと。

次に出会えるのはいつの日か・・・


そして・・・

この翌日から、平日の睡眠時間を削りながら年賀状等々の作業をしたのは、言うまでもありません(汗

| 野鳥 | 20:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/15 河北潟ほか

12/15。

この週末は金沢で用事があったので、河北潟近辺をぶらぶら。


海岸では、波打ち際で泳いでいたシノリガモ。

130123シノリガモ2
(Harlequin Duck)

波乗り中・・・。


海岸で1番驚いたのは・・・

130123マンボウ

砂浜にうち上げられたマンボウ!!!

携帯でしか撮らなかった自分に反省。。


水路でカワアイサ。

130123カワアイサ1
(Mergus Merganser)

羽繕い中。。


カワアイサを撮っていると、上空をふわふわと飛ぶ白い鳥。

130123クロハラアジサシ
(Whiskered Tern)

クロハラアジサシ!

飛来数が多い年でしたが、12月の中旬までいるとは・・・。


しかし、証拠写真しか撮れず(汗

130123クロハラアジサシ2


最後に・・・畑地の中に1羽だけ、ズグロカモメ。

130123ズグロカモメ
(Saunder's Gull)

どうして畑の中・・・と思うのですが、九州でも畑地でタゲリと一緒に採餌していたのを思い出しました。

案外、海岸でカニばかり食べてるわけではないようです^^;


打ち上げられたマンボウに、季節はずれのクロハラアジサシ、畑のズグロカモメ。

思わぬ出会いが多く、楽しい日でした^^;

| 野鳥 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の長野

12/22~24。

ちょっと用事があって、長野に行っていました。


マヒワの群れに遭遇。

130125マヒワ
(Eurasian Siskin)

今季はやっぱり飛来数が多いですね。

色んなところで見かけます。


八ヶ岳をバックに・・・ハヤブサ。

130125ハヤブサ
(Peregrine Falcon)

とまっているのが電柱でなければ。。。


運良く見られたハギマシコ。

130125ハギマシコ
(Rosy Finch)

20羽ほどの群れで、雪から地面が見えているところを探して採餌してました。


早朝のフクロウ。

130125フクロウ
(Ural Owl)

黄昏れてます・・・


今回は、景色も綺麗でした。


八ヶ岳連峰。

130125八ヶ岳連峰


カラマツ。

130125霧氷2


霧氷のカラマツ林。

130125霧氷


雪と氷が作り出す景色。

いつ見ても美しいです。

| 野鳥 | 20:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年末年始の道東

年末年始は昨シーズン等同様、やっぱり道東で過ごしました^^;

北海道の友人だけでなく、関東や沖縄まで、知人が集結!

実に楽しい旅でした。

130126トドの群れ
(トドの群れ)

現地でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました!

今日はとりあえずFNだけでも^^;

(FN 2012.12.28~2013.1.3 新潟~苫小牧~霧多布~根室~オホーツク~根室~苫小牧・勇払・鵡川)
アビ、オオハム、シロエリオオハム、ハジロカイツブリ、アカエリカイツブリ、コアホウドリ、ハイイロウミツバメ、ウミウ、ヒメウ、チシマウガラス、ダイサギ、オオハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、コスズガモ、クロガモ、ビロードキンクロ、シノリガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、ヒメハジロ、ウミアイサ、カワアイサ、トビ、オジロワシ、オオワシ、オオタカ、ケアシノスリ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、ハヤブサ、オオバン、チシマシギ、ハマシギ、トウゾクカモメ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、ウミネコ、ミツユビカモメ、ウミガラス、ハシブトウミガラス、ウミバト、ケイマフリ、ウミスズメ、エトロフウミスズメ、コウミスズメ、ウトウ、シマフクロウ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、カワガラス、ミソサザイ、ジョウビタキ、ツグミ、エナガ、ハシブトガラ、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、キバシリ、シラガホオジロ、ツメナガホオジロ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ハギマシコ、ギンザンマシコ、ウソ、シメ、スズメ、カケス、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス 計90種

| 動物 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/28 新潟-苫小牧航路

12/27は地元の知人の車に乗せていただき、新潟港へ。

新潟-苫小牧航路に乗るのは初めて。


ほとんどまともな写真が撮れなかったので、ブログに載せるかも迷ったのですが・・・一応記録に載せます^^;


日本海側では、ウミスズメ、ウトウ、ミツユビカモメあたりがパラパラと出た程度。

130128ミツユビカモメ
(Black-ledgged Kittiwake)


津軽海峡に入る辺りから、ハシブトウミガラスが出はじめます。

130128ハシブトウミガラス
(Chick-billed Murre)


最後、日没前後の暗い時間になって・・・

130128ハイイロウミツバメ
(Fork-tailed Storm-petrel)

ハイイロウミツバメ!

こんな時間なので、見づらいし写真とまらないし・・・(汗

証拠写真だけ^^;

数羽、見られました。


新潟-苫小牧航路も、津軽海峡から先は十分に楽しめそうです。

北海道に行く機会があれば、また乗らねば・・・

| 野鳥 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漁港のカモたち

12/29。

この日は、霧多布と根室半島の南側で漁港巡り。


北海道に住んでいた頃には、嫌になるほど見ていたはずの漁港のカモたち。

しかし、本州に引っ越してからは、なかなか近くでじっくり観察できる機会が少なく・・・


今日は図鑑写真を何枚か。

クロガモ♂Ad。

130129クロガモ1
(Common Scorter)

よく見ると、頭部はもこもこした感じ・・・。。


こちらは♂1w。

130129クロガモ2

上嘴は、まだまだ発達途上・・・


こちらは、シノリガモ♂1w。

130129シノリガモ1
(Harlequin Duck)

少しずつ青みがかった羽に換羽してきています。

顔や脇の白斑にも、♂の特徴でてますね。


こちらはビロードキンクロ♀。

130129ビロードキンクロ1
(Velvet Scorter)

♂1wも似た姿をしていますが、嘴に♂の特徴が出るはずなので・・・♀だと思っています。


ぽちゃん・・・

130129ビロードキンクロ2


コオリガモ♂Adは図鑑写真ではなく・・・

コオリガモ1
(Long-tailed Duck)

夕暮れの光が水面に反射していい感じです。


この子もぽちゃん・・・

コオリガモ2


コオリガモ3


道東の漁港は、本州ではなかなかじっくりと観察するのが難しい、これらのカモの観察にはもってこいです。


しかし、これらカモ類の♀1wと♀adの識別は可能なのでしょうか。

また、♂は2wになると、Adの羽衣になるのでしょうか・・・

色々なサイトを見ると、カモ類の多くは、adになりきれていない♂がほとんど1wとして扱われているようですが、

2wでもadと異なる羽衣ということはないのでしょうか。

どうも、カモの雌雄各年齢での羽衣がわかりません。

今回のビロキン♀も、1wなのかadなのか・・・(汗

| 野鳥 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しらが

道東初日、1/29の夕方。

漁港脇のハマニンニクには・・・スズメの群れ。

130131スズメ
(Tree Sparrow)


その中に1羽だけ・・・

130131シラガホオジロ3
(Pine Bunting)

シラガホオジロ。


愛想の良い♀でした。

130131シラガホオジロ1

冬の雪原で見られる小鳥、ハマニンニク好きが多いです・・・^^;


もう暗くなってきた時間だったので、色がうまく出ませんが・・・

愛想の良い子だったので、最後は図鑑写真で。

130131シラガホオジロ2


ちょっとスズメの群れでも、油断できませんね。。

| 野鳥 | 08:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月