「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

≫ EDIT

北岳の花② -キク科の花-

今日紹介するのは、北岳で見られたキク科の花。


ウスユキソウ。

131101ウスユキソウ1


咲き始めの綺麗な株が多かったです。

131101ウスユキソウ2


エゾムカシヨモギ。

131101エゾムカシヨモギ1

地味な感じですが・・・なんだか見つけると気になってしまう花です。


キタダケヨモギ。

131101キタダケヨモギ1

絹毛で覆われ、全体が白っぽく見えるのが特徴。


南アルプスの固有種です。

131101キタダケヨモギ2


花期はもう少し後だったようで・・・今回は蕾ばかり。

131101キタダケヨモギ3


ミヤマオトコヨモギ。

131101ミヤマオトコヨモギ


ハハコヨモギ。

131101ハハコヨモギ1


この花も、日本では中央アルプスと南アルプスでしか見られません。

131101ハハコヨモギ3


なんだか目が合った株^^;

131101ハハコヨモギ2


タカネヤハズハハコ。

131101タカネヤハズハハコ1


咲き始めの花は白とピンクの色づかいが綺麗です。

131101タカネヤハズハハコ2


タカネヒゴタイ。

131101タカネヒゴタイ


花が茶色い株も、綺麗に咲いた株も、これから咲こうとしている株もありました。

131101タカネヒゴタイ2


カンチコウゾリナ。

131101タカネコウゾリナ1

山で、タンポポと間違えられているのをよく耳にしますが・・・^^;

タンポポはタンポポ属。

カンチコウゾリナはコウゾリナ属。


タカネニガナも・・・

131101タカネニガナ1

タンポポ属ではなく、ニガナ属です。


キク科の最後はタカネコウリンカ。

131101タカネコウリンカ1


総苞の赤みがかった紫色が印象的。

131101タカネコウリンカ2

全体の雰囲気が私好みです^^;



北岳の花、まだまだ続きます・・・

| 植物 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花③ -シコタンソウ-

今回の北岳登山で、印象に強く残った花のひとつ。

131102シコタンソウ1


シコタンソウ。

131102シコタンソウ10


元々好きな花で、これまでにも何度も見てきているのですが・・・

131102シコタンソウ2


今回は数が多く、かつ傷んでいない新鮮な花ばかりで、とにかく綺麗でした。

131102シコタンソウ3


タカネシオガマに囲まれて・・・

131102シコタンソウ8


株によって花弁の模様が違っていて、これもまたオシャレ。

131102シコタンソウ5


稜線の岩場が似合います。

131102シコタンソウ9


一輪だけ咲く姿も綺麗。

131102シコタンソウ7


こんな光景があちこちで見られました。

131102シコタンソウ6


これだけ状態が良いと見つける度に撮影してしまい、なかなか前に進めない原因になってました・・・^^;

131102シコタンソウ4


それでも、やっぱり良い花です。

| 植物 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花④ -ユキノシタ科・ベンケイソウ科-

今日はユキノシタ科との花を。


まずは、ダイモンジソウから。

131103ダイモンジソウ2

花弁がうっすらピンク色の花を見つけました。



いつも白い花ばかり見ていたので、なんだか新鮮。

131103ダイモンジソウ1


お次は、昨年も探していたのに見つからなかった・・・

131103ムカゴユキノシタ1


ムカゴユキノシタ。

131103ムカゴユキノシタ2


今年は何株も見つけることができたのですが、少し時期が遅かったようで。

131103ムカゴユキノシタ3


良い状態の株を見つけるのに一苦労でした。

131103ムカゴユキノシタ4


しかしこの植物、白い花が結実することはなく、もっぱら赤い「むかご」で繁殖するらしいのです・・・

131103ムカゴユキノシタ5


となると、何のためにこの白い花を咲かせているのでしょうか。。

131103ムカゴユキノシタ6

実に不思議な植物です。


ベンケイソウ科は・・・

イワベンケイと

131103イワベンケイ1


ミヤママンネングサ。

131103ミヤママンネングサ1


この仲間は、肉厚の葉にカワイイ花をつけるものが多いのですが、なんだか私好みの花が多いです^^;

131103ミヤママンネングサ2


さて、次回はどんな花を紹介しようか・・・数が多いので迷います。。

| 植物 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑤

北岳の花、まだまだ続きます・・・


タカネグンナイフウロ。

131105タカネグンナイフウロ1


白花の株も見られました。

131105タカネグンナイフウロ3


上とはまた別の株。

131105タカネグンナイフウロ2


こちらはミヤマハナシノブ。

131105ミヤマハナシノブ1


ふんわりとした綺麗な花。

131105ミヤマハナシノブ2


ポリネーターのマルハナバチ。

131105ミヤマハナシノブ3


群生しているところでは、こんなお花畑に・・・

131105ミヤマハナシノブ4


北岳では数多く見られますが、白馬山系と南アルプスに局所分布しています。

131105ミヤマハナシノブ5



お次はマメ科・・・

イワオウギ。

131105イワオウギ1


数は多く、あちこちで見られます。

131105イワオウギ2


イワオウギに似ていますが、花がふっくらしているタイツリオウギ。

131105タイツリオウギ2


真っ白な花のシロウマオウギ。

131105シロウマオウギ1


何度見ても綺麗な花です。

131105シロウマオウギ2


131105シロウマオウギ3


多いところでは、こんな感じで群生しています。

131105シロウマオウギ4

| 植物 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑥ -キンロバイ、キンバイ-

北岳屈指のお花畑、トラバース道。

キンロバイの花が咲き乱れます。

131107キンロバイ1


キンロバイも、分布が局所的な植物。

131107キンロバイ4


ここ北岳では多く見られますが、見られる山は限られています。

先日紹介したアポイ岳でも見ましたが・・・^^;

131107キンロバイ2


少し花の色が薄い株。

131107キンロバイ3


花のアップ。

131107キンロバイ5


ほとんど白花と言っていいほど白っぽい花を付ける株もありました。

131107キンロバイ・ハクロバイ

ハクロバイと呼ぶには、少し黄色味があるでしょうか。


トラバース道を美しく彩ります。

131107キンロバイ7


こちらは、ミヤマキンバイ。

131107ミヤマキンバイ1


雪田後に見事な花畑を作っていたのは、シナノキンバイ。

131107シナノキンバイ2


ガスっているのも、いかにも高山の雰囲気。

131107シナノキンバイ1


131107シナノキンバイ4


それでもやっぱり、この花には青空が似合います!

131107シナノキンバイ3


| 植物 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑦ −ナデシコ科−

今日はナデシコ科を中心に。

①で紹介したタカネマンテマもそうですが^^;


イワツメクサ。

131110イワツメクサ1


タカネツメクサ。

131110タカネツメクサ1

少し時期がずれると、綺麗に咲いた株を探すのが大変・・・


今回は、ミヤマミミナグサが見頃で綺麗でした。

131110ミヤマミミナグサ1


あちこちで、繊細で美しい花を咲かせています。

131110ミヤマミミナグサ2


昨年も何度か目にする機会があったのですが、ちょっと時期外れだったので・・・

131110ミヤマミミナグサ3


今回は、良い状態の花を多く見られて良かったです。

131110ミヤマミミナグサ4


昨年、鳳凰三山ですっかり見惚れたタカネビランジ。

131110タカネビランジ1


鳳凰三山と比べると圧倒的に数は少ないのですが・・・

131110タカネビランジ2

それでも、見られると嬉しいもので^^;


北岳では白花のものが多いのか、見た株は全てこんな色でした。

131110タカネビランジ3


ユキノシタ科の植物も魅力的な花が多いですが、ナデシコ科の花も・・・私好みの花が多いです。。

≫ Read More

| 植物 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑧ ーキンポウゲ科・バラ科ー

さすがにこれだけの写真を紹介すれば、北岳の花ももう終盤・・・

ですが、もうしばらくお付き合いください^^;


今日はキンポウゲ科、バラ科の花を。

シナノキンバイなど、既にこれまでに紹介してしまった花についてはご容赦ください。。


時期を過ぎてしまったサンリンソウ。

131111サンリンソウ

それでも、まだいくらかは花を咲かせていました。


ミヤマキンポウゲはたくさん咲いていましたが・・・

その中に1つだけ見つけた、八重咲きの花。

131111ミヤマキンポウゲ


シナノキンバイと咲いていたハクサンイチゲ。

131111ハクサンイチゲ1


なんだか葉の形が違うカラマツソウ。

131111カラマツソウ?

でも、カラマツソウですね・・・。


今回探していた花のひとつ、キタダケキンポウゲ。

131111キタダケキンポウゲ1

北岳山系の固有種です。


花のアップ。

131111キタダケキンポウゲ2


気をつけて歩いていると、いくらかの株を見つけられましたが・・・

131111キタダケキンポウゲ3


あまり株数は多くなく、他の黄色い花に紛れるので見つけるのに一苦労。

131111キタダケキンポウゲ4

しかし、見つけてしまえばミヤマキンポウゲ等と間違えることはありませんね・・・

次は八ヶ岳固有のヤツガタケキンポウゲも見てみたいです。


お次は、(おそらく)キタダケトリカブト。

131111キタダケトリカブト1

北岳の固有変種で、ミヤマトリカブトの変種という扱いになっています。


トリカブト属は地域固有の種や変種が多いのですが、識別が難しいものが多いので、手が付けられません・・・。。

131111キタダケトリカブト2


キンポウゲ科はここまでで・・・ここからはバラ科。


チョウノスケソウ。

131111チョウノスケソウ1


いつも時期が少しずれているのか、綺麗な群生を見ることがありません・・・

131111チョウノスケソウ2


今回も少し遅かった(汗

131111チョウノスケソウ3


花のアップ。

131111チョウノスケソウ4


本日の最後は、地味に・・・(汗

ハゴロモグサ。

131111ハゴロモグサ1


国内では、1属1種のハゴロモグサ属。

昨年見つけられず、今回見たいと思っていた花のひとつです。

131111ハゴロモグサ2


しかし、たくさんあったので・・・なぜ昨年見つけられなかったのか(汗

131111ハゴロモグサ3



あと2回くらいで北岳の花を終えられそうです。

| 植物 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑨ ーゴマノハグサ科などー

今日はゴマノハグサ科の花などを。


アカイシミヤマクワガタ。

131112アカイシミヤマクワガタ1


ルリトラノオ属の花は青紫の色のイメージが強いのですが、南アに咲くこの花は赤紫の花が特徴的です。

131112アカイシミヤマクワガタ2


小さくなかなか見つけづらいヒメクワガタ。

131112ヒメクワガタ1


いたるところに咲いていた、コバノコゴメグサ。

131112コバノコゴメグサ


シオガマギク。

131112シオガマギク?

まだ蕾ですね。。


林床にたくさん生えていたセリバシオガマ。

131112セリバシオガマ1

花を付けている株は少なかったのですが・・・どうしてでしょう。。


既に時期遅れでしたが・・・辛うじて花を咲かせていたミヤマシオガマ。

131112ミヤマシオガマ1


ミヤマシオガマと入れ替わりで花を咲かせていたタカネシオガマ。

131112タカネシオガマ1

見頃です。。


お約束の上から写真。。

131112タカネシオガマ2


ヨツバシオガマの変種、クチバシシオガマ。

131112ヒメヨツバシオガマ1

上唇の色の差がはっきりとしていて、分かりやすい株です。



今日の最後はムラサキ科のミヤマムラサキ。

131112ミヤマムラサキ1

ちょっと時期を過ぎてしまっていて、やや傷んだ花が多かったですが・・・


それでも、綺麗な株を見ることができました。

131112ミヤマムラサキ2

何度見てもかわいらしい花です。


| 植物 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳の花⑩

北岳の花の紹介もようやく今日で最後。

時間をかけすぎました・・・(汗


稜線では普通に見られるチシマギキョウ。

131113チシマギキョウ1

北海道にいる頃はあまり見る機会が無かった花ですが、本州に来てからよく見かけるようになりました。


花の色が薄い株もひとつだけ。

131113チシマギキョウ2


私が見つけられたクロユリはまだ蕾でした・・・

131113クロユリ


タカネシュロソウは満開。

131113タカネシュロソウ1


花のアップも。

131113タカネシュロソウ2


テガタチドリ。

131113テガタチドリ1


ハクサンチドリと間違われやすいのですが・・・

131113テガタチドリ2

近くで見ると、花の形が全然違います。。


最後は、トウヤクリンドウ。

131113トウヤクリンドウ1

透き通るような花弁、何度見てもいい花です。



長くなりましたが・・・これでも紹介しきれていない花がまだある北岳。

昨年も今年も、秋に登ろうとして天候に阻まれてしまったので、来年こそは秋にも登りたい山です。

| 植物 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白馬岳登山

8/10〜11。

今年も、白馬岳に登ってきました。


今年は一昨年と同じコースでした。

1日目:猿倉〜大雪渓〜村営宿舎テン場泊

2日目:テン場〜山頂〜白馬大池〜栂池自然園


大雪渓での登山者の行列

131114大雪渓


テン場は混雑・・・

131114テン場s

この日は風が強く、張るのに苦労してる人が多かった^^;


翌朝、山頂はガスで真っ白。。

131114山頂


山頂から少し歩いて振り返ると、なぜか山頂方面が晴れている・・・(汗

131114山頂2


小蓮華山方面の稜線

131114稜線s


雪倉岳方面の稜線

稜線からs


白馬大池は快晴。

131114白馬大池


もちろん、花もたくさん見られました。

131114お花畑2


131114お花畑1
(村営宿舎直下のお花畑)


131114お花畑3
(テン場横のお花畑)



白馬大池を過ぎてしばらく歩き、今回は見られないかな、と諦めかけた頃に出てきた・・・

131114ライチョウ

ライチョウ。


白馬は3年連続になりましたが、今年も良い山行になりました。

見られた花々は、次回以降に紹介していきます。

| 風景 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白馬の花① 猿倉〜葱平

2年ぶりの猿倉からの登り。

前回と違ってテントを背負っての登山でしたが、思ったよりも楽に登れました。

少しは山歩きに慣れてきているようです^^;


大雪渓までの間は花が少ないのですが、それでも・・・


タマガワホトトギスに

131115タマガワホトトギス


オオバキスミレ

131115オオバキスミレ


キヌガサソウも、大きく美しい花を咲かせていました。

131115キヌガサソウ


大雪渓は、ところどころ大きなクレバスができている影響で、右岸側の雪渓ギリギリの部分を登っていきます。

岩場と雪の両方を行ったりきたりするくらいなら、むしろ、ずっと雪渓を歩けた方が楽・・・


大雪渓の後もやや急登ですが、花々が目を楽しませてくれます。


タカネコウゾリナ

131115タカネコウゾリナ1


キバラノカワラマツバ

131115キバナノカワラマツバ1

小さな花ですが、これだけ咲くと目を引きます。


所々に咲いていたクロトウヒレン。

131115クロトウヒレン

131115クロトウヒレン2


数が少なく、良い状態の株を見つけられなかったシコタンハコベ。

131115シコタンハコベ1


岩場のミヤマダイコンソウ。

131115ミヤマダイコンソウ


先日の北岳でも紹介したハグロモグサ。

131115ハゴロモグサ1

目立たない花でも、分かってしまえば見つけられるようになるものですね^^;


ミヤマオダマキ。

131115ミヤマオダマキ


タイツリオウギ。

131115タイツリオウギ


白馬の名を冠した花も・・・

シロウマオウギ。

131115シロウマオウギ

真っ白かと思ったら、うっすらとピンク色を帯びています。


そして、シロウマアサツキ。

131115シロウマアサツキ2


シロウマアサツキに由来している「葱平」って「ねぎだいら」って読むと思っていたら・・・

「ねぶかびら」なんですね。。読めない(汗


次回は、稜線周辺の花を紹介します。

| 植物 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白馬の花② 村営頂上宿舎周辺

村営頂上宿舎の周辺にも、高山植物はたくさん咲いています。


ハクサンフウロや

131116ハクサンフウロ1


エゾシオガマ

131116エゾシオガマ1


ミヤマクワガタ

131116ミヤマクワガタ1


数は多くありませんが、クロユリも。

131116クロユリ



そして何より・・・この花が見られるのが魅力的。

131116ウルップソウ1


ウルップソウです。

131116ウルップソウ2


花期のピークは7月中旬頃なので、私が行った8月にはもう見られないと思っていたのですが・・・

雪田の近くでは、まだ比較的綺麗な花を残した株をいくらか見ることができました。

131116ウルップソウ3


テン場のすぐ横にも咲いています。

131116ウルップソウ4


またいつか、ウルップソウが満開の時期にも登りたいです。

そういえば、八ヶ岳のウルップソウも見てみたい・・・

| 植物 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白馬の花③ 主稜線

今日は、山頂周辺〜白馬大池の手前辺りまでの花を紹介していきます。

イブキジャコウソウ。

131117イブキジャコウソウ1

ピンク色の絨毯の様に咲いています。


元気いっぱいに花を咲かせるウサギギク。

131117ウサギギク


チングルマの中に1輪。

131117ウサギギク2


チングルマはすっかり綿毛。

131117チングルマ1



どこの山でも、なぜか山頂周辺に多い気がするイワギキョウ。

131117イワギキョウ1


私が行きたいと思う山にはたいてい咲いている気がする・・・ホソバツメクサ。

131117ホソバツメクサ1


花期終盤のミヤマアズマギク。

131117ミヤマアズマギク

それでもまだ、きれいに咲いている株も。


いつも、写真に撮るのが難しくて悩む・・・タカネナデシコ。

131117タカネナデシコ

今回の写真もなんだか不満足。。


白馬の稜線と言えばこの花。

131117クモマミミナグサ1

クモマミミナグサ。


濃い緑色の葉、ふんわりとした雰囲気のシンプルで形の整った花。

131117クモマミミナグサ2

ツメクサ、ミミナグサと名のつく小さな白い花はたくさんありますが、その中でも特に好きな花です。


ミヤマリンドウ。

131117ミヤマリンドウ1

この花の色を写真で伝えるのが難しいです・・・

なんとも言えない青紫色。


ハイマツの陰でひっそりと咲くリンネソウ。

131117リンネソウ

これだけの数があると、ひっそりではないですね(汗


白馬岳の花は・・・次回で終われそうです。

| 植物 | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白馬の花④ 白馬大池〜栂池

白馬岳の花の紹介は、今日で最後。

大池周辺に咲くイワイチョウ。

131118イワイチョウ


今年は当たり年だったコバイケイソウ。

131118コバイケイソウ


ピンク色の果実が混じるミヤマカラマツ。

131118ミヤマカラマツ


小さくて見落とされがちなヒメクワガタ。

131118ヒメクワガタ

かわいい花なんですが^^;


湿地に咲くタテヤマリンドウ。

131118タテヤマリンドウ


ミヤマリンドウと同様、この花も写真で表現しづらい色の花です・・・

131118タテヤマリンドウ2


この雰囲気が好きなので、似たような写真ですが、もう1枚。

131118タテヤマリンドウ3


湿原には、イワショウブの花も。

131118イワショウブ1


アップで見ると、実に可愛らしい花です。

131118イワショウブ2


花の名山、白馬岳。

なぜか毎年登りたくなる山です。

来年も・・・登れるかなー。

| 植物 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Red Knot

8/24-26は、地元の海岸巡り。

そんな中で見つけた・・・コオバシギ幼鳥。

コオバシギ2
(Red Knot)


オバシギに混じってました。。

コオバシギ5


唯一の飛びモノ・・・

コオバシギ1


ぶるぶる。

コオバシギ4


車の中で待っていると・・・だんだん寄ってきます。

コオバシギ3


やや正面顔。

コオバシギ10


コオバシギ8


コオバシギ6


実はあまり観察経験がなく・・・

コオバシギ7


出会ったのは約2年ぶりでした。

コオバシギ11


コオバシギ14


毎年見られればいいのですが、日本海側だとなかなか・・・^^;

コオバシギ13


まだ幼鳥しか見たことが無いので、次は成鳥も見てみたい鳥です。

| 野鳥 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海岸のシギチ(8/25-26)

8/24-26の海岸周りで見た、コオバシギ以外のシギチを(全部ではないですが)。

ミユビシギ。

131127ミユビシギ1
(Sanderling)

夏羽が色濃く残る子ばかり。


1羽だけ見かけたメダイチドリ。

131127メダイチドリ1
(Lesser Sand Plover)


足をバタバタさせててカワイイ・・・。。

131127メダイチドリ2


コオバシギと一緒に行動していたオバシギ。

131127オバシギ1
(Great Knot)


キリアイも1羽だけ。

131127キリアイ1
(Broad-billed Sandpiper)

この嘴の微妙な曲がり具合・・・大好きです(笑


前から見ると普通なんですけどね^^;

131127キリアイ2

| 野鳥 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水田のシギチなど(9/1)

9/1は水田のシギチを探してみました・・・

が、あまり見つからず(汗


セイタカシギ。

131128セイタカシギ
(Black-winged Stilt)


オバシギ。

131128オバシギ
(Great Knot)

いつも海岸で見ているイメージなので、ちょっと違和感。。


トウネン幼鳥。

131128トウネン
(Red-necked Stint)


最後はおまけの・・・ショウドウツバメ。

131128ショウドウツバメ

雨の中でしたが、ツバメと一緒に群れをつくり、水田の上を飛び交っていました。

| 野鳥 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海岸のシギたち(9/7-8)

9/7-8。

この週末も、地元の海岸でシギチ観察でした。


常連のミユビシギ。

131130ミユビシギ3
(Sanderling)

だいぶS➡Wの換羽が進んでいます。


こちらはJ➡1w。

131130ミユビシギ4


J。

131130ミユビシギ5


フラッグ付きのS➡Wの子発見。

131130ミユビシギ2


フラッグにピンが(笑

131130ミユビシギ1


こちらも定番・・・

トウネン。

131130トウネン1
(Red-necked Stint)

ぶるぶる・・・


相変わらずカワイイやつです。

131130トウネン2


この子は、部分白化でしょうか・・・

131130トウネン3

真っ白な羽が混じってます。


採餌中。

131130トウネン4


私にとって、この日が今期初認だったハマシギ。

131130ハマシギ
(Dunlin)


オバシギは見かけると、ついつい撮ってしまいます。。

131130オバシギ
(Great Knot)

≫ Read More

| 野鳥 | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月