「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

≫ EDIT

11/30 大苫航路

11/30。

大苫航路での鳥見でした。


ミツユビカモメAd-w

140201ミツユビカモメ3
(Black-legged Kittiwake)


140201ミツユビカモメ2


1w。

140201ミツユビカモメ1

飛んでいるときの上面のパターンは、成鳥よりも1wの方が好きです。


トウゾクカモメは、昨年よりも少なかった印象。

140201トウゾクカモメ1
(Pomarine Skua)


こちらは暗色型。

140201トウゾクカモメ2

ミツユビカモメをいじめてました・・・^^;


コアホウドリ。

140201コアホウドリ1
(Laysan Albatross)


数は多かったのですが、遠い個体が多かった。。

140201コアホウドリ2


1羽だけ見られた、アホウドリ。

140201アホウドリ
(Short-tailed Albatross)

亜成鳥です。


ハイイロウミツバメ。

140201ハイイロウミツバメ1
(Fork-tailed Storm-petrel)

海の状況は悪くなかったのですが、今回見られたのは1羽だけでした^^;


北陸に住む私にとって、太平洋航路はあまり乗る機会がないのですが・・・

それでもやっぱり、年に1回以上は乗りたいです!


FN(2013.11.30 大苫航路)

アホウドリ1、クロアシアホウドリ4、コアホウドリ150+、フルマカモメ1、ハイイロウミツバメ1、ミツユビカモメ多数、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、ハシブトウミガラス6、ウトウ20+、ビロードキンクロ2、 クロガモ4、ウミアイサ1、ウミウ ほか

| 野鳥 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/1 道内探鳥

色々あって、しばらく更新できませんでした・・・

また少しずつアップしていきます。。


大苫航路の翌日、12/1。

札幌~苫小牧近郊で鳥見してました。


ホオジロガモ♂。

140212ホオジロガモ3
(Goldeneye)


なにやらバチャバチャとやっております。。

140212ホオジロガモ2


図鑑写真。

140212ホオジロガモ1


越冬ダイサギ。

140212ダイサギ
(Great Egret)


上空のカラスが気になるエゾフクロウ。

140212フクロウ
(Ural Owl)


貯食していたのか、地面からヒマワリの種を引っ張り出して食べていたミヤマカケス。

140212ミヤマカケス2
(Eurasian Jay)


図鑑写真。

140212ミヤマカケス1

≫ Read More

| 野鳥 | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Brent Goose

12/1の続き。

漁港をチェック。


・・・黒くて大きな鳥が3羽、漁港内の草地でウロウロしてました。

140213コクガン1
(Brent Goose)

コクガンです。


白い首輪が目立たないところを見ると・・・幼鳥。

140213コクガン2



草地にいるのを見たのは初めてでした・・・

食べるのは海藻だけじゃないんですね。。

140213コクガン3

≫ Read More

| 野鳥 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/8,15,23 地元探鳥

12/8。

白山麗で定点。

午前に現れたのは、クマタカ。

140215クマタカ1
(Mountai Hawk-eagle)


午後、快晴の空を飛んだ2羽のイヌワシ。

140215イヌワシ2


どちらも成鳥のようです。

140215イヌワシ1

イヌワシを見たのは約2年ぶりでしょうか。

久々に見られて良かったです。



12/15。

かほくをぶらぶら・・・

魚を食べるミサゴ。

ミサゴ
(Osprey)


観察してたら2羽になったヤマセミ。

ヤマセミ2
(Crested Kingfisher)


12/23。

この日も、かほくをぶらぶら・・・

タゲリ
(Northern Lapwing)

いつ見ても愛らしいタゲリ。


愛想の良かったコチョウゲンボウ♂Ad。

コチョウゲンボウ2
(Marlin)

上を気にしてます。。


コチョウゲンボウの可愛さは、何と言ってもこの正面顔・・・

コチョウゲンボウ1


図鑑写真・・・と言うほど真横では撮れませんでしたが、近かったです。。

コチョウゲンボウ3

♂Adはこれまであまり近くで観察したことがなかったので、良い機会でした。


その直後に出会った♀タイプ。

コチョウゲンボウ4


この更新2ヶ月遅れ常態化を何とかしたいです・・・(汗

| 野鳥 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恒例の帰道

今シーズンの年末年始も、帰道していました。

今回で3年連続・・・すっかり恒例行事化してきています^^;


今日はそのFNを。

写真は次回から紹介していきます。


FN(2013.12.28〜2014.1.3 オホーツク〜羅臼・野付〜根室半島〜渡島半島〜鵡川・苫小牧)

コクガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、コケワタガモ、シノリガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、アビ、オオハム、シロエリオオハム、ハシボソミズナギドリ、ヒメウ、チシマウガラス、ウミウ、タンチョウ、ハマシギ、ミツユビカモメ、アカアシミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、ウミガラス、ウミバト、ケイマフリ、ウミスズメ、コウミスズメ、エトロフウミスズメ、ウトウ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ、ケアシノスリ、シマフクロウ、フクロウ、コミミズク、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、シロハヤブサ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス、ハシブトガラ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニヒワ、ハギマシコ、シメ、ユキホオジロ、オオジュリン 計81種

| 野鳥 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大荒れのオホーツク

12/27の早朝に新潟→小樽のフェリーで北海道入りする予定だったのですが・・・

12/26の昼頃にかかってきた電話。

「明日の小樽行きのフェリーの欠航が決まりました。」

色々悩んだのですが、急遽、その日の夜に新潟発の便に振り替えてもらうことに。


12/27。

17:30に苫小牧港に到着。

そこで選んだ選択肢は・・・「翌朝はオホーツクが荒れるから、斜里に直行!」

到着は23:30、即就寝。


12/28。

色々と期待して海を眺めます。

海上を、多くのハシブトウミガラスやコウミスズメが通過していきます。

ハシブトウミガラス1
(Chick-billed Murre)

エトロフウミスズメも少数。

この光景、2年前の大晦日を思い出しました。


カモメ類では、アカアシミツユビカモメも少数。

まともに撮影はできませんでしたが。。

ヒメクビワは・・・私がちょうどその場を離れていた約30分の間に出てしまいました(汗



さて、近くの漁港では・・・

ハシブトウミガラス2


ブトウミが波にもまれてました(汗

ハシブトウミガラス4


ハシブトウミガラス3



あと、時期外れのこんな鳥も。

ハシボソミズナギドリ2
(Short-tailed Sharewater)


ハシボソミズナギドリ。。

ハシボソミズナギドリ1

観察している間にも、オジロワシに獲られそうになってましたが・・・(汗

なんとか逃げてました。。


しかしやっぱり、何が出るか分からない大荒れの冬のオホーツク、何度経験しても楽しいです。

予定していたフェリーが欠航くれたおかげで、良いタイミングで行くことができました(笑

そしてまた、行きたくなります^^;

| 野鳥 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29 オホーツク沿岸

12/29。

前日は大荒れだった天候も、随分と落ち着いたので・・・

この日は、オホーツク沿岸散策。


道東では定番の、オジロワシに・・・

オジロワシ
(White-tailed Eagle)


オオワシ。

オオワシ1
(Steller's Sea Eagle)


そして、11月から情報があった、能取岬のコケワタガモ。

コケワタガモ1
(Steller's Eider)

数年前に抜海漁港で見て以来です。

距離はありましたが、今回は♂成鳥。

しかし、この日は前日の天候の影響で波が高く、風も残っていて・・・

友人が見つけてくれなかったら見つけられなかったかも(汗

助かりました。。。


網走港に入っていたウミガラス。

ウミガラス1
(Common Murre)


ペンギン・・・

ウミガラス2


と、あっという間に1日が過ぎて行く。

冬の道東の一日は本当に短い。。

| 野鳥 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/30 冬の羅臼

12/30。

当初の予定では、29日の午前に羅臼で船に乗る予定が、生憎の強風で断念。

29日までかなり強風が残っていたので、30日に延期したのも無理だと思っていました。

が、30日の朝、念のため船長に電話してみると・・・

「思ったより良くなってるから、いってみっか?!」


そこそこ波はありそうですが、今回の旅で船に乗るとしたらこのチャンスしか無さそうだったので・・・

乗っちゃいました^^;


観察できた鳥は昨年乗った時とほぼ同じ。


今回も、優先種はこの鳥。

140222コウミスズメ1
(Least Auklet)


コウミスズメ。

140222コウミスズメ2


しかし、今回は波があり、この小さな鳥を撮るのに一苦労・・・(汗

140222コウミスズメ3


ぽちゃん。

140222コウミスズメ4


この日の波は船体を揺らし、体をどこかで固定しないと撮影は無理な感じ・・・

140222コウミスズメ5


おかげで、どうしても距離をとっての撮影になります^^;

140222コウミスズメ9


残りは、飛びモノを3枚。

横から。

140222コウミスズメ6


下面。

140222コウミスズメ7


上面。

140222コウミスズメ8


ハシブトウミガラスもたくさん・・・

140222ハシブトウミガラス1
(Chick-billed Murre)


今回、ウミガラスは見ませんでした。

140222ハシブトウミガラス2


エトロフウミスズメは数羽見たのですが、撮影できたのはこの1羽だけ。

140222エトロフウミスズメ1
(Crested Auklet)

しかも、よく潜る&波の影響で撮影困難。。

撮れたのはこの1枚だけでした^^;


波がある時はやっぱり色々と辛い・・・

それでも、乗って良かったです。

| 野鳥 | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月