「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

≫ EDIT

Red-crowned Crane

この冬も、石川県にやってきました。

140614タンチョウ1
(Red-crowned Crane)

タンチョウです。


前シーズンに河北潟に飛来したのとは別個体。

今シーズンは奥能登への飛来でした。

140614タンチョウ4

私には年齢までは分かりませんが・・・亜成鳥。

頭の“Red-crown”も狭いですね^^;


撮影してると、天候が急変(汗

140614タンチョウ2

こんな景色もまた良いですね。


140614タンチョウ3

雪はすぐに止みました。


北海道にはあれだけいても、県内で見る機会はなかなかありません。

また次はいつ来てくれることか。

(2014.1.13 能登町)

| 野鳥 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ring-necked Duck

この冬、なぜか何度か見に行くことになってしまったこの鳥。

140615クビワキンクロ5
(Ring-necked Duck)


クビワキンクロ。

140615クビワキンクロ3

これまで気付きませんでしたが、腮は白いんですね。


正面顔で来られると、やっぱり怖い・・・(汗

140615クビワキンクロ2


まだ雌を見たことが無いので、次は雌を見てみたい鳥です。

140615クビワキンクロ1

(2014.1.25、3.8 愛知県)

≫ Read More

| 野鳥 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤドリギツグミ

1/25にクビワキンクロを見た後、私は翌日の目的地をどこにしようか悩んでいました・・・

サバンナシトドを見に行こうか、それとも、ハッキリと場所が分かっていないヤドリギツグミを探しに行こうか。

天気予報を見る限り、サバンナシトドを見るにはちょっと厳しい感じ。

ということで、ダメ元でヤドリギツグミを探しに行くことに。


1/26の朝。

Googlemapの衛星画像から、ある程度いそうな環境を絞って・・・下流側から捜索開始。

全ての水田やら芝生をしらみつぶしに探していきます。

途中、藪の中でガサゴソしているカヤクグリやら、ライファーのイカルチドリ(汗)やらを見つける血眼ぶりでした(汗


捜索開始から約3時間が経とうとした頃・・・

水田の畦道を跳ねる怪しい鳥影。

ヤドリギツグミ1
(Mistle Thrush)


紛れもないヤドリギツグミ。

ヤドリギツグミ2


それから2時間ほど、観察していました。

ヤドリギツグミ3


枚数が多いので、ペタペタ貼っていきます。

ヤドリギツグミ5


ミミズをゲット。

ヤドリギツグミ4


枝どまり・・・

ヤドリギツグミ6


上空を警戒。

ヤドリギツグミ7


待っていると、近くまで来てくれます。

ヤドリギツグミ9


何かを吐き出していました・・・

ヤドリギツグミ8



3/8~9には、友人が行きたいというので・・・再度見に行くことに(汗

ここからは3月撮影の写真です。

ヤドリギツグミ10


翼下面。

ヤドリギツグミ11


尾羽。

ヤドリギツグミ13


翼上面。

ヤドリギツグミ12


飛び出しですが・・・得意のフレームアウト寸前でした(汗

ヤドリギツグミ14

ヤドリギツグミ15

ヤドリギツグミ17


水浴び後でぼさぼさ。

ヤドリギツグミ18


ぶるぶる・・・

ヤドリギツグミ19


ぺこり。

ヤドリギツグミ20


最後に図鑑写真を。

ヤドリギツグミ16
(2014.1.26)


欧州遠征すればまた見られるでしょうか・・・

国内で再度見るのは、簡単ではないでしょうね^^;

≫ Read More

| 野鳥 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犀川

2/1。

この日は犀川周辺をぶらぶらしてました。


狙いは・・・

コウライアイサ1
(Scaly-sided Marganser)


コウライアイサ。

コウライアイサ2

年末から目撃情報はあったようですが、なかなか神出鬼没でこの日まで見られずにいました。


しかも何だか落ち着かず、この時もほんの数分で飛び立ってしまいました・・・

コウライアイサ3

順光だったのに、頭だけが橋の影になって暗い・・・。。


少し上流側でくつろいでいた、カワアイサ。

カワアイサ1


羽繕いのあとは・・・ぶーーん。

カワアイサ2
(Common Merganser)


河川敷をうろうろするノスリ。

ノスリ
(Common Buzzard)


まったりカルガモ。

カルガモ
(Eastern Spot-billed Duck)


近所のカルガモ、最近は見る度になんだか癒されます。。

| 野鳥 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青鴫

2/2。

今年も見られました。

アオシギ2
(Solitary Snipe)


アオシギ。

アオシギ1


こちらは、上の2枚とは別個体。

アオシギ3


ちょっと近すぎました・・・ので、図鑑写真を(汗

アオシギ4


毎冬、一度は出会いたい鳥です。

| 野鳥 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

okinawensis

2/8~10。

沖縄に行ってました。。

滞在期間中、ひたすら雨が降っていましたが・・・(泣


8日の午前は本島でしたが、あまり時間が無く、天候も微妙だったので・・・

予定外でしたが、この花を見に行くことにしました。

140619シマジリスミレ1


シマジリスミレ。

140619シマジリスミレ2

と言っても、ちょっと花期には時期が早く、雨で傷んだ株が1つ、2つあった程度でしたが・・・


花を真横から。

140619シマジリスミレ3


近くには、葉だけはいくつも見られました。

140619シマジリスミレ5


思えば、これまで沖縄で植物をまともに見たことはなかったかも・・・。

140619シマジリスミレ4


やっぱり、植物はまだまだ素人の域から出られません。。。

≫ Read More

| 植物 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島では珍鳥

2/8-10。

実質2日間程度だけでしたが、石垣島へ行ってきました。

本島の記事でも書きましたが、滞在期間中はひたすら雨風雨風・・・・

天候は最悪の2日間でした。。。


今日は、そんな中で出会った、石垣島では珍鳥の鳥たちを。

まずは、私が行く前から情報があった・・・カリガネ。

カリガネ1
(Lesser White-fronted Goose)


どうしてここに1羽で来ちゃったんでしょうか・・・

カリガネ2

とはいえ、私もこんなに近くでゆっくり見たことが無かったので、良い機会でした^^;


お決まりの図鑑写真も。

カリガネ3


もう1種は・・・

カンムリカイツブリ
(Great Crested Grebe)

カンムリカイツブリ。

後で現地の方に聞いてみたら、石垣島での確実な記録はないかも・・・と言われました(汗

見ている時は「こっちでもたまに見られることあるんだな~」という程度の認識だったのですが。。。

でも・・・あんまり嬉しくなれない・・・(汗


遅くなりましたが、旅のFNを記しておきます。

(2014.2.8-10 沖縄本島・石垣島)
キジ、カリガネ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、ズアカアオバト、ズグロミゾゴイ、アマサギ、アオサギ、ムラサキサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、クロツラヘラサギ、クイナ、シロハラクイナ、バン、オオバン、ケリ、ムナグロ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、オオメダイチドリ、タシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、クサシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、ヒバリシギ、ハマシギ、レンカク、タマシギ、ミサゴ、カンムリワシ、サシバ、ノスリ、リュウキュウコノハズク、チョウゲンボウ、ハヤブサ、アカモズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、リュウキュウツバメ、シロガシラ、ヒヨドリ、ウグイス、キマユムシクイ、メジロ、セッカ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、インドハッカ  計75種

| 野鳥 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Crested Serpent Eagle

八重山と言えば・・・この鳥。

カンムリワシ1
(Crested Serpent Eagle)


カンムリワシ。

カンムリワシ2


今回は天候のせいか、あまり飛翔する姿は見られませんでしたが・・・

カンムリワシ3

林内で休む姿をゆっくり観察できました。


上と同一個体。

冠羽を立てると、確かに冠みたいに見えますね。。

カンムリワシ4


上の3個体とはまた別の個体。

カンムリワシ5

真下の歩道を人が歩いても全く動じません。。


300mmノートリでこの距離・・・と言えば、どれだけ近いか分かるでしょうか。

カンムリワシ6


今回、多くのカンムリワシをゆっくり観察できたのは収穫でした。

| 野鳥 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣の鳥たち②

今回の遠征は撮影枚数が少なかったので・・・

3回ほどで報告を終えられそうです^^;


今回の旅で印象に残った鳥のひとつ。

140622レンカク4
(Pheasant-tailed Jacana)

レンカク。


何を隠そう、ライファーでした。

140622レンカク2


お尻も1枚。

140622レンカク3


図鑑写真。

140622レンカク1

幼鳥ですね。


たくさん見た、バン。

140622バン
(Common Moorhen)


案外見かける機会が少なかったムラサキサギ。

140622ムラサキサギ1


水田脇のセッカ。

140622セッカ1
(Zitting Cisticola)


同じく、ホオジロハクセキレイ。

140622ホオジロハクセキレイ
(White Wagtail)


うーん、他にお見せできるような写真がない・・・(汗

| 野鳥 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣の鳥たち③

今回で、石垣遠征の報告は終了です。。


畑の中のムネアカタヒバリ。

140623ムネアカタヒバリ1
(Red-throated Pipit)


あちこちの農地で見かけました。

140623ムネアカタヒバリ2


シマキンパラも。

140623シマキンパラ
(Scary-breasted Munia)


シマキンパラと同様、移入種と言われているインドハッカ。

140623インドハッカ1
(Common Myna)


インドハッカくらいの世界的な移入種となると・・・

140623インドハッカ2


移入された国からの自然飛来とか・・・そういう事も往々にしてあるのでしょうね。

140623インドハッカ3


シマアカモズは・・・協力的な個体が少なかった。。

140623シマアカモズ1


リュウキュウキジバトは図鑑写真。

140623キジバト
(Oriental Turtle Dove)


最後は・・・ズグロミゾゴイ。

140623ズグロミゾゴイ


昨年秋は台風の影響で断念した石垣島。

今回も天候に恵まれず・・・

次回こそは!!

| 野鳥 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2/16 奥能登

2/16。

この日は地元をぷらぷら。


輪島でウミウをまじまじと。

ウミウ1
(Japanese Cormorant)


こちらは幼羽。

ウミウ2


県内では飛来数が少ないワシカモメ。

ワシカモメ1


2w。

ワシカモメ2

どこだったかうろ覚え・・・蛸島だったような(汗

| 野鳥 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Song Thrush

この冬は、多くの方がこの鳥を見に行ったのではないでしょうか・・・

140625ウタツグミ1
(Song Thrush)


ウタツグミ。

140625ウタツグミ2


まさか、ヤドリギツグミに続いてこの鳥も見る機会に恵まれるとは思いませんでした。

140625ウタツグミ3


図鑑で絵を見ただけだと両種の違いは尾羽とか翼下面とかが分かりやすそうですが・・・

140625ウタツグミ4


実際に目にすると、大きさとか、体のバランスとか・・・

全然違いました。。。

やっぱりjizzって大切です。


(2014.3.2、3.23 相模原市)

| 野鳥 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3/15 舳倉島

3/15。

今年発の舳倉でした。


鳥影は少なく寂しい感じ・・・

でしたが、飛来数が多かったこの鳥はいました。

140626ベニヒワ1
(Common Redpoll)

ベニヒワ。


6羽で行動していました。

140626ベニヒワ2


あとは帰りの航路にて。

この時期の航路では、ウミスズメ類の数が多くて楽しいです。


ウトウ。

140626ウトウ
(Rhinoceros Auklet)


輪島が近づいた頃に、35羽の群れも通過。

140626ウトウ2


ウミスズメはたくさん。

140626ウミスズメ1
(Ancient Murrelet)

140626ウミスズメ2


そして、カンムリウミスズメ。

140626カンムリウミスズメ1
(Japanese Murrelet)


短い間でしたが、船と併走して飛んでくれたのは幸運でした。

140626カンムリウミスズメ2


FN(2014.3.15 舳倉島)
キジバト、オオミズナギドリ、ヒメウ、ウミウ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ、ウトウ、トビ、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヒヨドリ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、ホシムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、(ホオジロ)ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニヒワ、イスカ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ  計23種

| 野鳥 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平城宮跡

3/22。

鳥見と知人と会うことも兼ねて、奈良まで出かけました。

モズ
(Bull-headed Shrike)

モズがお出迎え。


お次はアリスイ。

アリスイ1
(Eurasian Wryneck)


背面。

アリスイ3


相変わらずの爬虫類顔です。。

アリスイ4


図鑑写真。

アリスイ2


クイナ。

クイナ1
(Water Rail)


正面から。

クイナ2


お尻から。。

クイナ4


クイナは愛想が良くて出ずっぱりでした・・・

こんな警戒心の薄いクイナは見たこと無い。。。

こういうこともあるんですね。


ということで、図鑑写真。

クイナ3


最後にヒクイナ。

ヒクイナ1
(Ruddy-breasted Crake)


知人の話では、クイナよりヒクイナの方がずっと愛想がよいハズだったのですが・・・

ヒクイナ2


どうやら、この日から愛想が悪くなったらしいです(汗

ヒクイナ3


もしや・・・私のせいか。。。

それでも何度かは出てきてくれたので、私は満足でしたが^^;

ということで、こちらも図鑑写真を。

ヒクイナ4


しかし、クイナにしてもヒクイナにしても・・・

どうしてここの個体はこんなに人に対する警戒心が低いのか、不思議でなりません。。

| 野鳥 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Savannah Sparrow

3/23。

この日は、既に2回振られていたこの鳥を見に行っていました・・・

140628サバンナシトド1
(Savannah Sparrow)


サバンナシトド。

140628サバンナシトド5


何とか見られてよかった・・・

140628サバンナシトド3


しかし、早朝なだけあって光線がキツかった。。

140628サバンナシトド4


3度目の正直。

140628サバンナシトド2

見に行って良かったです^^;

≫ Read More

| 野鳥 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/26 公園の小鳥

4/26。

近くの公園をぶらぶら。

140629ヤブサメ1
(Asian Stubtail)


ヤブサメ。

140629ヤブサメ2

渡りのこの時期は比較的見やすいですね。


コマドリも。

140629コマドリ2
(Japanere Robin)


すぐ近くに出てきてくれたので、図鑑写真も。

140629コマドリ1


遠い所から声がすると思ったら、枯れた松のてっぺんに・・・

140629イスカ
(Common Crossbill)

イスカ。

今季は飛来数が多かったですね。


春の渡りのシーズン、いつもどこに行こうか迷います。

基本は島ですが・・・(汗

≫ Read More

| 野鳥 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハマシギ

4/26。

朝夕は公園散歩でしたが、昼間は海岸へ。

140630ハマシギ1
(Dunlin)


夏羽に換羽途中のハマシギが多数。

140630ハマシギ2

個体A。


140630ハマシギ3

個体B。


140630ハマシギ4

個体C。


140630ハマシギ5

個体D。


140630ハマシギ6

個体E。

この個体は完全に換羽を終えてますね。


綺麗なAd-s。

140630ハマシギ8


シギの夏羽って、不思議な魅力があります。

ついつい見に行きたくなります・・・

| 野鳥 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月