「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

≫ EDIT

5/3-5/7 Birding in Malay Peninsula

今年のGWは半島マレーシアのTaman Negara(タマンネガラ)国立公園へ行ってきました。

Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)8
(Black-and-yellow Broadbill:クビワヒロハシ)


GWの直後に仕事の山場があったため、GWも休めないのでは・・・と思って過ごしていた4月前半。

どうやらGWくらいは休めそうだと分かってから、急遽行き先を検討。

準備期間が短いので、あまり遠出はできない。

友人が行ったことがある場所だと手っ取り早い。

→友人が複数回行ったことのある、半島マレーシアへ。

Bukit Fraser(フレイザーズヒル)も候補だったのですが、一緒に行く友人は多くの鳥を見てしまっていたので却下。

ということで、Taman Negaraに決定したのでした。


今回は、その旅程を記しておきます。

5/2
20:10富山発 → 羽田経由 → (翌日)6:10 Kuala Lumpur国際空港着

5/3
07:00 タクシーで空港からChinatownへ移動。
08:00 Chinatown着、Taman Negara行きのバスに乗り、08:45出発。
12:00 Kuala Tembelling着。昼食後、13:00頃にタクシーでTaman Negaraへ出発。
14:30 Taman Negara着。休憩後に探鳥。
夕食後は、ナイトサファリに参加。
Taman Negara滞在中の宿は「Mutiara Taman Negara」。

Center.jpg


5/4~5
終日、Taman Negaraで探鳥

Bumbun.jpg
(Bumbun Blau)

船着場
(船着場)


5/6
11:00までTaman Negaraで探鳥
13:00にタクシーでPutrajayaへ出発。
17:00 Putrajayaの宿に到着。
宿は「D Boutique Hotel」。

トレイル
(トレイル)


5/7
07:00ホテル発で、11:00までPaya Indah Wetlandsで散歩。
12:00までにKuala Lumpur空港へ移動。
14:30 Kuala Lumpur発 → 22:30羽田着。
(宿泊:都内)

Payah Indah
(Payah Indah Wetlands)


5/8
06:40 羽田発 → 07:40 富山着(ANA747)
09:00 金沢着
・・・家に荷物を置いて、仕事に直行。


現地滞在が正味3日間、広い熱帯雨林の公園。

ちょっと時間が足りない感がありましたが、それでも楽しめました。

鳥を探すのが難しい熱帯雨林、声ばかりを聞いてなかなか姿を見られなかった鳥も多かったです^^;

また、近い将来に来たい場所になりました・・・

同行してくれたK君に感謝です。


ということで、本編は次回から。

| 野鳥 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 01

5/3。

長時間移動で疲れてはいたものの、滞在期間はわずか3日間。

ということで、夕方から探鳥開始。


まずは、どこででもたくさん見られたMagpie Robin。

150702Magpie Robin(シキチョウ)
(シキチョウ)

華やかな声で迎えてくれます。


部屋のベランダから、Spectacled Bulbul。

150702Spectacled Bulbul(コアカメチャイロヒヨ)
(コアカメチャイロヒヨ)

黄色いアイリングが特徴的。


類似種のRed-eyed Bulbulも、すぐ近くで見られました。

150702Red-eyed Bulbul(アカメチャイロヒヨ)
(アカメチャイロヒヨ)


近くでSlaty-backed Woodpecker(ボウシゲラ)の声がするももの、姿は見られず。


樹冠でごそごそしていた、Raffle's Malkoha。

150702Raffles Malkoha(クリイロバンケンモドキ)
(クリイロバンケンモドキ)


宿の周りの芝生の上をのそのそ歩いていた、Greater Coucal。

150702Greater Coucal(オオバンケン)1
(オオバンケン)


もっと、シャイな鳥だと思ってました・・・

150702Greater Coucal(オオバンケン)2


Tahan Hideへ移動しても、またもやGreater Coucal。

150702Greater Coucal(オオバンケン)3

どうやら、ここでは見やすい鳥のようですね。


飛びモノも2枚ほど。

150702Greater Coucal(オオバンケン)5

150702Greater Coucal(オオバンケン)4


Stripe-throated Bulbul。

150702Stripe-throated Bulbul(キビタイヒヨドリ)1
(キビタイヒヨドリ)

和名のとおり、黄色い顔が特徴的。

数羽で群れて見られることが多かったです。


さらに、森の中では・・・Buff-necked Woodpecker。

150702Buff-necked Woodpecker(カレハゲラ)1
(カレハゲラ)


私は全然気付かず、同行した嫁さんが見つけてくれました。

150702Buff-necked Woodpecker(カレハゲラ)2


他にもいくらか見られた鳥はあるのですが、やはり熱帯雨林。

見つけるのも、写真を撮るのもなかなか難しく、1日目に撮影できたのはこの程度でした。

夕方、最後の最後にRail Babbler(クイナチメドリ)の声は聞けたものの、姿を見ることはできず・・・

翌日以降に期待です。。


ちなみにこの日の夜は、ピックアップトラックの上から動物や鳥を探す、ナイトサファリに参加したものの、

White-throated Kingfisher(アオショウビン)とシロハラクイナを見ただけ・・・(汗

途中からは雨も降ってきて、残念な結果でした。。

| 野鳥 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 02

5/4。

この日は、朝食後に活動開始。

午前はTeresek Hill方面をぐるっと一周するコースを歩きます。


あちこちから、この鳥の囀りが聞こえてきます・・・

150705Abbotts Babbler(ハシブトムジチメドリ)
(ハシブトムジチメドリ)

Abbotts Babbler。

Babblerは地味な鳥が多いですが、声が特徴的な種が多いですね。

このAbotts Babblerは数が多く、あちこちから柔らかな囀りで楽しませてくれます。


お次は、Red-tailed Tailorbird。

150705Rufous-tailed Tailorbird(ズアカサイホウチョウ)

(ズアカサイホウチョウ)

もっと見られるかと思ったけど、案外チャンスは少なかった・・・


川沿いのキャンプサイトでひと休みしていると、上空から大きな羽音が・・・

Hornbill!

150705Wreathed Hornbill(シワコブサイチョウ)
(シワコブサイチョウ)

ちょっと距離があったので、肉眼では識別不能でしたが・・・・

Wreathed Hornbill。

予想に反して、今回見ることができたサイチョウはこれ1種だけでした(汗


この後、急激に鳥影が薄くなります・・・・

高い遠い樹冠で動き回る鳥・・・

150705Green Iora(ミドリヒメコノハドリ)
(ミドリヒメコノハドリ)

Green Iora。

動かないと、どこにいるのか分かりません(汗


気温がぐんぐん上がり暑くなる中、登山道のような道を登っていきます・・・

やっぱり鳥影は少なく、気力も削がれてきたときに私達の前に現れた1羽の白い鳥。


・・・Asian Paradise-flycatcher!

150705Asian Paradise-flycatcher(カワリサンコウチョウ)1
(カワリサンコウチョウ)

しかも、半島マレーシアでは比較的数が少ない白色型!!


3年前にボルネオで見ていたのですが、その時の雄は尾羽が短くて・・・・

それに比べて、今回の個体は

150705Asian Paradise-flycatcher(カワリサンコウチョウ)2

文句なく美しかったです。。


この鳥を見られて、随分と気力が回復。 我ながら単純です(汗

その後、Fairy Bluebird(ルリコノハドリ)が見られたものの、高く遠い枝の上。

Banded Kingfisherは(カザリショウビン)声が聞こえるだけ・・・

我慢の時間が続きます。。


それでも、歩いていれば何かしらは見られるもので。

150705Scarlet-rumped Trogon(コシアカキヌバネドリ)2
(コシアカキヌバネドリ)

Scarlet-rumped Trogon。

こちらは雌。


雄も一緒に行動していました。

150705Scarlet-rumped Trogon(コシアカキヌバネドリ)1

実に鮮烈な色遣いです。

しばらくの間、この鳥に目を奪われてしまいました・・・^^;

| 野鳥 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 03

5/4の続き。

Scarlet-rumped Trogonを見た後、宿へ戻る途中・・・

普通種ですが、見たいと思っていた鳥に出会えました。

150707Black-and-red Broadbill(クロアカヒロハシ)1
(クロアカヒロハシ)

Black-and-red Broadbill。


Broadbill好きな私にとって、たまらない出会いでした^^;

150707Black-and-red Broadbill(クロアカヒロハシ)2

しかし、この不思議な色の嘴には何の意味があるのでしょうね(汗


さらに、宿のすぐそばでWhite-rumped Shama。

150707White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)
(アカハラシキチョウ)

美しい鳥です。

声は非常に大きく、森の中に響き渡ります。


昼食後、3時頃までは昼寝。


宿のすぐそばで、Common Tailorbird。

150707Common Tailorbird(オナガサイホウチョウ)
(オナガサイホウチョウ)

思ったよりも愛想の良い鳥で、そんなに動かずに囀り続けてました。


そして、船に乗ってBlau hideへ。

遠くの木に何かとまってると、嫁さんが言うので、そこを見てみると・・・

150707Green Broadbill(ミドリヒロハシ)2
(Green Broadbill)

ミドリヒロハシ!

こちらは雄。

てか、何であの距離でこんなの見つけられるんだ・・・(汗


その後、別個体が飛んでくるのも見られました。

150707Green Broadbill(ミドリヒロハシ)1

こちらは雌。

どちらもちょっと遠かったですが、見たいと思っていた鳥のひとつ。



こちらは、あちこちで見られたGreater Racket-tailed Drongo。

150707Greater Racket-tailed Drongo(カザリオウチュウ)
(カザリオウチュウ)

ですが、すっきり抜けるところにはとまらず、肝心の尾羽が写真に入らない・・・(汗


さて、このBumbun Blauですが、ハイドの中で周りの声を聞いていると、割と近いところから

Malayan Banded Pitta(キマユシマヤイロチョウ)、Rail Babbler(クイナチメドリ)の声が聞こえてきます。

さらに、Crested Partiridge(カンムリシャコ)の声まで。


Rail Babblerに関しては、声のすぐそばまで行って、小一時間待ったでしょうか。

それでも、一目も見ることはできず・・・


Malayan Banded Pittaは声がやや遠かったので、ちょっと見るのは難しそう。


そんな感じで、やきもきしながらハイドの中で待っていた時。

視界の隅で、藪の中を動く黒い影。

双眼鏡で見ると、黒くて丸い体と赤い脚。

さらに見ていると・・・藪の中に見え隠れする美しい冠羽!!

Crested Partridgeの雄です!


しかし、それはほんの一瞬のこと。

友人や嫁さんに伝えるも、私以外はその姿を見ることすら叶いませんでした。

当然、カメラを構える余裕などなかったので、写真はありません・・・


が、実に嬉しい出会いでした。

こういうことがあるから、鳥見はやめられません。。


そして、船の迎えが来る直前、最後の最後でBlack-thighed Falconet。

150707Black-thighed Falconet(モモグロヒメハヤブサ)1
(モモグロヒメハヤブサ)

図鑑で見て「こんな小さいハヤブサがいるのか・・・!」と驚き、数年前から見たかった鳥でした。


行動も実に可愛らしく・・・



見られて嬉しかった。。


鳥影が少なく我慢の午前。声ばかりでじらされた午後。

それでもやっぱり信じて探せば報われるものですね。


この日の夜も雨だったので、夜探はせずにゆっくりと眠りました・・・

| 野鳥 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 04

5/5。

この日は未明に、ふと目をさましたときに、部屋のすぐ近くで

「ギャーギャギャギャ」

という特徴的な声を聞きます・・・。

旅行前に予習した声と一致していたので、朝起きて確認してみると、どうやらBlyth's Frogmouth。

見たい鳥だったので、すぐに外に出て探せば良かった・・・と後悔(汗


この日の午前は、前日の午後と同様に、Bumbun Blauで探鳥することに。

到着して間もなく、前日と同じ様に、Malayan Banded Pitta、Rail Babbler、Crested Partridgeの声が聞こえます。

この朝も、Crested Partiridgeはかなり近いところで鳴いていたが、その姿を確認することはできず。

Helmetted Hornbill(オナガサイチョウ)、Banded Kingfisher(カザリショウビン)も、複数羽の声がするも、姿を見られず。


ということで、午前に撮影したのはこれだけ・・・

150709Asian Paradise-flycatcher(カワリサンコウチョウ)
(カワリサンコウチョウ)

Asian Paradise-flycatcher。

この日は赤色型でしたが、近すぎて尾羽がフレームアウト・・・(汗


昼は少し休んだ後、私は宿の近くのイチジクの木の近くで座って鳥を待っていました。

上空を見ると、Germain's Swiftlet(たぶん)。

150709Germains Swiftlet(ジャワアナツバメ)
(ジャワアナツバメ?)


イチジクの木に来る数が多かったのは、Chick-billed Green Pigeon。

150709Thick-billed Green Pigeon(ハシブトアオバト)1
(ハシブトアオバト)


実を次から次へと食べてました・・・

150709Thick-billed Green Pigeon(ハシブトアオバト)2


他にも鳥はやって来ます。

Golden-whiskered Barbet。

150709Golden-whiskered Barbet(キホオゴシキドリ)
(キホオゴシキドリ)

枝被りですが(汗

その名の通り、頬が黄色いのが特徴。


同時に、Red-throated Barbet。

150709Red-throated Barbet(ノドアカゴシキドリ)
(ノドアカゴシキドリ)

こちらも名前の通り、真っ赤な喉が特徴。

ゴシキドリの仲間は派手な種が多く、パッと見は似ているのですが・・・

英名や和名が分かりやすく特徴を説明している種が多い気がします^^;


そして、もう1種は最も地味なゴシキドリかも・・・

Brown Barbet。

150709Brown Barbet(チャイロゴシキドリ)1
(チャイロゴシキドリ)


Brown Barbetはイチジクに関係なく、近くの木に10羽ほどの群れで飛来し、しばらく姿を観察させてくれました。

150709Brown Barbet(チャイロゴシキドリ)2

他のゴシキドリと比べると地味で体も小さめ。

それでも、赤い脚と太い嘴が印象的です。


と、Brown Barbetを観察していると、同じ木に飛んできたやや大きなグレーの鳥・・・

150709Red-billed Malkoha(アカハシバンケンモドキ)
(アカハシバンケンモドキ)

Red-billed Malkoha!

一瞬で飛び去ってしまったので、シャッターを押せたのはほんの数枚。


部屋のすぐ近く、ほんの1時間足らずでしたが、色々と観察できるものです・・・

| 野鳥 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 05

5/5。

昼休憩の後は、宿の近くのトレイルを散策。


Grey-cheeked Bulbul。

150719Grey-cheeked Bulbul(ハイガシラカンムリヒヨドリ)
(ハイガシラカンムリヒヨドリ)

Bulbulの仲間は地味で種数がやや多く、判別がやや難しい・・・。


Striped Tit-babbler。

150719Striped Tit-Babbler(ムナフムシクイチメドリ)
(ムナフムシクイチメドリ)

Babblerも地味な鳥は多いですが、声や姿が特徴的な種が多く、個人的にはBulbulよりずっと覚えやすいです^^;


こちらはChestnut-winged Babbler。

150719Chestnut-winged Babbler(アオメモリチメドリ)
(アオメモリチメドリ)

ド逆光で分かりづらいですが、和名のとおり目の周りが青いのが特徴的。

3年前にボルネオでも見ていたので、すぐにそれと分かりました。


林内を歩くやや大きな鳥影。

Crested Fireback。

しばらく待っていると、私達の進行方向の木道上に出てきました・・・

150719Crested Fireback(コシアカキジ)1
(コシアカキジ)

近くでフレームアウト寸前(汗


そしてほろ打ちを始めました・・・

150719Crested Fireback(コシアカキジ)2

暗くてブレ写真の量産でしたが(汗

これもボルネオで見ていた種ですが、その時はあまりじっくり見られなかったので・・・

こうやって見られると嬉しいものです。


お次は、Banded Woodpecker。

150719Banded Woodpecker(シマベニアオゲラ)1
(シマベニアオゲラ)

和名ではアオゲラの名が付いていますが、どう見ても赤い色が印象的。


順光の時は枝被りで、抜けたところでは逆光で・・・

150719Banded Woodpecker(シマベニアオゲラ)2

お決まりのパターンですね^^;


さらに散策は続きます・・・

| 野鳥 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 06

5/5、午後の探鳥の続き。


愛想良く木道上の枝に出てきてくれた、White-rumped Shama。

150719White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)1
(アカハラシキチョウ)

美しい鳥です。


華やかで大きな声で鳴くので、見つけるのも割と簡単。

150719White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)2

愛想が良かったので、ゆっくりと観察させていただきました・・・



尾羽をくいっと持ち上げる動作を何度も繰り返してました。

150719White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)3

これまた暗くてブレ写真量産でしたが、何枚かだけでも残って良かった。。


その後、日没まではピタッと鳥影が薄くなり・・・撤収。

この日は雨の心配も無さそうだったので、夕食後に宿周辺を散策することに。


遠くから、Long-billed Partiridge(ハシナガシャコ)の声が響いてきましたが、到底見られる距離ではありません・・・

しかし、この日は未明に声を聞いたBlyth's Frogmouthを探して歩きます。

すると、森の入口の方から、未明に聞いたあの声が。


その近くまで行き、暗闇の中で数回コールバックした後で、辺りを探すと・・・

150721Blyths Frogmouth(コガマグチヨタカ)1
(コガマグチヨタカ)

Blyth's Frogmouth!!

本当に見られるとは!!


別の角度から・・・と思い、地面に膝をついて撮影。。

150721Blyths Frogmouth(コガマグチヨタカ)2

大好きなFrogmouthを見られて感動です。。

しかし、また違うFrogmouthも見たくなりました・・・

≫ Read More

| 野鳥 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 07

5/6。

Taman Negara滞在の最終日。

この日は午前中しか鳥を見る時間を作れなかったため、朝食をパスして、早朝からBumbun Blauへ向かいました。

早朝の探鳥で狙うのは、Pitta、Rail Babbler、Crested Partiridge。


まず声が聞こえてきたのは、Malayan Banded Pitta。

割と近い場所で数声、callが聞こえたと思ったら、嫁さんが「今、そこをオレンジ色っぽい鳥が横切った・・・」と。

しばらくじっとすると、藪の隙間を2羽の鳥影が横切り、さらに待っていると・・・


トレイル上を素早く動く2羽の鳥影。

間違いなくMalayan Banded Pitta!

150723Malayan Banded Pitta(キマユシマヤイロチョウ)
(キマユシマヤイロチョウ)

雌雄でいたのですが、写真を撮れたのはほぼこの1カットのみ。

暗すぎてブレブレでした・・・

いつか、じっくり観察したい鳥が増えました(汗


この朝は、Garnet Pittaの声も割と近くでしていたので、1時間くらい木陰に身を潜めて待ちましたが・・・

鳥影すら確認することはできず。。


Rail Babblerも姿を見せず、Crested Partiridgeも遠くで声がするだけ。


少し遠かったですが、Scarlet-rumped Trogonの雄は姿を見せてくれました・・・

150723Scarlet-rumped Trogon(コシアカキヌバネドリ)
(コシアカキヌバネドリ)


船で宿の近くまで戻ったところで、探鳥も終了しようかという時。

前日の夕方に見た、Banded Woodpeckerが近くの木に飛んできました・・・

150723Banded Woodpecker(シマベニアオゲラ)2
(シマベニアオゲラ)

普通種ですが、キツツキの仲間は見られると嬉しいものです。

150723Banded Woodpecker(シマベニアオゲラ)3


ゆっくりとその姿を観察させてくれました。

150723Banded Woodpecker(シマベニアオゲラ)4


Taman Negaraで見られた鳥たちの紹介は、ようやく次回で最後になりそうです・・・

| 野鳥 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 08

5/6のTaman Negaraでの探鳥の続き。


宿のすぐ近くで聞こえてきたのは、Black-and-yellow Broadbillの特徴的な囀り。

あの声は、一度聞いたら忘れられません。。


声の聞こえてくる方を見ると・・・

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)1
(クビワヒロハシ)

すぐに見つかりました!


しかも、雄がディスプレイと思われる行動を。。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)2

翼を広げたり閉じたりしながら、尾羽を左右に振っています。。

可愛すぎる・・・。。。


"首輪"が胸でつながっていないのは雌の特徴。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)3


3年前にボルネオでその姿を見てから、すっかり惚れてしまった鳥です・・・

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)4


正面顔の可愛さも反則。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)5


雌雄並んで。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)7


翼の"Black-and-yellow"も鮮やかです。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)6


首を傾げるのも反則です・・・

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)8


皆が荷物をまとめに、宿に先に戻っている間に、自分1人で15分程楽しんでしまいました・・・(汗

でも、それくらい個人的にはお気に入りです^^;


最後は図鑑写真で。

150725Black-and-yellow Broadbill(クビワヒロハシ)9

現地では「これだけ観察させてもらえたら、次回はもういいかな・・・」なんて思っていたのですが、今では

「やっぱり、また見つけたらじっくり見たいな・・・」と思っている自分がいます(汗


皆さんも、東南アジアの熱帯林へ出かけることがあれば、是非この鳥を探してみてください・・・

きっと、虜になるはずです(笑


ということで、長くなりましたが、Taman Negaraでの探鳥はこれにて終了。


次回は、出会えた動物たちも少しだけ紹介しようと思います。

≫ Read More

| 野鳥 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 08

今日は、Taman Negaraで見られた動物たちなどを・・・


宿の近くをのそのそと歩き回る、Clouded Monitor。

150727Clouded Monitor(ベンガルオオトカゲ)
(ベンガルオオトカゲ)

これがそのへんの芝生を歩いているだけで、異国感は十分です。。


こちらも宿周辺に多かった、Long-tailed Macaque。

150727Long-tailed Macaque(カニクイザル)
(カニクイザル)

この写真は、屋根の上でくつろいでるところです・・・


鳥たちが集まるイチジクの木に来ていたのは・・・

Plaintain Squirrel。

150727Plaintain Squirrel(バナナリス)
(バナナリス)

もう少しで届く・・・!

・・・どうしてわざわざ遠い所の実を食べようとしているんでしょうか(汗

可愛さアピールですね。。


大きめの実も囓ってました。

150727Plaintain Squirrel(バナナリス)2



川縁では、吸水に集まる蝶たち・・・

種名は適当に調べただけなので、ちょっと不安ですが。

Tailed Jay Butterfly。

150727Small Striped Swordtail


これはたくさんいました。


蝶の群れの中には・・・

Tailed Jay Butterfly。

150727Tailed Jay Butterfly

緑色のミカドアゲハの様な印象の蝶です。


さらには・・・

Fivebar Swordtail。

150727Fivebar Swordtail(オナガタイマイ)
(オナガタイマイ)

美しい姿です。

日本ではこんな色合いの蝶は見られませんね・・・


こちらは、南西諸島で見られるものよりも、斑が少ない気がしますが・・・

Striped Blue Crow。

150727Striped Blue Crow(ツマムラサキマダラ)
(ツマムラサキマダラ)


そして、最後は植物を。

どうやら、Ginger(ショウガ)の1種らしいのですが・・・

150727Species of ginger


つい野鳥にばかり目を奪われてしまいますが、目についた動物や昆虫もできるだけ観察していきたいです。

| 動物 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Paya Indah Wetlands 01

5/6は昼食後にTaman Negaraを後にし、KLの空港に近いPutrajayaの宿までタクシーで移動。

5/7は昼過ぎの便で帰国する予定だったため、午前は近くのPaya Indah Wetlandsで探鳥することに。


到着するなり、目に入ったのはWhite-throated Kingfisher。

150729White-throated Kingfisher(アオショウビン)1
(アオショウビン)


こちらではごく普通種。

Taman Negaraでもたくさん見ましたが、ここでも・・・

150729White-throated Kingfisher(アオショウビン)2

でも、熱帯雨林より公園の方が見やすくていいですね^^;


Yellow-vented Bulbul。

150729Yellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)2
(メグロヒヨドリ)

こちらも、街中でも見られる普通種。


ついでに・・・House Crow。

150729House Crow(イエガラス)
(イエガラス)

ごみ箱を漁るあたり、やっぱりカラスですね。。


Spotted Dove。

150729Spotted Dove(カノコバト)
(カノコバト)


Peaceful Doveも。

150729Peaceful Dove(チョウショウバト)
(チョウショウバト)


湿地には、Yellow Bitternの姿。

150729Yellow Bittern(ヨシゴイ)
(ヨシゴイ)

この写真、どこに鳥がいるか分かりますか・・・?


Scarlet-backed Flowerpecker。

150729Scarlet-backed Flowerpecker(セアカハナドリ)1
(セアカハナドリ)


雌は愛想良くしてくれたのですが、雄は・・・

150729Scarlet-backed Flowerpecker(セアカハナドリ)2

日陰から出てこず(汗


GWのマレーシア探鳥記も、ようやく次回で終えられそうです・・・







| 野鳥 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Paya Indah Wetlands 02

5/7、Paya Indah Wetlands の続き。

この湿地、奧の方まで歩くと大きな池がいくつかあり、その辺りを探索するつもりだったのですが・・・

行こうとすると、公園の管理をしている方が「この先は危ないから、ガイド付きじゃないと入っちゃダメだ」と止められ・・・(汗

結局、目標にしていた奧まで行けず。。

手前でぶらぶらしているしかありませんでした。


Olieve-backed Sunbird。

150731Olive-backed Sunbird(キバラタイヨウチョウ)1
(キバラタイヨウチョウ)

この鳥は分布域が広く数も多いので、私でさえ何度も見てます・・・


Common Iora。

150731Common Iora(ヒメコノハドリ)1
(ヒメコノハドリ)

黄色が美しい鳥ですね。

こんな色の鳥がいるだけで、ドキッとしてしまいます・・・(汗


湿地にいた、Baya Weaver。

150731Baya Weaver(キムネコウヨウジャク)1
(キムネコウヨウジャク)

遠すぎます・・・(汗


この鳥、こんな巣を作るんですね~

150731Baya Weaver(キムネコウヨウジャク)2

湿地周辺にこんな巣がいくつもぶら下がっていました。。



上空を飛び交うのはアナツバメの仲間・・・

多分、Germains Swiftlet。

150731Germains Swiftlet(ジャワアナツバメ)1
(ジャワアナツバメ?)

アナツバメの識別にはいつも苦しめられます(汗


こちらはHimalayan Swiftletだと思うのですが・・・

150731Himalayan Swiftlet(ヒマラヤアナツバメ)1
(ヒマラヤアナツバメ?)

撮影も難しいので、後で検証するのもなかなか厳しい。。


草地で2羽、Red-wattled Lapwing。

150731Red-wattled Lapwing(インドトサカゲリ)1
(インドトサカゲリ)

冬鳥だと思っていたのですが、普通にいました^^;

日本のケリと同様、こちらを気にして鳴き散らしてましたね・・・


こちらは、日本では珍鳥のAsian Koel。

150731Asian Koel(オニカッコウ)
(オニカッコウ)

東南アジアでは普通種。

あちこちであの「コーエル」の声を聞くことができます。


最後は・・・Pied Triller。

150731Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)
(マダラナキサンショウクイ)

翼の大きな白色部が印象的。

これも普通に見られるんですね~


と、最終日は暑い公園をまったり散歩して終了。

この後ホテルに戻ってシャワーを浴びた後、KLの空港へと向かいました・・・


日本からのアクセスが比較的良い半島マレーシア。

次はまた違う時期にも、違う場所にも行ってみたいと思いました!

≫ Read More

| 野鳥 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月