「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

≫ EDIT

3/26-27 河北潟、海岸など

3/26,27は、近場で探鳥。


ムクドリ。

161015ムクドリ1
(White-cheeked Starling)

条件の良さそうな時には、普通種にもカメラを向けます。


コガモ雌。

161015コガモ1
(Eurasian Teal)

non-br.→br.


コチドリ。

161015コチドリ2
(Little Ringed Plover)


図鑑写真。

161015コチドリ1


海岸へ移動して・・・

カモメ。

161015カモメ1
(Common Gull)


カワウ。

161015カワウ1
(Great Cormorant)

カワウも、これまであまり写真撮ってませんでしたね・・・(汗


そして・・・オシドリ。

161015オシドリ1
(Mandarin Duck)

雄が2羽で砂浜の海岸を歩いていました。


砂浜のイメージがない・・・(汗

161015オシドリ2

ですが、美しいことには変わりなく。


公園へ移動して・・・

カルガモ。

161015カルガモ1
(Spot-billed Duck)

ちょっと自信がないですが・・・雄adでしょうか?


こちらは雌。

161015カルガモ2

non-br.→br.


そしてこの個体は・・・

161015カルガモ×マガモ?1

一見カルガモに見えますが、胸に赤みがあり、尾羽がやや上に曲がっているので、おそらくマガモとの交雑個体。

ここまでカルガモよりだと、マガモの血は1/4以下でしょうか・・・


最後は・・・愛らしいジョウビタキ雄。

161015ジョウビタキ1
(Daurian Redstart)


遠征もいいですが・・・近場の散策も、楽しいものです。

≫ Read More

| 野鳥 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/2 Spring Ephemeral

4/2。

春の陽気に誘われて、近場の森林公園を散歩。

林床には、多くのタチツボスミレ。

161016タチツボスミレ1

透き通るような青紫色。


ちょっと色が薄いショウジョウバカマ。

161016ショウジョウバカマ



午後からは、さらに山の方へと移動・・・

斜面にはカタクリの群落。

161016カタクリ2


年に1度、見に行きたくなります。

161016カタクリ1


少し青みのあるキクザキイチゲ。

161016キクザキイチゲ1


淡い色が春らしい、ヤマエンゴサク。

161016ヤマエンゴサク


ミヤマキケマンの花も満開。

161016ミヤマキケマン


ちょっと湿り気のある暗い林床では・・・スミレサイシン。

161016スミレサイシン1


こちらも花盛りのようで、あちこちで花を咲かせていました。

161016スミレサイシン2


オオタチツボスミレ。

161016オオタチツボスミレ


フデリンドウはもっと咲いていたと思うのですが・・・見つけられたのは少しだけ。

161016フデリンドウ


タチツボスミレに飛来したギフチョウ。

161016ギフチョウ


沢沿いに多く生えるネコノメソウと・・・

161016ネコノメソウ


ホクリクネコノメソウ。

161016ホクリクネコノメソウ1


ちょっと目線を上げると、キブシの花。

161016キブシ


対岸の斜面に目をやると・・・コブシも満開。

161016コブシ1


最後は、この日は数株しか見つけられなかったイワウチワ。

161016イワウチワ

トクワカソウとも呼ばれています。



春ですね・・・

この記事を書いている今は、もうすっかり秋ですが・・・(汗

≫ Read More

| 植物 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/9 海岸のスミレ

4/9。

今年も、イソスミレの撮影に出かけてきました。

161017イソスミレ1


これまで、花期のピークに合わせて訪れることがなかなかできなかったのですが・・・

161017イソスミレ2


今年は良い時期に来られたようで、良い状態の花が多く咲いていました。

161017イソスミレ3


群落の写真を撮るのは苦手ですが、レンズを変えたり構図を変えたりして試行錯誤(汗

161017イソスミレ4


いつもはこんな写真ばかりなので、ちょっと新鮮な感じです。

161017イソスミレ5


同じ株を撮影するにしても、縦位置で撮影するのと・・・

161017イソスミレ6


横位置で撮影するのとでは・・・

161017イソスミレ7

群落の花の多さ、背景の雰囲気など、伝わるものが違います。


やっぱり引きの写真は苦手。。

161017イソスミレ8

でも、他の方の写真を見て「いいなー」って思うものには、引きの写真が多いんです。

ということで、センスの無い私のような者が上手くなるためには、それだけの場数を撮らなければなりませんね^^;


ちょっと逆光で。

161017イソスミレ9

この株も、どういう構図にしようか悩みました・・・

結果がこれ(汗



この日はイソスミレの状態が良かったので、イソスミレの撮影にほぼ全ての時間を費やしましたが・・・

アナマスミレも2枚だけ^^;

161017アナマスミレ1

いつもの構図です(笑


もう1枚。

161017アナマスミレ2

やっぱりこういう構図が落ち着きます^^;

≫ Read More

| 野鳥 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/10 春の山歩き

4/10。

この日は、寝坊からの・・・山。

目的は、前の週にあまり見られなかったこの花。

161020イワウチワ1

イワウチワ。


悪路の林道を20分ほど走ったところが登山口。

161020イワウチワ2


そこから少し歩くと、登山道沿いのあちこちで花を咲かせていました。

161020イワウチワ3


ただ、まだ雪解け直後で・・・満開にはあと1週間といったところ。

161020イワウチワ4


それでも、咲き始めの新鮮な花ばかりで・・・被写体に困ることはありませんでした。

161020イワウチワ5


しかし、撮影に夢中になっていると、段々と空模様が怪しくなってきたので・・・

山頂を踏まずに撤退^^;

161020イワウチワ6


登山口でアナグマに遭遇しましたが・・・写真を撮る前に逃げてしまいました・・・


帰りは、林道沿いを散策。

花弁の色が薄いタチツボスミレ。

161020タチツボスミレ1


オオタチツボスミレもあちこちに。

161020オオタチツボスミレ


花のアップ。

161020オオタチツボスミレ2


雪解け直後の場所では、ショウジョウバカマもまだこんな感じ・・・

161020ショウジョウバカマ1



目に飛び込んでくる、ユキグニミツバツツジの赤い花。

161020ユキグニミツバツツジ1


小さくて見落としそうになる、マキノスミレ。

161020マキノスミレ1


上向きの葉、濃い花の色から、典型的なマキノ。

161020マキノスミレ2


横からも。

葉裏の紫色も淡いですね。

161020マキノスミレ3

シハイスミレを見たことがないので、西日本の典型的なシハイも見てみたいです。


トキワイカリソウ。

161020トキワイカリソウ1


ナガハシスミレ。

161020ナガハシスミレ1

他の場所では見つからなかったのですが、ここでは群生していました。


最後は・・・ハルユキノシタ。

161020ハルユキノシタ1


以前から見たいと思っていた、ユキノシタ属の1種。

決して珍しいわけではないので、そのうち見られると思っていましたが・・・

161020ハルユキノシタ3

やはり、この花の造形は魅力的です。


もう少しアップで・・・

161020ハルユキノシタ2


春、少し山を歩いただけで、これだけの美しい花が見つかる季節。

やっぱり散歩したくなります。

花粉症じゃなければ、もっともっと歩きたいのですが・・・(汗

| 植物 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/16 舳倉島

4/16。

やっぱり舳倉へ・・・


港の防波堤にはたくさんのヒメウ。

161022ヒメウ
(Pelagic Cormorant)


島に着くと、上空を舞うハイタカ。

161022ハイタカ1
(Eurasian Sparrowhawk)

この個体の他、成鳥も見かけました。


ノビタキ雌。

161022ノビタキ1
(Common Stonechat)


161022ノビタキ2


愛想の良い、オオルリの雄。

161022オオルリ1
(Blue-and-white Flycatcher)


腹の枝・・・(汗

161022オオルリ2


あと、図鑑提供用のムネアカタヒバリ。

161022ムネアカタヒバリ1
(Red-throated Pipit)

この鳥も、抜けの良い所でバッチリ撮ろうと思うと難しいです・・・

警戒心が強い個体も多いですね。

≫ Read More

| 野鳥 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/17 河北潟

4/17。

この日は河北潟で探鳥。


見合う2羽のキジと、写真の隅でトビを追い払うケリ。

161023キジ1
(Common Pheasant)


この2羽のキジ、しばらくすると小競り合いを始めました・・・

161023キジ2

美しい。。


まだ残っていたコチョウゲンボウ。

161023コチョウゲンボウ
(Merlin)


こちらも残っていたノスリ。

161023ノスリ1
(Common Buzzard)

虹彩の色からすると、幼鳥。


飛び立ち・・・

161023ノスリ2


161023ノスリ3


田植え前の水田にオオソリハシシギ。

161023オオソリハシシギ1
(Bar-tailed Godwit)


伸びー・・・

161023オオソリハシシギ2


オオソリハシシギを観察していると、ハクセキレイが近くまで。

161023ハクセキレイ1


あと、夏羽に換羽中のトウネンも。

161023トウネン1
(Red-necked Stint)

≫ Read More

| 野鳥 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/23 舳倉島

4/23。

この日も日帰りで舳倉へ。


ハイライトはこの鳥・・・

161024クロジョウビタキ2
(Black Redstart)

クロジョウビタキ。


4年ぶりの再会。

161024クロジョウビタキ1


前回は雄だったので、雌を見たのは初めてでした。

161024クロジョウビタキ3


他には、愛想良しのキビタキ雄。

図鑑写真で・・・

161024キビタキ1
(Narcissus Flycatcher)


餌探しに夢中のシロハラ。

161024シロハラ
(Pale Thrush)


ヤツガシラも。

161024ヤツガシラ
(Hoopie)


そしてこの日は、帰りの航路でもう一つのハイライト。

オオミズナギドリの群れに混じって、黒いミズナギドリが・・・

161024アカアシミズナギドリ2
(Flesh-footed Shearwater)

アカアシミズナギドリ。


舳倉航路ではたまに見かけることがありますが・・・

161024アカアシミズナギドリ3


条件良く船の近くを併走してくれることは、なかなかありません。

161024アカアシミズナギドリ4


ただ、甲板にいても潮をかぶる程度には荒れていたので、ファインダーに入れるのが大変でした・・・

曇っていたので、SSも上がらず、ブレ写真も多かったです(汗

161024アカアシミズナギドリ1

アカアシより見かける機会の少ないハシボソミズナギドリも観察でき、個人的には嬉しい航路でした。


さて、次回からしばらくは、GWの遠征記録を綴っていきます。

≫ Read More

| 野鳥 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月