「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

≫ EDIT

Birding in North-East India

今年のGWは、インドへ行ってきました。

インドと行っても、最も北東に位置するArnachal Pradesh。中国との国境地域です。


しかし今回の遠征、行く前から色々と難関が・・・

・予約していたインドの国内線の時間が数時間変更→キャンセルして取り直すことに。

・噂どおりだが、ビザ取得が面倒。(今日のオマケにやや詳しく書いてあります)

・出発の1ヶ月前に、企画してくれたMさんが急遽行けなくなることに。

・6月に重た~い仕事入り、その対応のせいで自分の仕事がかなり忙しく休みを取れるか微妙な状態に。


それでもどうにか、行ってくることができました。

現地ガイドの話では、日本人バーダーが来たことがないのではないか・・・との話。

そんな非常に貴重な経験だったので、今回の大まかな旅程を記しておきます。


4/28
17:55 成田空港発 → 24:10 デリー国際空港第着
(空港ラウンジ泊)


4/29
10:50 デリー国際空港発 → 13:25 ディブルガル空港着
ガイドと合流し、車でTinsukiaへ移動。
(Tinsukia泊)

161116Tinsukia.jpg
Tinsukiaのホテルの窓からの景色


4/30
7:00頃にホテル発、車→船→車と乗り継いで、14:00頃にRoingに到着。
元々の予定ではMishimiまで移動して宿泊する予定だったが、急遽Roing泊に。
(Roing泊)


161116道端の牛
インドと言えば牛。どこにでもたくさんいる。


161116悪路を行く
Roingまでは悪路が続く。


161116Roingの街
Roingの街の様子。決して美しくはない。


5/1
早朝発で探鳥しながら、車でMishimiへ移動。
昼前にMishimiの宿に到着し、午後から探鳥開始。夜も1時間半だけ探鳥。
(Mishimi Hills泊)


161116Mishimiの宿
Mishimiの宿。基本的に電気は通っていない。


161116発電機
そこで活躍するのがこの発電機。 夕方の3時間だけ宿に電気を供給してくれる。 YAMAHA製!


5/2~5/5
終日、Mishimiで探鳥。
(Mishimi Hills泊)


161116宿からの景色
標高約2,600mの宿からの景色。天気が良ければ絶景。


161116Mishimi Hills
Mishimi Hillsでは、基本的にこの道沿いを歩いて探鳥。


5/6
Mishimiを出発し、下山しながら探鳥。
昼にRoing着、さらに行きとほぼ同じルートでTinsukia近郊のMaguri Beelへ。
(Maguri Beel泊)


161116頼りない船
こんな頼りない船に車を乗せ、大河を渡る。


161116アッサムの茶畑
アッサムの茶畑。


5/7
早朝5:00から4時間だけ、Maguri Beelで探鳥。
10時過ぎにMaguri Beelを出発し、ディブルガル空港へ。
13:55 ディブルガル空港発→ (グワーハーティ空港経由)→ 17:55 デリー国際空港着


161116Maguri Beel
Maguri Beelの環境。


5/8
01:25 デリー国際空港発 → 13:00 成田空港着



そして、現地でもハプニングに巻き込まれるのですが・・・

これはまた後日にでも。


≫ Read More

| 野鳥 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月