「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

≫ EDIT

8/10-18 Birding in Mt.Arfuk 02 −Western Parotia−

ここのところ、仕事から帰ってからほとんど時間が作れず・・・

久々の更新になってしまいました。

せめて、1年遅れの更新にならないように頑張ります・・・(汗


さて、Arfukでの探鳥2日目。

この日は早朝、暗いうちに宿を出発し、少し山登り。

ガイドが1〜1.5時間と行っていた山道ですが・・・前を歩く皆さんが俊足で40分で到着(汗

真っ暗な日の出前、5:10にハイドに入ります。

そう、この日の朝の狙いは・・・この旅のメインターゲット。

Western Parotia。


ハイドに入ってから1時間待てど・・・目的の鳥は現れず。

その間に姿を見せてくれた、Blue-grey Robin(Slaty Robin)。

Blue-grey Robin(ネズミパプアヒタキ)01
(ネズミパプアヒタキ)


地味ですが・・・グレーの鳥も好みです。

Blue-grey Robin(ネズミパプアヒタキ)02

クロジと同じような魅力があります。


ハイドに入ってから約1時間半くらい経った頃でしょうか・・・

突然、黒く大きな鳥が目の前に舞い降ります。

そう、待ちに待ったWestern Parotia! 雄です!

しかし、すぐに飛び去ってしまいました・・・


その後、近くで声はするものの1時間ほど姿を見ることなく待ち続けます。

そして07:30頃だったでしょうか。

茶色い鳥が近くの枝にやってきました。

Western Parotiaの雌!

すると、待っていたかのように雄も降りてきて・・・!


まずは踊り場の掃除。

Western Parotia(カンザシフウチョウ)03
(カンザシフウチョウ)


喉の光沢・・・美しすぎます・・・

Western Parotia(カンザシフウチョウ)02


横から見ると、カラスに近縁なだけあって・・・

Western Parotia(カンザシフウチョウ)01

それでも、水色の虹彩と冠羽が只者ではありません・・・(汗


雌は数回降りてきましたが、決まってこの枝にとまりました。

Western Parotia(カンザシフウチョウ)04

よく見ると、雌も雨覆いの形が素敵過ぎます・・・


しかし、やはり雄の魅力に勝てず、私はあまり雌を撮影してませんでした・・・(汗

Western Parotia(カンザシフウチョウ)07



雄の頭は光沢のある茶色。brown silverとでも言うんでしょうか?

Western Parotia(カンザシフウチョウ)05


雌と同じ枝にも頻繁に。

Western Parotia(カンザシフウチョウ)08


見上げる形だと、喉の金属光沢がよりはっきり見えます。

Western Parotia(カンザシフウチョウ)11


ぶるるっと体を震わせると、こんな素敵な姿に・・・!

Western Parotia(カンザシフウチョウ)12


正面から見ると・・・

Western Parotia(カンザシフウチョウ)09

体が♡型・・・(汗


そして彼は一度だけ、我々の前でダンスを踊ってくれました・・・

Western Parotia(カンザシフウチョウ)10

暗くて写真はアレでしたが・・・

この時はもう・・・感激で・・・夢のような時間でした。


そして、雌雄が愛想よく出てきてくれたのは30分程度の時間。

Western Parotia(カンザシフウチョウ)14

しかしそれでも私たちは、もう満ち足りた気分になっていました・・・

今回の旅のメインターゲットを好条件で観察でき、実に幸運でした。

≫ Read More

| 野鳥 | 15:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8/10-18 Birding in Mt. Arfuk (West Papua) 03

Western Parotiaを観察した後、午前中は周辺の森を散策。


Canary Flyrobin。

Canary Flyrobin(パプアオリーブヒタキ)01
(パプアオリーブヒタキ)

高い木の上、逆光・・・こんな条件でしか撮影できず(汗


Sclater's Whisler。

Sclaters Whisler(ズグロモズヒタキ)01
(ズグロモズヒタキ)

こちらは雌。

パプアの山地では割と広域に生息しているものの、ニューギニア島の固有種。


こちらが雄。

Sclaters Whisler(ズグロモズヒタキ)02

Mt.Arfukのものは、この地域(Vogelkop)は固有亜種になるようです。


そしてこちらが・・・Vogelkop Whistler。

Vogelkop Whisler(ハイガシラモズヒタキ)01
(ハイガシラモズヒタキ)

こんな見上げの写真で分かるかっ!!と言われそうですが・・・(汗

他の山地でも記録があるそうですが、ほぼMt.Arfuk周辺の固有種のようです。


お次は・・・Arfuk Honeyeater(Western Smoky Honeyeater)。

Arfuk Honeyeater Western Smoky Honeyeater(ニシキホオミツスイ)01
(ニシキホオミツスイ)

英名のとおり、この地域の固有種。見たいと思っていた狙いの1種です。

あちこちで鳴いていたので個体数はかなり多いようですが、姿をしっかり見る機会は多くはありませんでした。


そして、お次は私好みの鳥・・・

Black-breasted Boatbill。

Black-breasted Boatbill(ムナグロハシビロヒタキ)01
(ムナグロハシビロヒタキ)

Boatbillはケアンズで観察できたYellow-breasted Boatbillとこの種の2種しかいません・・・


つまり、これで世界のBoatbillを種としては全て見たことに。

Black-breasted Boatbill(ムナグロハシビロヒタキ)02

小さくて動きが素早いですが・・・頭でっかちで可愛らしい・・・


そして何と言っても・・・“Boatbill”

Black-breasted Boatbill(ムナグロハシビロヒタキ)03

私にはこの嘴がたまりません(笑


横から見るだけだと、一見普通なんですが・・・

Black-breasted Boatbill(ムナグロハシビロヒタキ)04


愛想良く見られて良かったです。

Black-breasted Boatbill(ムナグロハシビロヒタキ)05

割と宿から近い森で何度か数羽の群れを見かけたので、数は少なくないようです。

これもニューギニア島の固有種。



今日の最後は、姿をほとんど見せてくれなかったRufous-naped Bellbird。

Rufous-naped Bellbird(アカエリモズヒタキ)01
(アカエリモズヒタキ)

shyなのかよく分かりませんが・・・私たちが見ている間は全身を見せてくれませんでした・・・

って、いくら何でもひどい写真ですね^^;

この鳥もニューギニア島の固有種・・・って、書いてると、多くが固有種な気がします(汗

| 野鳥 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月