「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 06

12/30。

宿で昼食を食べながら鳥を見ます。

Spuare-tailed Black Bulbul。

Square-tailed Black Bulbul(インドクロヒヨドリ)04
(インドクロヒヨドリ)


日本のヒヨドリ以上に愛想の良い鳥です。

Square-tailed Black Bulbul(インドクロヒヨドリ)05


日本でもお馴染みの、Asian Brown Flycatcher。

Asian Brown Flycatcher(コサメビタキ)
(コサメビタキ)

ここでも越冬してるんですね。


餌台にやってきた、Yellow-browed Bulbul。

Yellow-browed Bulbul(キマユヒヨドリ)01
(キマユヒヨドリ)

インドでも南部にしか分布しない本種。

低地で何度か見かけましたが、撮影のチャンスは多くなかった・・・


空に目を移すと・・・

Indian Swiftletが複数羽で飛び回っています。

Indian Swiftlet(インドショクヨウアナツバメ)01
(インドショクヨウアナツバメ)


しかし、写真を撮るのが難しくて苦戦。。

Indian Swiftlet(インドショクヨウアナツバメ)02


中には・・・Sri Lanka Swallowの姿も・・・!

Sri Lanka Swallow01

下面が真っ赤。。

スリランカ固有種、14種目。


Oriental Honey Buzzardの姿も。

Oriental Honey Buzzard(ハチクマ)01
(ハチクマ)


昼食を終えて、いざ出発しようとしたところで、Sri Lanka Blue Magpieの声が。

Sri Lanka Blue Magpie(セイロンサンジャク)01
(セイロンサンジャク)

この鳥もまた、メインターゲットの1種。


もちろん固有種です。15種目。

Sri Lanka Blue Magpie(セイロンサンジャク)02

できればもう少しゆっくり観察したかったですが、しばらくすると森の中へと消えていきました・・・


その後、ガイドがFrogmouthを見に行こうというのでついていくと・・・

ものすごく分かりづらい場所で・・・

Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)01
(セイロンガマグチヨタカ)

Sri Lanka Frogmouth!!

個人的にはメインターゲットだった鳥です。


名前にSri Lankaと付きますが、インド南部にも局所的に分布するので、固有種ではありません。

Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)02

しかし前評判どおり、私にはツボでした・・・この鳥好きです・・・(汗

灰色味が強い方が雄、赤味が強い方が雌。


この日も前日の午後と同様、森の中を散策。

バードウェーブに混じるSri Lanka Scimitar Babbler。

Sri Lanka Scimitar Babbler(スリランカマルハシ)01

Scimitar Babblerらしく、なかなかスッキリしたところには出てくれず・・・写真はこれが精一杯でした。

固有種はこれで16種目。


前日に見たRed-faced Malkohaも。

Red-faced Malkoha(アカガオバンケンモドキ)02


さらに・・・Sri Lanka Drongo。

Sri Lanka Drongo01

カザリオウチュウと同種とされていたらしいですが・・・全然違いますね(汗


スリランカでも南西部に分布しています。

Sri Lanka Drongo02

これも固有種・・・17種目。


そしてこの日の夕方も、前日と同様にSri Lanka Thrushを探して歩き回ります。

どうしてもShinharaja周辺で見ておかなければ、今回のツアーでは見る機会が無いであろう固有種は、

この時点で White-faced Mynaと、Sri Lanka Thrushの2種。

ただ、White-faced Mynaは、写真は撮れなかったものの、上空を鳴きながら通過する姿をどうにか見ていたので・・・固有種18種。


こうなると、必然的にSri Lanka Thrushにプレッシャーがかかるわけで。

早朝と夕方以外はほぼ観察のチャンスがなく、かなりshyで観察は難しい鳥。

2時間ほど歩き回り、何度声を聞いてもまともに姿を見ることができず・・・

声のする場所で30分くらい待って、17時を過ぎ、雨雲が近づき、暗くなってきたので・・・

宿へ帰ろうかとした、まさにその時。


いい大きさの鳥が地上から樹上へと飛び上がります。

慌てて双眼鏡を当てると・・・

Sri Lanka Thrush(セイロントラツグミ)01
(セイロントラツグミ)

Sri Lanka Thrush!!


しかもこんなにバッチリ近くで見られるとは・・・この時は本当に嬉しかったです。

Sri Lanka Thrush(セイロントラツグミ)02

同行者とガイドとガッチリ握手してガッツポーズ。

この枝で10分くらいじっとしてくれ・・・その後林内に飛び去りました。

固有種19種目。


それから宿に戻る間、雨が待っていたかのように降り出し、すぐに土砂降りに・・・

しかし、心満たされた私たちには苦ではありませんでした。

ここまでの旅は実に順調で、この先どこに落とし穴があるのかと不安になるくらいでした・・・


充実した午後もこれで終了。

翌日は・・・また次回に。

| 野鳥 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 07

12/31、大晦日の朝。

早朝、デッキでSri Lanka Blue Magpie。

Sri Lanka Blue Magpie(セイロンサンジャク)06
(セイロンサンジャク)


近いんですが・・・暗くて・・・しかも横を向いてくれない・・・(汗

Sri Lanka Blue Magpie(セイロンサンジャク)04


Sri Lanka Hill Myna。

Sri Lanka Hill Myna(セイロンキュウカンチョウ)02
(セイロンキュウカンチョウ)

早朝の空抜け・・・写真は厳しいですね。

見晴らしの良い場所で、前日に撮り逃したWhite-faced Mynaを待ちますが・・・声だけで姿を見ることはできず。


その代わりに・・・Sri Lanka Grey Hornbillが!

Sri Lanka Grey Hornbill(スリランカコサイチョウ)01
(スリランカコサイチョウ)


近くの木の枝に・・・

Sri Lanka Grey Hornbill(スリランカコサイチョウ)02


警戒心は強くないようで・・・

Sri Lanka Grey Hornbill(スリランカコサイチョウ)03


目の前で採餌してくれました。

Sri Lanka Grey Hornbill(スリランカコサイチョウ)04

この鳥もスリランカ固有種。早くも20種目!


遠くを飛ぶIndian Pond Heron。

Indian Pond Heron(インドアカガシラサギ)01
(インドアカガシラサギ)


Purple-rumped Sunbird。

Purple-rumped Sunbird(クリセタイヨウチョウ)01
(クリセタイヨウチョウ)


インド中南部~バングラデシュ辺りまで、割と広域に分布しています。

Purple-rumped Sunbird(クリセタイヨウチョウ)02


やっぱりSunbirdは美しい・・・

Purple-rumped Sunbird(クリセタイヨウチョウ)03


Brown-breasted Flycatcher。

Brown-breasted Flycatcher(チャムネサメビタキ)03
(チャムネサメビタキ)


この鳥は愛想良いしカワイイしあちこちにいるし・・・

Brown-breasted Flycatcher(チャムネサメビタキ)04

すっかりお気に入り。。

ついつい撮っちゃいます。


道のすぐ脇でガサゴソしていた、Brown-capped Babbler。

Brown-capped Babbler(セイロンジチメドリ)01
(セイロンジチメドリ)

近すぎます・・・(汗


スリランカ固有種。21種目。

Brown-capped Babbler(セイロンジチメドリ)02

藪の中を歩いてるんですね。


実は初日にも同じ場所で見ていたんですが、写真がイマイチだったので・・・(汗

Brown-capped Babbler(セイロンジチメドリ)03

最後に写真もバッチリ撮れて大満足。


これでShinharajaで探鳥の行程を終え、次の目的地、Udawalawaへと移動を始めます。


最後の最後に、餌台でSri Lanka Grey Hornbillがお見送り^^;

Sri Lanka Grey Hornbill(スリランカコサイチョウ)05


2泊3日、濃密であっと言う間のShinharaja滞在でした・・・

| 野鳥 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 08 -Sri Lanka Frogmouth-

12/31。

Shinharajaでの探鳥を終えて、車で次の目的地のUdawalawaへ移動します。


Shinharajaの宿を出発してまもなく、ガイドが車中から何かを見つけた様子。

車をバックさせます。

指差す先には・・・

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)03
(セイロンガマグチヨタカ)

Sri Lanka Frogmouth!!


前日の個体は非常に見づらい位置だったのですが・・・

今回は1羽ですが、目線でとても見やすい位置。

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)05



移動途中とは言え、私がどうしても見たい種だったので・・・10分ほどかけて撮影させてもらいました。

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)06

・・・最高です。。


横向きも。

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)09


とは言え、日中は動きのほとんど無い鳥なので、しばらくで移動。

少し進んだ辺りで、道端の男とガイドが何やら話をしています。

すると、どうやらその男について行ってこいと・・・

男は、ちょっと斜面を登ったとこでの藪の中を指差しています。

藪の中を覗いてみると・・・

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)10

またもやSri Lanka Frogmouth。

この辺り、数はかなり多いんでしょうね。

そして地域の方々でも有名な鳥なのでしょうか・・・


雌雄で身を寄せあう姿が可愛くて・・・

171113Sri Lanka Frogmouth(セイロンガマグチヨタカ)11

私は1人大興奮でした・・・(笑

やっぱりFrogmouthは堪りません。。


Udawalawaはまた次回以降に・・・^^;

| 野鳥 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 09

12/31。

Shinharajaを出発し、車で2時間強の移動。

昼前くらいにUdawalawaに到着。

宿の少し手前の草地で、弁当を食べながら軽く探鳥。

Crimson-fronted Barbet。

Crimson-fronted Barbet(ヒノドゴシキドリ)01
(ヒノドゴシキドリ)

写真には2羽写ってますね。

これもまたスリランカ固有種。22種目。

Sri Lanka Barbetとも呼ばれます。

もう少し近くで観察したかった・・・


White-bellied Sea Eagle。

White-bellied Sea Eagle(シロハラウミワシ)02
(シロハラウミワシ)

東南アジアなどで、これまで何度も見てきた本種ですが、実は写真を撮るのは今回が初めて・・・


上空を見れば、Alpine Swiftが飛び回っています。

Alpine Swift(シロハラアマツバメ)01
(シロハラアマツバメ)

特徴的な下面に・・・


上面も。

Alpine Swift(シロハラアマツバメ)02

インド以西では広域に分布する本種ですが、私はこれが初めてでした。


Brown Shrike。

Brown Shrike(アカモズ)01
(アカモズ)

スリランカで越冬するのは亜種cristatus(カラアカモズ)とされているようですが・・・


Loten's Sunbird。

Lotens Sunbird(クリムネタイヨウチョウ)01
(クリムネタイヨウチョウ)

スリランカ以外ではインド南部にも生息しているようですが、決して広域ではないため、スリランカで見ておきたい種のひとつ。


草地ならどこにでもいるイメージのGrey-breasted Prinia。

Grey-breasted Prinia(ハイムネハウチワドリ)
(ハイムネハウチワドリ)

インド~東南アジアに広く分布しています。


一旦、宿に荷物を置いて・・・専用ジープに乗って再出発。

ジープから降りられない保護区での探鳥です。

管理棟みたいな所に立ち寄っていると、上空をWooly-necked Storkが通過。

Wooly-necked Stork(エンビコウ)01
(エンビコウ)


道路脇でヒラヒラと採餌しているのは、Green Bee-eater。

Green Bee-eater(ミドリハチクイ)
(ミドリハチクイ)

この鳥は・・・もっと撮ってけば良かったと後悔。。


しかし、休む暇なく次々と鳥が出続けます。

Crested Hawk Eagle。

171115Crested Hawk Eagle(カンムリクマタカ)02
(カンムリクマタカ)

どうやら当地では普通種のようです。

HBWでは、Changeable Hawk Eagle(カワリクマタカ)の1亜種とされていますね。


Paddyfield Pipit(たぶん)。

171115Paddyfield Pipit(ヒメマミジロタヒバリ)01
(ヒメマミジロタヒバリ)

マミジロタヒバリ類の識別の自信を失いました・・・(汗


Plaiin Prinia。

171115Plain Prinia(マミハウチワドリ)01
(マミハウチワドリ)

日本でも記録のある種ですが、スリランカでも見られるんですね。


そして、ここの人気者・・・Indian Peafowl。

171115Indian Peafowl(インドクジャク)01
(インドクジャク)

もちろん、ここでは移入種ではなく在来種。

これは2羽とも雌でしょうか。また雄は後日紹介します。


Blyth's Reed Warbler。

171115Blyths Reed Warbler(ヤブヨシキリ)01
(ヤブヨシキリ)

日本のウグイスのように、ちょっとした藪があればどこにでもいる鳥でした。

ただ、やっぱりシャイで見にくい!

171115Blyths Reed Warbler(ヤブヨシキリ)02


Rosy Starlingが群れで飛び回っていました。

171115Rosy Starling(バライロムクドリ)01
(バライロムクドリ)

これも日本的珍鳥。

・・・ですが、まともな写真を残せず(泣


この鳥はインパクトが大きかったです・・・Painted Stork。

171115Painted Stork(インドトキコウ)03
(インドトキコウ)

決して上品さはなく・・・ただただ目立ちます。。


以前からちょっと気になっていた、Yellow-eyed Babbler。

171115Yellow-eyed Babbler(キンメセンニュウチメドリ)01
(キンメセンニュウチメドリ)


センニュウチメドリって和名だけ聞くと・・・なんだかもう見られそうに無い印象を受けますが、そんなことはなく。

数羽の群れで行動していて、割と藪から出てくるシーンもありました。

Yellow-eyed Babbler(キンメセンニュウチメドリ)02


今日の最後は・・・Jungle Prinia。

171115Jungle Prinia(インドハウチワドリ)01
(インドハウチワドリ)

主にインドに分布していますが、ここスリランカでも普通に見られるようです。


Udawalawaでの探鳥はまだしばらく続くので、中度半端ですが今日はこの辺で・・・

| 野鳥 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 10

12/31、Udawalawaの続き。

空抜けですが・・・Crested Hawk Eagle。

Crested Hawk Eagle(カンムリクマタカ)01
(カンムリクマタカ)

冠羽がカッコイイ・・・


先日、自信を失ったマミジロタヒバリ類・・・

これもきっとPaddyfield Pipit。

Richards Pipit(マミジロタヒバリ)01
(ヒメマミジロタヒバリ)


やっぱり、Richard'sと比べるとやや尾羽が短いような?

Richards Pipit(マミジロタヒバリ)02


Indian Robin。

Indian Black Robin(インドヒタキ)01
(インドヒタキ)

雌でしょうか。


インドでは広く分布しているようです。

数は多かったですが、どうもスッキリ写真を撮られたくないようで・・・(汗

Indian Black Robin(インドヒタキ)02


Ashy Prinia。

Ashy Prinia(シロハラハウチワドリ)01
(シロハラハウチワドリ)

こちらもほぼインド全域に生息しています。


頭掻き・・・

Ashy Prinia(シロハラハウチワドリ)02


Malabar Pied Hornbillの群れにも遭遇。

Malabar Pied Hornbill(カササギサイチョウ)01
(カササギサイチョウ)


30羽くらいはいたでしょうか。

サイチョウ類がこんな感じで群れるのは初めて見ました・・・

Malabar Pied Hornbill(カササギサイチョウ)02


翼上面。

Malabar Pied Hornbill(カササギサイチョウ)03


インドでも分布に偏りがあるようです。

Malabar Pied Hornbill(カササギサイチョウ)04



ここでもBrown Shrike。

Brown Shrike(アカモズ)02
(アカモズ)


数が多いGreen Bee-eater。

Green Bee-eater(ミドリハチクイ)01

綺麗だし愛想良いしたくさんいるし・・・見ていて飽きません・・・


Red-wattled Lapwing。

Red-wattled Lapwing(インドトサカゲリ)
(インドトサカゲリ)

東南アジアまで広く分布している広域種。


こちらは、日本でも記録のある・・・Pallied Harriar!

Pallied Harrier(ウスハイイロチュウヒ)01
(ウスハイイロチュウヒ)

東欧~中央アジア辺りで繁殖する本種ですが、スリランカも越冬地なんですね。


私は国内で見ていなかったので、これがライファー。

Pallied Harrier(ウスハイイロチュウヒ)02


今日の最後は地味に・・・Large-billed Crow。

Indian Jungle Crow01
(ハシブトガラス)

はい、ハシブトガラスです^^;

ここに生息しているのは、インドに分布するIndian Jungle Crowと呼ばれる亜種。


しかし、森じゃなくともこんなに鳥が多くて近くて見やすいんですね・・・

そんなUdawalawa、まだ続きます

| 野鳥 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 11

12/31、今回もUdawalawaの続き。

White-browed Fantail。

White-browed Fantail(マミジロオウギビタキ)01
(マミジロオウギビタキ)

この姿を見た後、遠くへと飛んで行っちゃいました。

今回の旅で見たFantailはこれ1種だけかな・・・


Green Imperial Pigeon。

Green Imperial Pigeon(ミカドバト)02
(ミカドバト)

普通種ながら、シックな緑色の翼が美しい・・・


日本でもお馴染み・・・Common Kingfisher。

Common Kingfisher(カワセミ)
(カワセミ)

順光のせいか、なんだか日本で見るより鮮やかに見えました・・・気のせい??


既に今回でUdawalawaは3回目。

が、Shinharajaのように、未だ見ぬ固有種がポンポン出てくるかというと、まだ1種も出てません。

しかし、今回の旅で、ここでしかチャンスがない固有種が1種だけありました。

その名を呼びながら、ジープを走らせていきます。

Sri Lanka Woodshrike!

Sri Lanka Woodshrike02

固有種だけのことを言えば、Udawalawaはこの鳥1種さえ抑えられれば目的達成。

思い返せば、チャンスはこの1度限りだけでした・・・

これで23種!


Udawalawaでの最大の目的だったWoodshrikeを見られて、気が楽になります。

ということで、まだまだ他の鳥を探します。

Rose-ringed Parakeet。

Rose-ringed Parakeet(ホンセイインコ)01
(ホンセイインコ)


普通種で、GWのインドでも見ていましたが・・・

Rose-ringed Parakeet(ホンセイインコ)02


近くでまじまじと見ると美しいですね。

Rose-ringed Parakeet(ホンセイインコ)03


日本では移入種として一部で定着しちゃってますが・・・(汗

Rose-ringed Parakeet(ホンセイインコ)04


こちらも美しい・・・

Orange-breasted Green Pigeon。

Orange-breasted Green Pigeon(ムネアカアオバト)01
(ムネアカアオバト)


雄の胸のオレンジ~ピンク色がなんとも言えません。

Orange-breasted Green Pigeon(ムネアカアオバト)02


後ろ向きですが飛びモノも・・・

Orange-breasted Green Pigeon(ムネアカアオバト)03


こちらは雌。

Orange-breasted Green Pigeon(ムネアカアオバト)04


今日の最後は、Oriental Honey Buzzard・・・

Oriental Honey Buzzard(ハチクマ)02
(ハチクマ)

暗色型!!カッコイイ・・・


次回も、まだUdawalawaが続きます・・・(汗

| 野鳥 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 12

12/31、Udawalawaの続き。

夕刻が近づいてきたせいか、Indian Peafowlが見やすくなってきます・・・

Indian Peafowl(インドクジャク)02
(インドクジャク)


日本では移入種として生息していますが・・・

Indian Peafowl(インドクジャク)07

やっぱり、本来の生息地で見られると嬉しいものですね。


ディスプレイも見られました!

Indian Peafowl(インドクジャク)08


後ろから見ると・・・

Indian Peafowl(インドクジャク)05

インドクジャクのディスプレイ、こうやって見ると・・・尾羽ではなく上尾筒の羽であることがよく分かりますね。


お次は一転、地味な・・・Jerdon's Bushlark。

Jerdons Bushlark01


草地の中ではさっぱり見つけられません・・・

Jerdons Bushlark02

車道脇のあちこちで見かけました。

インド中部以南に生息しているようですね。


GWのインドでも見ていた、Indian Roller。

Indian Roller(インドブッポウソウ)01
(インドブッポウソウ)

普通種とは言え、やっぱり美しい・・・


砂浴びしてました。

Indian Roller(インドブッポウソウ)02


夕暮れが近づくに連れて、鳥影は濃くなってきます。

Palm-headed Parakeet。

Palm-headed Parakeet(コセイインコ)01
(コセイインコ)

首の黄色から尾の青までのグラデーション・・・綺麗です。


初日に見ていたSri Lanka Green Pigeon。

Sri Lanka Green Pigeon(スリランカアオバト)03
(スリランカアオバト)

それでも、初日より好条件。

ここは木が低いので、鳥が近くで見られて嬉しいですね。


次は・・・Sirkeer Malkoha。

Sirkeer Malkoha(タテフバンケンモドキ)01
(タテフバンケンモドキ)


Malkohaらしく、綺麗に抜ける場所には出てこず・・・それでも、木の中でしばらく動かずに観察させてくれました。

Sirkeer Malkoha(タテフバンケンモドキ)02

インドには広く分布しているんですね。


この後、もう1種の狙いのMalkoha、Blue-faced Malkohaも見られたのですが・・・

飛び去る姿だけで写真も撮れず・・・(汗

分布がインド南部とスリランカに限られる種だけに、惜しかったです・・・


ようやく雄の写真を撮れた、Indian Black Robin。

Indian Black Robin(インドヒタキ)03
(インドヒタキ)

決して愛想の悪い鳥ではないので、タイミング次第ですね^^;


日本でもお馴染み、Great Egret。

Great Egret(ダイサギ)
(ダイサギ)


この場所に来てすぐ見たのと同じ場所で・・・Painted Stork。

Painted Stork(インドトキコウ)01
(インドトキコウ)


しかし・・・やっぱりデカくて派手(汗

Painted Stork(インドトキコウ)02


最後に、Brown-headed Barbet。

Brown-headed Barbet(ミドリオオゴシキドリ)01
(ミドリオオゴシキドリ)

黄色いアイリングが特徴的ですね。インドには広く分布しています。

Indian Pittaも見られたのですが、チラ見だけ。

上空では、塒入りするBee-eaterの群れやサギ類などの姿も。


日没後、Indian Nightjarをしばらくを狙ったのですが・・・

一度、飛翔する姿を見ただけで終わりました。


この日は大晦日、宿に戻るとカウントダウンパーティーのようなお祭り騒ぎ。

DJが音楽を流し、スリランカの踊りが披露され・・・普段の海外遠征では味わうことの無い華やかさでした(笑

ただ、重低音の聞いた爆音は部屋まで響き、やや寝づらかったことはナイショです(汗

| 野鳥 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年12月