「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月

≫ EDIT

11/4 大授搦

クロハゲワシを見た翌日・・・

せっかくここまで来たからと、大授搦でシギチを見ることに。


朝焼けに飛ぶシギチの群れ。

大授搦2

この光景は毎度ながら圧巻・・・

大授搦1


ホウロクシギ1


ダイシャクシギ1


メダイチドリ1


冬羽への換羽の進んだキリアイ。

キリアイ1
(Broad-billed Sandpiper)

ということで、昨シーズンも大授搦のシギチを堪能しました・・・


帰り際の農地でカササギも。

カササギ1
(Eurasian Magpie)


やはり大授搦はいいとこです・・・


≫ Read More

| 野鳥 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマシギ

11/8と11/15。

日没後にヤマシギ探索へ。


愛想の良い個体が見つかりました。

ヤマシギ01
(Eurasian Woodcock)


すぐ近くまで来ても逃げません・・・

ヤマシギ04


こちらは雨の15日・・・

ヤマシギ09


水たまりに佇む・・・

ヤマシギ08


図鑑写真も。

ヤマシギ06


今のポイントは家から少し遠いので・・・

今期はもう少し近い場所でポイントを見つけたいです・・・

| 野鳥 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオミズナギドリ

11/15。

この日は早朝に海岸へ。


そこには・・・傷ついたオオミズナギドリの姿。

オオミズナギドリ3
(Streaked Shearwater)


力無くうずくまって動きません。

オオミズナギドリ4

おそらく、衰弱した個体が打ち上げられたのでしょう。


見ているうちに、ハシブトガラスがやってきて・・・

オオミズナギドリ2

既に左の翼が折れていました。


それでも、生きるために必死の抵抗。

オオミズナギドリ1

時間切れで、このオオミズナギドリがどうなったかを見届けることはできませんでしたが・・・

襲うハシブトガラスも生きるのに必死。

人為的な影響でこうなったのでなければ、「可哀想」という感情だけで手出しすべきではないと思います。

| 野鳥 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Caspian Tern

11/18。

この日も海岸へ。

というのも、この鳥が飛来したという話を聞いたため。

オニアジサシ 03
(Caspian Tern)

オニアジサシです。


国内で見るのは久々・・・何年ぶりでしょうか。

オニアジサシ 05



しかし、この日はあいにくの土砂降り・・・(汗

オニアジサシ 28

ひどい時は視界が悪くなるほど。。


それでも、雨の止み間に水浴び・・・

オニアジサシ 01


羽ばたき。

オニアジサシ 06


やはり暗いとブレてしまいますが・・・(汗

オニアジサシ 07


曇天ですが、多少ながら飛んでいるところも。

オニアジサシ 09


オニアジサシ 10


やや大きな魚を捕らえて・・・

オニアジサシ 18


丸呑み・・・

オニアジサシ 21


警戒心も強くなく、ゆっくり観察できました。

オニアジサシ 14


最後は図鑑写真も。

オニアジサシ 24


雨覆などに斑があり、第1回冬羽のようです。


昨シーズンはこの個体が長期滞在したため、遅い時期まで何度か海岸へ赴きました。

またこの個体が何度か登場すると思いますが、ご容赦を。

| 野鳥 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シロチドリ

11/19。

この日は海岸でシロチドリを見てました・・・

シロチドリ01
(Kentish Plover)


丸い・・・カワイイ・・・

シロチドリ3


図鑑写真。

シロチドリ06


こちらは別個体・・・のあくび。

シロチドリ2

≫ Read More

| 野鳥 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hybrid Duck

11/23。

犀川にメジロガモが飛来したと聞き、見に行ってきました。

メジロガモ1


距離があって観察は難しかったのですが・・・

パッと見た感じはメジロガモ雄幼鳥。

メジロガモ3


現地では私もメジロガモと思っていたのですが・・・

メジロガモ2
(Possible Ferruginous Duck × Common Pochard Hybrid)

メジロガモだと嘴爪がここまで広くならず、虹彩もやや黄色味があることから、交雑個体の可能性が高いとの指摘がありました。

そう言われると確かに・・・

となると、ホシハジロとの交雑を疑うのが自然でしょうか。

やはりこの手の個体は難しいですね。

| 野鳥 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トラフズク

11/24。

この日はトラフズクを見に出かけました。

トラフズク1
(Long-eared Owl)


これでも、トラフズクにしては見やすい場所でしょうか。

トラフズク2


ほぼ目線の高さで観察できるのはいいですね。

トラフズク4


最後は顔のアップを・・・

トラフズク3

| 野鳥 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11/25 海岸・河北潟など

11/25。

この日は海岸を少し見た後は河北潟へ。

海岸ではミユビシギの群れ・・・

ミユビシギ
(Sanderling)


と、ハマシギも。

ハマシギ
(Dunlin)


ホシムクドリの群れ。

ホシムクドリ
(Common Starling)

年によって飛来数にバラツキがありますが、昨シーズンは多く飛来していたようです。


モズ雄。

モズ
(Bull-headed Shrike)


渡り途中のムナグロ。

ムナグロ
(Pacific Golden Plover)

≫ Read More

| 野鳥 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月