「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

≫ EDIT

12/8 Oriental Stork

昨年の12/8。


足環の付いていないコウノトリが隣県に飛来していました。

コウノトリ01
(Oriental Stork)


ハシボソガラスにモビングされてます。

コウノトリ02


翼のパターン。

コウノトリ03

| 野鳥 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12/22 Merlin

昨年の12/22。

河北潟でコチョウゲンボウを見ていました。

コチョウゲンボウ01
(Merlin)


成鳥の雄を見る機会は多くないので、ゆっくり見られると嬉しいですね。

コチョウゲンボウ02


コチョウゲンボウ03


腹の羽毛にトンボの羽が・・・(汗

コチョウゲンボウ04



コチョウゲンボウ05


コチョウゲンボウ06


コチョウゲンボウ07


コチョウゲンボウ08


コチョウゲンボウ09


飛び去るまでゆっくり観察させていただきました・・・

コチョウゲンボウ10

| 野鳥 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Eurasian Curlew

昨年の12/23。

こんな時期に、県内でダイシャクシギ。

ダイシャクシギ01
(Eurasian Curlew)


昨冬はほとんど雪が降らず、暖冬だったとは言え・・・

もう少し暖かいところに移動しなくて大丈夫・・・?

ダイシャクシギ02

| 野鳥 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Sydney Centennial Park 01

昨年の年末年始。

私は妻と友人と、オーストラリアのタスマニアで過ごしました。


タスマニアへの移動途中、12/28はトランジットでシドニーで1日過ごす時間があったので・・・

市内のCentennial Parkで過ごすことに。

Centennial Parkまでは、空港からタクシーで約20分。


到着してすぐに、水辺で軽食。

すると、すぐ近くに歩いてきたCrested Pigeon。

Crested Pigeon(レンジャクバト)1
(レンジャクバト)


冠羽・・・

Crested Pigeon(レンジャクバト)2

その辺の駐車場でウロウロしてたりします。


Dusky Moorhen。

Dusky Moorhen(ネッタイバン)01
(ネッタイバン)

おこぼれを狙ってか、こちらに向かってきます・・・

当然、餌はあげません(汗


Australasian Darter。

Australasian Darter(オーストラリアヘビウ)01
(オーストラリアヘビウ)

猛禽のように旋回している姿が印象的でした。


そして、シドニーでの空き時間にこの公園を選んだ一番の理由は、この鳥でした。

Powerful Owl。

Powerful Owl(オニアオバズク)01
(オニアオバズク)

2羽いました。

写真の左上に、もう1羽の尾羽が写っています。


Powerful Owl(オニアオバズク)03

この公園で観察されているということは分かっていたのですが、公園のどこにいるかまでは分からないまま現地へ。

しかし、案内所のスタッフのお姉さんが、塒の場所を親切に教えてくれました!

スタッフのお姉さん、ありがとう・・・!


Powerful Owl(オニアオバズク)04

しかし、市街地の公園にこんな大きなフクロウ類・・・


シマフクロウ並の重厚感です。

Powerful Owl(オニアオバズク)05


メインターゲットを見られたあとは、公園内を適当に散策します。

・・・が、それはまた次回にでも。

| 野鳥 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Sydney Centennial Park 02

12/28。

目的のPowerful Owlを見た後は、公園内をぶらぶらと散策。


Noisy Miner。

Noisy Miner(クロガオミツスイ)01
(クロガオミツスイ)

公園内のあちこちに、たくさんいます。


気持ちよさそう・・・

Noisy Miner(クロガオミツスイ)02


虹彩が白い・・・Australian Raven。

Australian Raven(ミナミワタリガラス)01
(ミナミワタリガラス)

正直、あっちのカラスの識別はサッパリです(汗

観察した地域での判断・・・。


こちらはAustralasian Magpie。

Australasian Magpie(カササギフエガラス)01
(カササギフエガラス)

この鳥も街中でもよく見かけます。

目立ちますしね・・・

幼鳥と思われる個体も。

Australasian Magpie(カササギフエガラス)02

しかし、もっと好条件の時に撮ればいいや・・・なんて思ってたら、これしか撮れてません(汗


Willie Wagtail。

Wiile Wagtail(ヨコフリオウギビタキ)01
(ヨコフリオウギビタキ)

ケアンズで見た時以来、何度見てもこの鳥のファン。

しかし、この公園では思ったほど見られず・・・この個体だけ。

それでも、横振りを見られて満足。。


いちゃいちゃしていた、Long-billed Corella。

Long-billed Corella(テンジクバタン)01
(テンジクバタン)


ものすごく仲よさげでした・・・

Long-billed Corella(テンジクバタン)02


そして、野鳥のこういう行動は見ていて楽しい・・・

Long-billed Corella(テンジクバタン)03


単独でも魅力的な鳥です。

Long-billed Corella(テンジクバタン)04


友人は同じ場所で、これとは別のLittle Corellaを見ていたそうです。

まぁ、どちらも普通種なのですが。


オーストラリアではお馴染みのLaughing Kookaburra。

Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)01
(ワライカワセミ)

Noisy Minerと並んでますね。。


名前のとおり、声も特徴的です。

Laughing Kookaburra(ワライカワセミ)02


今日もこれくらいにして、残りは次回に。

| 野鳥 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Birding in Sydney Centennial Park 03

今日も昨年の12/28、シドニーのCentennial Parkの続きを。


芝生をゆっくり歩く、Australasian Swamphen。

Australasian Swamphen(オーストラリアセイケイ)01
(オーストラリアセイケイ)


ちょうど昼時間だったので、日の当たる場所は暑くて地獄・・・

Australasian Swamphen(オーストラリアセイケイ)02

この時、記録的な熱波で、シドニーの日中の最高気温は40度くらい。

それでも、体感温度がさほどでもないのは乾燥していたからでしょうか。


芝生にはSilver Gullも。

Silver Gull(ギンカモメ)02
(ギンカモメ)


その看板・・・カモって書いてますけど・・・(汗

Silver Gull(ギンカモメ)01


そしてそのDuck Pondには・・・

確かにカモもいます(汗

Hardhead(オーストラリアメジロガモ)03
(Hardhead)


まずはオーストラリアメジロガモ。

Hardhead(オーストラリアメジロガモ)01

虹彩の白いこちらが雄。


Hardhead(オーストラリアメジロガモ)02

こちらが雌。

日本に飛来するメジロガモにも似てますが、嘴のパターンは全然違いますね。



Pacific Black Duck。

Pacific Black Duck(マミジロカルガモ)01
(マミジロカルガモ)

メリハリの効いた顔立ち・・・


私は、日本のカルガモの方が好み・・・(汗

Pacific Black Duck(マミジロカルガモ)02


池にはBlack Swanも。

Black Swan(コクチョウ)01
(コクチョウ)


これでも一応は野生・・・(ここの公園のは餌付いていますが)

Black Swan(コクチョウ)02

海水域でも見られるので、ハクチョウとは生息環境の印象がかなり違います。


池周辺の樹には、Australasian Darterや・・・

Australasian Darter(オーストラリアヘビウ)02

Pied Cormorant。

Pied Cormorant(マミジロウ)01
(マミジロウ)


Little Black Cormorant。

Little Black Cormorant(ミナミクロヒメウ)01



あと、この公園にはGrey-headed Flying Foxの集団塒があります。

Grey-headed Flying Fox(ハイガシラオオコウモリ)01

たくさんいます・・・

もしかして、Powerful Owlはこれとか食ってるんだろうか・・・(汗


終了前には、Frogmouthも探したのですが時間切れ。

でも、楽しい散策でした!


さて、次回からはタスマニアの本編を紹介していきます。。

≫ Read More

| 野鳥 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月