「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8/10-16 Birding in East Papua 04

今日も、Kumul Lodgeの庭にやって来た鳥たちを。

ただ、メインターゲットの面々です。


まずは・・・

Blue-capped Ifrit。

180411Blue-capped Ifrit(ズアオチメドリ)01
(ズアオチメドリ)


ゴジュウカラのような、でもどこかPittaを感じさせるような・・・

180411Blue-capped Ifrit(ズアオチメドリ)02


2羽が一緒になって鳴くシーンも。

180411Blue-capped Ifrit(ズアオチメドリ)03

図鑑を見ていて見たかった鳥のひとつ。

じっくり観察できたのは良かったです。


お次は・・・今回の旅では1種目のBoP。

Ribbon-tailed Astrapia。

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)01
(オジロオナガフウチョウ)

私たちが見た中では、この雄が最も尾が長かったです。


こんな鳥がごく普通に見られる庭・・・。

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)03


別個体ですが・・・顔のアップ。

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)04


ちなみに、ここに来る個体の多くは、尾の大部分が白くない若い雄や・・・

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)02


ちょっと地味な雌。

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)06


それでも十分美しいですし、見ていて楽しいんですけどね。

180417Ribbon-tailed Astrapia(オジロオナガフウチョウ)05

尾が純白の成鳥になるまでには、何年くらいかかるんでしょうね・・・


そして、この庭で観察できたもう1種のBoP・・・

Brown Sicklebill。

180417Brown Sicklebill(チャイロカマハシフウチョウ)01
(チャイロカマハシフウチョウ)

ただし、雌だけ。


それでも存在感は十分。

180417Brown Sicklebill(チャイロカマハシフウチョウ)02

雄もやってくることがあるそうですね。


Kumul Lodgeの庭。

どんな場所か理解して頂けたでしょうか・・・

| 野鳥 | 20:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どの写真もきれいでほれぼれして見てます。ありがとうございます。
オジロオナガフウチョウは大好きです。
また、これほどきれいなIfritaの写真は初めて見ました。昔PNGでこの鳥を見た時はPitohuiのように毒を持つと聞いたのですが、実際どうなのでしょうね。これからも楽しみにしてます。

| indoburung11 | 2018/05/03 00:52 | URL |

>indoburung11さん
私もIfritが毒鳥という話を聞いて驚きました。
オジロオナガフウチョウは今回のメインの一種だったので、美しい雄を見られて良かったです。
有名なKumul Lodgeですが、やはり行って良かったです。

| Tommy | 2018/05/04 10:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/1039-de15179f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT