「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9/16-17 舳倉島

昨年の9/16-17。

海岸もシギチも気になるのですが、舳倉島へ。


島に渡る前、早朝の海岸でダイサギ。

ダイサギ
(Great Egret)


薄曇りの早朝、柔らかい光が鳥をより美しく見せます。

ダイサギ2


島の様子はと言うと・・・

草地の小鳥は壊滅的に少なく・・・(泣


ヒタキ類はそこそこ入ってました。

サメビタキJ。

サメビタキ2
(Grey-sided Flycatcher)


図鑑写真も。

サメビタキ

バフ色の羽縁がしっかり残ってます。


水場に出てきたコルリJ。

コルリ
(Siberian Blue Robin)


あと、何故か愛想の良かったカラスバト。

カラスバト1
(Japanese Wood Pigeon)


この島のカラスバト、春の一時期を覗いては大抵愛想が悪くて見づらいんですが・・・

カラスバト2


この個体は珍しく、あまり警戒心が強くありません。

カラスバト5


珍しく地面で採餌しているところも見られました。

カラスバト9

さすがにすぐに樹上に飛び上がりましたが。


そして時期外れのヤツガシラ。

ヤツガシラ
(Hoopoe)

春は毎年のように見かけますが、秋に見たのは初めてかも・・・





FN(2018.9.16-17 舳倉島)
オシドリ、カルガモ、コガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、ツツドリ、チュウジシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、クサシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、ヤツガシラ、ハヤブサ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、カラフトムジセッカ、オオムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、シマセンニュウ、オオヨシキリ、コムクドリ、マミチャジナイ、コルリ、ノビタキ、イソヒヨドリ、エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アカマシコc、コホオアカ、アオジ 計48種

| 野鳥 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/1145-75d2d733

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT