「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in Tasmania 01

2018.12.29

飛行機の遅延もあり、タスマニアに到着したのは12/28の夜中。

12/29の午前は、毎週土曜にだけ開催されるというマーケットへ。

マーケットが始まる時間までは、港やら公園やらで散歩。


港ではKelp Gull。

191201Kelp Gull(ミナミオオセグロカモメ)01
(ミナミオオセグロカモメ)

淡い足の色が目にとまります。


街中の上空を飛ぶ、Sulphur-crested Cuckatoo。

191201Sulphur-crested Cuckatoo(キバタン)01
(キバタン)

ケアンズでも見た様な光景ですが・・・綺麗です。


庭の様な、芝生の手入れの行き届いたヨーロッパ式の公園では・・・

移入種のクロウタドリが芝生を歩き・・・

191201Blackbird(クロウタドリ)01
(Blackbird)


飼われているのか野生化したのか分からない、アナウサギがぼーっとしていて・・・

191201うさぎ


樹上からは何者かが「バカチン!」と大きな声で・・・

・・・バカチン?!

声の正体は・・・1種目のタスマニア固有種、Yellow Wattlebird。

191201Yellow Wattlebird(キミミダレミツスイ)01
(キミミダレミツスイ)

我々のグループ内では、和名でも英名でもなく、「バカチン」と呼ばれてました。。

気になる方は、ネット上の音源で聞いて見て下さい・・・


と、時間を潰しているうちにマーケットが開きます。

191201マーケット
(ホバートのマーケット)

大盛況です。

しばらくの間、土産物を品定めして買い・・・小腹が空くと買い食いして・・・


車に戻る途中、もう1箇所、小さな公園に寄り道。

New Holland Honeyeater。

191201New Holland Honeyeater(メジロキバネミツスイ)01
(メジロキバネミツスイ)

人家の庭の花の蜜を吸いに来ることが多い、普通種。


Grey Fantail。

191201Grey Fantail(ハイイロオウギビタキ)01
(ハイイロオウギビタキ)


先ほどのバカチンと似てますが、より小さくて地味なLittle Wattlebird。

191201Little Wattlebird(ハイガシラミツスイ)01
(ハイガシラミツスイ)

何度も見かけた鳥ですが、ちょっと茂った所が好きなのか、ゆっくりと観察はできず。


そして美しい・・・Eastern Rosella。

191201Eastern Rosella(ナナクサインコ)01
(ナナクサインコ)

こんな鳥が街中の公園にいるのは嬉しいですね。

この枝でゆっくりしてくれたので、しばらく観察できました。


と、朝の散歩はこれくらい。


この後は、やっぱりタスマニアに来たからには、タスマニアデビルを見たい!!!

と言うことで、Tasmania Devil Unzooという、タスマニアデビルを屋外飼育している施設へと向かいます・・・

| 野鳥 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/1162-71867925

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT