「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in Tasmania 06 -Pelagic Day1-

2018.12.30

今日も前回記事のPelagicの続きを。


Albatrosses、Petrelsの紹介が終わったので、あとはまとめて・・・


まずは、移動中も含めると非常に数の多かったShort-tailed Shearwater・・・

191206Short-tailed Shearwater(ハシボソミズナギドリ)01
(ハシボソミズナギドリ)

とイルカ。。

イルカの写真撮ろうとしたんですが、なぜか鳥の方にピンが合ってますね・・・(汗


(Presumed) Fluttering Shearwater。

191206Huttons Sheawater(ニュージーランドミズナギドリ)01
(ミナミミズナギドリ(推定))

Hutton's Shearwaterとの識別が難しく、腋が撮れていなかったのですが・・・

この個体が幼鳥だとすると、繁殖時期等からFlutteringの可能性が高そうです。


となると、この個体もおそらくFluttering Shearwater。

191206Fluttering Shearwater(ミナミミズナギドリ)01


次は・・・Northern Giant Petrel。

191206Northern Giant Petrel(キタオオフルマカモメ)01
(キタオオフルマカモメ)

このゴツい鳥は見たいと思っていたので・・・

ワンチャンスだけでしたが、しっかり観察できて良かったです。。


次は・・・Storm Petrels。

まずは、日本近海でも観察されるWilson's Storm-petrel。

191206Wilsons Storm-Petrel(アシナガウミツバメ)01
(アシナガウミツバメ)

今回のPelagicで観察したStorm-petrelの中では最も数が多く、常に船の周りに1~2羽がいるような状況でした。


と言っても、ウミツバメ類は近くても撮影が難しいのですが・・・(汗

191206Wilsons Storm-Petrel(アシナガウミツバメ)02

フレッシュで美しい個体です。


お次は、この海域のPelagicでは押さえておきたいGrey-backed Storm-petrel。

191206Grey-backed Storm-Petrel(ヒメアシナガウミツバメ)01
(ヒメアシナガウミツバメ)


数も少なくないし、観察するには申し分ないのですが・・・

191206Grey-backed Storm-Petrel(ヒメアシナガウミツバメ)02


小さい上にヒラヒラと予測の難しい動きをするので、写真を撮るのは本当に苦労します・・・

191206Grey-backed Storm-Petrel(ヒメアシナガウミツバメ)05


私は結局、納得のいくような写真は残せず・・・orz

191206Grey-backed Storm-Petrel(ヒメアシナガウミツバメ)03


良い鳥です。

191206Grey-backed Storm-Petrel(ヒメアシナガウミツバメ)04


あと、現地ではWilson'sだと思っていて、後にカメラで確認して本種だと判明した・・・

Black-bellied Storm-petrel。

191206Black-bellied Storm-Petrel(クロハラウミツバメ)01
(クロハラウミツバメ)

2枚ともボケ写真です・・・ご容赦ください。


Black-bellied・・・という名ですが、腹の斑はかなり個体差が大きく、この個体はほぼ真っ白。

191206Black-bellied Storm-Petrel(クロハラウミツバメ)02

おかげで、図鑑の絵合わせではWhite-belliedかと思って焦りました・・・(汗

しかし、せめて1枚でもピンの合った写真が残っていればなぁ・・・と悔やまれます。。


White-faced Storm-petrel(カオジロウミツバメ)もそこそこ見られたのですが、まともな写真を得られず(泣


あと、今回のPelagicでは唯一のPrion、Fairy Prion。

191206Fairy Prion(ヒメクジラドリ)01
(ヒメクジラドリ)


ウミツバメ類と比べると、ひとまわり大きく、飛び方も直線的、船の周りを何度も同じ軌道で飛ぶので・・・

多少は撮影しやすかったです。

191206Fairy Prion(ヒメクジラドリ)02

ただ、色がグレーなせいか、ややAFが効きづらかったような記憶が・・・(汗

クジラドリの仲間は見たいと思っていたので、1種でもじっくり観察できたのは良かったです。


と、これでこの日のPelagicで見られた鳥たちの紹介は終了。

海外でのPelagicは初体験でしたが、(酔いかけた事以外は)実に刺激的で楽しかったです。


次回は、この日見られた陸鳥を紹介していきます。

| 野鳥 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/1168-63b0750f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT