「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

唯一の収穫

天売での唯一の収穫。

それは・・・

110531オオハム1
(Black-throated Diver)

ほぼ夏羽のオオハムでした!


雨天の中、首の色はうまく出ませんでしたが・・・

それでも十分に近い@@;

110531オオハム2


愛想良く、羽ばたきも披露してくれます。

110531オオハム3


漁港の中を潜ったり出たり。

110531オオハム4

目の前から浮き上がることも・・・(トリミングしてますが^^;)


そういえば、つい3週間ほど前に、オオハムの夏羽を見たいと願っていた気が・・・(汗

しかし、光の条件が良ければなぁ・・・

110531オオハム5

1年前を思い出させる光景でした。


最後はやっぱり図鑑写真で。

110531オオハム6

半日でも、雨が降っていても、何かしらの収穫がある天売島。

またいつか、必ず遊びに行きたいです!!



ここでまたもや、判別に関して疑問が・・・。。

図鑑の記載から、夏羽のオオハムとシロエリオオハムの識別点を整理すると、

○オオハム
・前頸は緑色光沢
・脇が白い
・嘴は長め
・頭~後頸は比較的暗い色

○シロエリオオハム
・前頸は紫色光沢
・脇は白くない
・嘴は短め
・頭~後頸は比較的明るい色

こんなところでしょうか?

と、この子を見てみると・・・

前頸の色以外はオオハムの特徴がバッチリ当てはまります。

しかし、前頸は紫色。


また、1年前に前頸の紫色で判断していたシロエリオオハムも・・・

脇は明らかに白い。嘴も長く見える。。後頸も暗め。。

となると、実はオオハムだったという説が有力に・・・(汗


でも、前頸の紫色光沢はどう説明すれば良いのでしょう??

しかし、私はオオハムの前頸が緑色光沢に写った写真を見たことがありません。。

本当に緑色光沢なのでしょうか・・・?

調べていると「光の当たり具合によって紫にも緑にも」なんて記述も見るのですが、

少なくとも1年前に間近で見た時は、どの角度から見ても、どう見ても前頸は紫色。

図鑑の記載に疑問を抱かざるを得ません・・・


今は、1年前の個体も、今回の個体もオオハムだろうと思っていますが。。

どなたか、ヘルプを・・・(泣

| 野鳥 | 22:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あと

首の白線がただオオハムの方が明瞭という識別ポイントもあるらしいです。

腰だけ見ると私も両方オオハムな気がしますが・・・どうなんでしょうね~。

悩まなくてもいいアビ夏羽が見たいです(笑)

| Kea | 2011/05/31 23:15 | URL |

私にも両方ともオオハムに見えます。
少し調べてみましたが、オオハムもシロエリもほとんどの写真で喉は紫光沢でした。
構造色なので光の条件によって色々な色に見えるはずですが、両種とも主に紫色を示すようです。

緑色に見える例をいくつか見つけたので貼っておきます。
http://www.enature.com/fieldguides/enlarged.asp?imageID=17712
オオハム

http://www.nts.org.uk/Learn/imgs_wildlife.php
オオハム

http://www.alaska-in-pictures.com/pacific-loon-3778-pictures.htm
シロエリオオハム

http://www.brianzwiebelphotography.com/images/loons/pacific_loon.htm
シロエリオオハム

またKeaさんが仰っているようにオオハムの方が首の白線がより明瞭な傾向にあるように思います。
これも条件が良くなければ厳しいポイントですが...。

画像検索していて改めてこの2種の野外識別の難しさを感じました。

| kim | 2011/06/02 14:51 | URL | ≫ EDIT

>Keaさん
ふむふむ、首の白線が明瞭・・・
しかし、これまた私には分からなさそうな(泣
アビ夏羽は悩まなくて良いですね(笑
私も見たことが無いので、1度美しい夏羽を見てみたいです!

| Tommy | 2011/06/03 01:31 | URL | ≫ EDIT

>kimさん
色々と調べて頂き、ありがとうございます!

やっぱりオオハムですよね・・・去年も今年も。
訂正しときます^^;

両種とも紫にも緑にも見えることがある、ということは、
図鑑の記載は間違っているのでしょうか・・・
前頸の色は全くあてにならなさそうですね。

となると、やはり脇の白斑、頭の形と色、嘴の長さなんかが判別の有力な手がかりになってきそうですね。

やっぱり野外での識別が至難な2種ですね。
もしかすると、地味な冬羽の方が分かりやすいかもしれません^^;

| Tommy | 2011/06/03 01:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/127-a3706cd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT