「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白馬岳③ -雷鳥-

本州に来てから、いつ会えるのかと楽しみにしていた鳥。

ライチョウ。

今回の白馬岳では、♂2♀1の計3羽と会うことができました。


私が花に撮るのに夢中になっていた時、少し前の友人から呼び声が。

その先にいたのがこの子でした。

ライチョウ1
(Rock Ptarmigan)

正確には、この子を見る直前に、足元を♂が走り去ったのですが・・・(汗


警戒心なく、こちらにゆっくりと歩いて来ます。

ライチョウ2

ミヤマキンバイの花弁をくわえているのでしょうか。

なんだか可愛い(笑


ライチョウ3

雪渓が入るだけで、涼しげな感じになって良いですね♪


あんまり警戒心がないので、顔アップで・・・

ライチョウ4

やりすぎですね。。


こちらは♂。

ライチョウ5

ガスってきたところで登場です。

気付いたのが足元すぎて、マクロレンズのままで撮影(汗

それでもこれでノートリ・・・


人間に対してはこれだけ警戒心が無くても

ライチョウ6

きっと、ひとたび猛禽が飛べば、ハイマツの中に一目散なのでしょうか。


しかし、世界的には周北極地方で分布の広いライチョウが、どうして北海道に分布しないのでしょうか?

逆に本州の個体群が分布の南限ということを考えると、本州に分布していることの方が不思議と言った方がいいのかもしれませんね。

| 野鳥 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/170-b9d235c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT