「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハジコチ&ヨロネン

ハジロコチドリも久しぶりに見ることができました。

101104ハジロコチドリ1

この鳥も、ここではそこそこ見られるんですね。

101104ハジロコチドリ2

この子は幼羽でしょうか

他にも、成鳥冬羽の子もいたのですが、まともな写真を撮り逃し・・・

また今度ですね~^^;


こちらは、ヨーロッパトウネン。

101104ヨーロッパトウネン

脚を怪我している子で、昨年も飛来していたとのこと。

痛々しい姿ですが、ハンデを背負っても1年間生き延びてこれているのがスゴイですね。

にしても・・・ヨロネンはまだ自分で見分けられる気がしません。

言われると確かに、嘴は細いし、脚は長いし、初列も長いのですが・・・
(ちなみに、手前の子はトウネン)

トウネンを見る度に気をつける様にします。

あ、ヨロネンもライファーでした^^;

| 野鳥 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハジコチとヨロネン!!? まあ、珍しい(@_@)

へぇ~、これがハジロコチドリ、可愛いe-266
アイリングがないだけでコチドリとは印象が違うものですね。

正面顔がキュートですね♪ 足の開き具合がなんとも言えない・・・(^o^)
足元にできた波紋、水に映った姿が綺麗ですv-352
でも、美しい背景に似合わない面白い顔に思わず吹き出してしまうのでした。

成鳥冬羽は残念でしたね。 比べてみたかったです。

ヨーロッパトウネンは凄いですね!!
ヨロネン、見る人が見るとけっこういるのでしょうか?
今年は石狩管内でも出たようです。

砂がきらきらして綺麗v-352 砂金のように見えますね(^^)

ヨロネンは未だに分かりません。
5月頃の夏羽ならトウネンと区別できそうですが、それ以外は・・・?
いつか分かる日が来るのでしょうか。 とにかく実物を見てみたいです。

この子は冬羽なのかな? 怪我をしているのに逞しく生きているのですね。
生命力と運の強さに感銘を受けます(;_;) 最後まで頑張れとエールを送りたい。
来年もまた来てくれるといいですね。

ハジコチとヨロネン、見られてとても得した気分です♪

| nivalis | 2010/11/05 18:10 | URL |

>nivalisさん
ハジコチはアイリングがないのと、全体的に色が濃いのと。
あとは脚の色ですが・・・この子は幼鳥なので薄くて分かりづらいですね^^;
成鳥はまた会う機会があるでしょうから、その時まで楽しみにしておきます。

ヨロネンは分からないですね・・・(汗
いつかは、違いの分かる男に(笑
春の渡りならまだわかるかもしれません^^;
石狩でも、毎年の様に観察されてはいるみたいですね。
私は間違いなく見逃しているものかと。。

にしても、脚にこんな怪我をしても生き延びられる生命力には驚かされるばかり。
野生でこの様なハンデを背負っても、力強く生きる姿に拍手です。
また来年無事な姿を見られるのを楽しみにしたいですね。

| Tommy | 2010/11/09 00:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/19-911bd89e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT