「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シギチいろいろ。

4/30は、ほかにも色々なシギチを観察。


ムナグロ夏羽。

120511ムナグロ
(Pacific golden Plover)




夏羽で真っ黒なツルシギ。

120511ツルシギ1
(Spotted Redshank)

夏羽のツルシギは大好物です(笑


こちらはトウネン。

120511トウネン
(Red-necked Stint)

ユリカモメが畦で渋滞してますが・・・その手前でぼーっとしてました^^;


愛想の悪かったホウロクシギ。

120511ホウロクシギ
(Far eastern Curlew)



春のシギチ観察、綺麗な夏羽の子がたくさん見られて楽しいですね♪

| 野鳥 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。トウネンは赤い個体の子もいるのですね。
こちらで見る個体は、赤くなかったので、初めて知りました。
個体差?

オウチュウも初めて知り、初めて見ました。
カラスっぽい感じもあり、不思議な感じの鳥ですね。

| bon | 2012/05/16 13:49 | URL | ≫ EDIT

>bonさん
こんばんは。
赤いのは、個体差ではなく季節によるものです。
トウネンは夏羽になると、こんな感じで赤くなります!
秋の渡りのシーズンには多くの個体が冬羽に換羽してしまうので、国内では春の渡りの時に赤いトウネンをよく見かけますよ!
他のシギも、夏羽は赤いものが多いので、図鑑でチェックしてみて下さい。
先日UPしたオグロシギなんかも同様ですね。
シギ類は冬羽と夏羽の色模様が全然違う種が多くて面白いです。
そして、やっぱり夏羽は綺麗ですよ!

オウチュウは南に多い鳥なので、北海道では縁がないですよね^^;
道内での記録があるかどうかも怪しいところです。
道外でも、こうして渡りのシーズンに離島で出会う以外では、なかなか観察が難しい鳥だと思います。

| Tommy | 2012/05/16 19:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/274-c083f7d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT