「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キナバル公園の鳥⑦

キナバル公園で撮れた鳥で、今日はこれまでに紹介しきれなかった子たちを^^;


Yellow-breasted Warbler。

ボルネオでは、山地でのみ見られる鳥です。

121103チャガシラモリムシクイ2
(チャガシラモリムシクイ)

ボルネオに生息するのは、固有亜種のS.M.montis


パッと見た時は、恥ずかしながらWhite-eyeの仲間かと思ってしまいました^^;

121103チャガシラモリムシクイ1

調べて見ると・・・Warbler。

モリムシクイだったんですね(汗


これは・・・ウグイス??

121103スンダウグイス
(スンダウグイス)

Sunda Bush-warbler。

ボルネオでは、固有亜種のC.V.oreopbilaが生息します。

日本のウグイスにうり二つですね^^;

見ている時は「ボルネオでこんなWarbler見ても、後で同定は厳しいだろうな・・・」

と思っていたのですが、図鑑を開いてみると、類似種がいない(汗

意外でした。。



お次は真っ黒な鳥。。

Bornean Whistling-thrush。ボルネオの固有種です。

121103スンダルリチョウ1
(スンダルリチョウ)

夕刻の真っ暗な森の中で、ブレブレの写真しか撮れず(汗

光が当たれば、少し青みがかって見えるはずなのですが、真っ黒に見えますね^^;

愛想良くしてくれたので、しっかり写真を撮りたかったですが・・・あの条件では厳しかったです。。


スーッと飛んできて、目の前の枝にとまってくれたLittle Cuckoo-dove。

121103ヒメオナガバト
(ヒメオナガバト)

ここに生息するのは、ボルネオ固有亜種のM.R.nana

ボルネオでは、低地から山地まで広く分布し、普通に見られるハトの1種です。


キナバル最後は・・・

Grey-throated Babbler。

121103ハイノドモリチメドリ
(ハイノドモリチメドリ)

この種もボルネオに生息するのは固有亜種で、S.N.borneensis

シャッターを押せたのはほんの数枚・・・

Babblerは、どの種も藪の中にいることが多くて・・・悩ましいです。。

それでも暗い中、1枚だけでも止まった写真があって良かった!!


キナバル公園では、ボルネオの山地に固有の種や亜種が多く見られ、鳥の数はあまり多くなかったものの、

楽しい探鳥ができました!

機会があれば、またゆっくりと見て回りたい場所です。

| 野鳥 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ボルネオの鳥ありがとうございました

日本のモリムシクイとはずいぶん色合い違った感じですね。もっとも図鑑でしか見たことないですが。
少し前のベニサンショウクイすごい色に驚きました。キビタキやコルリも負けていませんが,南の国はいろいろなのいますね。

| tetu | 2012/11/03 23:48 | URL |

>tetuさん
モリムシクイだと思いませんでした・・・
てっきりメジロの仲間かと^^;

ベニサンショウクイはスゴイ色ですよね。。
本当、色んな鳥がいるもんです。

日本の鳥はそれで、控えめな感じが好きだったり・・・(笑

キナバル公園の鳥はこれで終わりですが、これからダヌンバレーの鳥たちなども紹介していきます!

| Tommy | 2012/11/04 02:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/374-ae3b1885

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT