「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダヌンバレーの鳥③ -Hornbills-

東南アジアの鳥と言えば・・・

Hornbill!!

ということで、今日はHornbillたちをいくつか・・・と言っても、遠くてまともな写真がありませんが^^;


まずは、和名「サイチョウ」の由来となった、Rhinoceros Hornbill。

121109サイチョウ1
(サイチョウ)

立派な角です。。


「Rhinoceros」は英語で「サイ」。

121109サイチョウ2

サイの角を持っているような鳥なので、サイチョウと名付けられたのですね。

大きく風格があって・・・

ダヌンバレーのあるサバ州ではありませんが、ボルネオ島内のサラワク州のシンボルにもなっている鳥です。


お次は、Black Hornbill。

121109クロサイチョウ
(クロサイチョウ)

と言っても、こんなシルエットだけじゃ何が何だか分かりませんよね(汗

一応、この後ろ姿では、尾羽の模様が特徴です。。



似た様な後ろ姿のシルエットですが・・・明らかに尾羽が長いHelmeted Hornbill。

121109オナガサイチョウ1
(オナガサイチョウ)

気味が悪いシワシワのの顔をしているはずなのですが、こんな距離と条件なので、じっくり観察することはできず。

しかし、長い尾羽です。。



お次は、Wreathed Hornbill。

121109シワコブサイチョウ1

嘴の上にある模様も気になりますが、何より気になるのは、喉にぶら下がった黄色いコブ。。。

触ると固いのでしょうか・・・(汗


枝被りですが、木の実をパックン!

121109シワコブサイチョウ2



最後に、Wrinkled Hornbill。

121109ズグロサイチョウ
(ズグロサイチョウ)

今回見たHornbillの中では、一番近くでゆっくりと観察できました。

といっても、かなり見上げる距離なのですが・・・^^;

この子も青っぽいコブが・・・(汗


真下からの飛翔も。

121109ズグロサイチョウ2



威厳ある姿のHornbill。

遠いところを飛んでいる姿はよく見かけるのですが、近くでじっくり観察するのはなかなか難しかった・・・

また訪れることがあれば、サイチョウ達には是非出会いたいものです。

| 野鳥 | 22:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この

角?ですが、ちゃんとカスクという専門用語?があります。

何のためにあるのか、という議論は未だ決着つかないそうです。

| Kea | 2012/11/09 23:40 | URL |

>Keaさん
このサイのツノに例えられてる部分、カスクって言うんですね・・・
日本の鳥にカスクがつくものはいませんよね(笑
サイチョウにはもれなく付いてくるカスク。
カスク無しでも重そうな嘴なので、見ている限りは邪魔そうなんですが・・・
不思議です。。

| Tommy | 2012/11/10 01:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/380-5afc2b05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT