「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダヌンバレーの鳥⑧ -Babblers-

ダヌンバレーの鳥シリーズも、気が付けば毎日更新で既に8日目・・・

しかし、まだ終わりが見えません(汗

ごゆっくりお付き合い下さい^^;


今日はちょっとshyな子たちを・・・

まずは、Chestnut-winged Babbler。

121114アオメモリチメドリ1
(アオメモリチメドリ)

声は聞こえるのですが、藪の中。

なかなか姿を見せてくれず、とりあえず葉被りで撮影^^;


あとは隙間からで・・・

121114アオメモリチメドリ2

全身見えた!(笑


英名の「Chesnut-winged」も、和名の「アオメ」も、どちらも特徴を押さえてますね。

121114アオメモリチメドリ3

近くで撮れたので、3枚とも図鑑写真ですが^^;


お次は、Striped Wren Babbler。

121114シラフサザイチメドリ1
(シラフサザイチメドリ)

早朝の熱帯雨林、SSは1/10。


昼でも暗い熱帯雨林の中では、撮影が難しい・・・

121114シラフサザイチメドリ2



ここから2種は見づらい証拠写真だけですが・・・

Chestnut-backed Scimitar Babbler。

121114セアカマルハシ
(セアカマルハシ)

日本ではこんな雰囲気の鳥はいませんね(汗

近くの木の上をちょこまかと動き、なかなかファインダーに入ってくれません・・・

入ったと思っても葉が被ったり、ピンが合わなかったり(汗

苦労してようやくこの1枚。。それでもピン甘・・・

うーん、悔しい!


Babblerは声が綺麗な種が多く、それでいて藪の中で動き回るので、見つけづらい印象が強かったです・・・

他にも何種か見たのですが、証拠写真を撮れなかったものも。。

せめて英名を聞いて、どんな鳥かが思い浮かぶくらいには、予習しておけば良かったと後悔です(泣

| 野鳥 | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やがて

東南アジアに通いだすと、どんどんBabblerが好きになってきます。

とっつきにくいですが、味がある、スルメ連中です。

| Kea | 2012/11/15 07:04 | URL |

>Keaさん
スルメとは上手く言いましたね(笑
でも確かに、私は行く前まであまりBabblerに興味無かったのですが・・・現地では、あの見づらさと声の美しさに惹かれました。。
次回はちゃんと勉強していこうと^^;
きっと難しくて出来ないんですけどね。。

| Tommy | 2012/11/18 21:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/385-322171af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT