「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダヌンバレーの鳥⑬ -証拠写真・・・-

今日は、見るに堪えない証拠写真たちを何枚か・・・(汗

これまでに紹介した中にも、ヒドイ写真は間々見受けられましたがが^^;


中では比較的マシな写真の、Dark-throated Oriole。

121119ムナフコウライウグイス
(ムナフコウライウグイス)

英名にあるDark-throatedは♂の特徴のようで・・・

写真の♀ではよく分かりませんね^^;


お次は、キナバル公園で見たBornean Forktailに似ていますが・・・

頭部の白色部が違う、White-crowned Forktail。

121119エンビシキチョウ
(エンビシキチョウ)

これまた暗い時間帯、歩道の上を歩いていました。

そして例によって警戒心が強く・・・近づけません(汗


ボルネオ固有種のWhite-crowned Shamaも見られたのですが・・・

早朝で非常に暗く、しかも遠かった・・・(泣

121119シラガシキチョウ
(シラガシキチョウ)

撮れたのはこれ1枚だけ。。



遙か彼方の高木の枯れ木にとまった鳥を見つけて見てみると・・・

変な尾羽のシルエットが(汗

こんな尾羽の鳥は、私の頭では Greater Racket-tailed Drongo 以外に該当種が思いつきません。。

121119カザリオウチュウ
(カザリオウチュウ)

しかし、遠い、逆光、尾羽が片方欠けてるの3拍子揃ってます!

見たい鳥だったことは間違いないのですが・・・もう少しまともに見たかった(泣



そして個人的には、今回のどうしようもない証拠写真No.1・・・

Crested Fireback。

121119コシアカキジ1
(コシアカキジ)

後ろ向きの時→ピントが合う。

横向きの時→ピンぼけor枝被りで顔が見えない

そして、500mmでは近すぎてフレームアウトする。。

我ながら情けない撮影能力・・・(泣

ということで、後ろ向きで枝被りで、ピンが合った写真を載せておきます。。


どうしてこんな写真しか撮れないかな・・・(凹

| 野鳥 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/390-67ecda3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT