「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出水のツルたち

オオカラモズを見た後は、出水へ移動。

到着した頃には既に日没直前の時間でしたが・・・

それでも、見られるツルは全部見ておかないと!と、捜索開始。


まずは今年の目玉商品。

ソデグロヅル1
(Siberian Crane)

ソデグロヅル幼鳥。


にしても、この目つきの悪さ・・・反則です。。

ソデグロヅル2


羽繕いしてても・・・目つきは変わりません(汗

ソデグロヅル3



お次は、間近で観察できたカナダヅル。

130226カナダヅル1
(Sandhill Crane)


3羽が仲良く一緒に行動してました。

130226カナダヅル2

日没寸前、夕陽を浴びて赤く染まってます・・・


少し離れたところにいた、褐色味の強い個体。

130226カナダヅル3


見返りポーズで・・・

130226カナダヅル4


これはちょっと悩んだのですが・・・

130226クロヅル1
(Common Crane)

クロヅル幼鳥。


ただ、私も詳しくないので「ナベクロ幼鳥の可能性は?」と言われると、否定できません・・・

130226クロヅル2

クロヅル幼鳥とナベクロ幼鳥の識別に悩まされるとは思いませんでした。

素直に見ればクロヅル幼鳥で良いと思うのですが、ナベヅルとクロヅルの幼鳥の識別ポイントがしっかり頭に

入っていないので、自分の中でその可能性を否定できないのでしょうね・・・

不勉強さを身に染みて感じます。。

また機会があれば観察してみたいです。


ちなみに、成鳥は遙か彼方にいたので、写真は諦めました^^;


こちらは、ナベクロヅル(ナベヅルとクロヅルの雑種)。

130226ナベヅル×クロヅル1
(Hooded Crane × Common Crane)

体色はかなり黒っぽく、ナベヅルの特徴が強く出ている気がします。


この日はほぼ1日を鹿児島で過ごして終了。

この後、福岡まで戻りました・・・

| 野鳥 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/434-9a8e87a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT