「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4/28-29 舳倉島

相変わらず、なかなか更新ができない日々が続いています。。

いつになったら更新が追いつくコトやら。


4月前半は海象が悪く、島に渡ることができませんでした・・・

久々に渡れたのは、GW前半の4月末。

今日はその時の鳥果を。


こんな赤いの見たことが無い・・・と、思わず言ってしまうほど赤いハチジョウツグミ。

130606ハチジョウツグミ1
(Dusky Thrush)


背中まで赤いんです・・・

130606ハチジョウツグミ2



こちらは、何だか色の薄いチョウゲンボウ。

130606チョウゲンボウ
(Common Kestrel)

「チョウセンチョウゲンボウ」だと言う話を聞きましたが・・・

130606チョウゲンボウ2

私には、チョウゲンボウとチョウセンチョウゲンボウの違いがよく分かりません。。

確かに、チョウゲンボウの色に濃淡があるのは事実でしょうけど。。



警戒心をどこかに忘れてきたキマユホオジロ。

130606キマユホオジロ
(Yellow-browed Bunting)

歩いていたら、足元で何かが歩いたと思ったらこの子でした(汗

全然逃げないんです・・・


たくさんいたカラアカハラ。

130606カラアカハラ
(Grey-headed Thrush)

カラアカハラが多かったのは、今年の春の渡りの特徴の1つと言って良いでしょう。

もうこんな年、そうそうないのでしょうね。


窓ガラスに激突して脳震盪を起こしているエゾムシクイ。

130606エゾムシクイ
(Sakhalin Leaf Warbler)

この後しばらくして、よたよたと飛び立っていきました^^;


アカウソ♂。

130606アカウソ
(Eurasian Bullfinch)


最後は・・・この時の人気者、カラシラサギ。

美しい夏羽でした。

130606カラシラサギ2


餌を狙って、岩場を行ったり来たり。

130606カラシラサギ3


トリケラトプス!(笑

130606カラシラサギ1


最後は図鑑写真。

130606カラシラサギ4

カラシラサギ、やっぱり冠羽が美しいですね。



FN(2013.4.28-29 舳倉島)
ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、ヒメウ、ウミウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、カラシラサギ、ツツドリ、コチドリ、タシギ、アカアシシギ、タカブシギ、イソシギ、ウミネコ、トビ、ハイタカ、サシバ、ノスリ、ヤツガシラ、カワセミ、アカゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、サンショウクイ、ミヤマガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヒガラ、ヒメコウテンシ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、カラアカハラ、クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、コマドリ、ノゴマ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、イソヒヨドリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、シメ、イカル、ホオジロ、ホオアカ、コホオアカ、キマユホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ、クロジ、オオジュリン 計85種

| 野鳥 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/463-0eedc5fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT