「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

赤頭

島で見られるかどうか心配だった鳥。

アカガシラカラスバト。


しかし、そんな心配をよそに・・・

アカガシラカラスバト2
(Japanese wood Pigeon)

見られないだろうと思っていた、父島で見ることができました!!


今年生まれの幼鳥なのでしょうか。

アカガシラカラスバト3

近いのですが・・・全然逃げません。。。

この警戒心の無さ、猫がいたら簡単にやられてしまうのも頷けます。。


「赤頭」がよくわからない真っ黒な頭です。。

アカガシラカラスバト4

さすがに父島はこの1個体だけ。


以下は、母島で見られた個体。

これは生まれて2年目でしょうか?

アカガシラカラスバト11

まだ頭部の赤味も羽の金属光沢も完全ではありません。


畑のパイプの上に・・・(汗

アカガシラカラスバト7

この子は足輪付き。

これだけ綺麗ならば成鳥でしょうね。


残りの写真は、上とは別の成鳥。

アカガシラカラスバト


後ろ向き。

アカガシラカラスバト1


暗い森の中で、この美しい光沢を写すのは難しい・・・

のび〜っと。

アカガシラカラスバト6


舌が・・・(汗

アカガシラカラスバト5


晴れたら晴れたで、木漏れ日が眩しすぎて露出がうまくいきません・・・

アカガシラカラスバト8


最後は、いい感じの光でガジュマルの実と並んでたのに・・・

アカガシラカラスバト10

枝かぶり!(泣


そうは言っても、少し前までは幻の鳥と言われたアカガシラカラスバト。

保護の取り組みがうまくいっているのか、個体数は着実に増えているようです。

もしまた小笠原を訪れることがあったなら・・・その時には、普通に見られる鳥であってほしいものです。

| 野鳥 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/490-53a43da8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT