「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月の早池峰②

7/14の早池峰の続き。

まずは地味どころから・・・^^;

131002サマニヨモギ

サマニヨモギ。

本州では局地分布する植物です。


こちらも、本州では早池峰と八甲田山の分布とされているチシマツガザクラ。

131002チシマツガザクラ

・・・の蕾(汗

北海道の大雪山系では素晴らしい群落が見られます。

本州に来る直前、旭岳~黒岳を歩いた時に見た群落が忘れられません・・・


チシマゼキショウ。

131002チシマゼキショウ1

これはまだ蕾ですね^^;


礼文島で見て以来、好きになった花です。

131002チシマゼキショウ2

小さいのですが、まとまった花が綺麗です。


こちらは、チシマゼキショウに似たヒメイワショウブ。

131002ヒメイワショウブ

チシマゼキショウは世界的に見れば分布が広い種ですが、ヒメイワショウブは日本固有。

と聞くと、急にありがたみが増してくるのは私だけでしょうか^^;

それでも、花としてはチシマゼキショウの方が好み・・・(笑


こちらはチシマフウロ。

131002チシマフウロ1

私の持っている図鑑では、分布域に早池峰が入っていないのですが・・・(汗

北海道の山ではごく普通に見られるのですが、本州では東北の山に局地的に分布しています。


ミヤマオダマキ。

131002ミヤマオダマキ2

これは特に小さい株でした。


こちらは花の色が薄い株。

131002ミヤマオダマキ1

優しい雰囲気になりますね。


早池峰固有種、ナンブトラノオ。

131002ナンブトラノオ1

花期が長い花なのでいくらかは見られましたが、見頃は8月上旬でしょうか。


最後は、咲き残っていたミヤマシオガマ。

131002ミヤマシオガマ

何度見ても撮ってしまう、見応えのある花です。



早池峰の翌日は至仏山に登る予定でしたが、鳩待峠に着いた時点で強風と大粒の雨。

ということで、尾瀬ヶ原散策の写真でも^^;

| 植物 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/493-65418802

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT