「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アポイの花々②

アポイ岳には、「アポイ」と名の付く花がたくさん。

超塩基性の地質でしか見られない、局所分布の植物の宝庫です。


まずは、アポイハハコ。

131025アポイハハコ1

葉の触感がふわふわなので、友人達とは「あぽいふわふわ」なんて言ったりしてますが・・・^^;

通常より葉先が丸い、タカネヤハズハハコの品種にあたります。


アポイゼキショウの蕾。

131025アポイゼキショウ1

普通よりも花がまばらに付く、チシマゼキショウの変種。


こちらは、アポイツメクサ。

131025アポイツメクサ1


葉が細長い、カトウハコベの固有変種です。

色も全体的に濃い感じですね。

131025アポイツメクサ2


残りは・・・

131025アポイマンテマ1

アポイマンテマ。


チシママンテマの固有変種です。

131025アポイマンテマ8


マンテマ特有の変な形の花・・・

131025アポイマンテマ3


大好物です(笑

131025アポイマンテマ5


花が薄いピンク色の株も。

131025アポイマンテマ4


ここまでの写真は、全て登りで撮影したもの。

同じ株なのに、なんと帰りには・・・

131025アポイマンテマ7

なんか花弁がカールして縮んでる(汗

気温が上がるとこうなるのでしょうか。。



この花を見に登ったのはこれで3度目ですが、何度見ても良い花です。

131025アポイマンテマ6


きっとまた、この花を見に来ることがあるんだろうな-・・・

131025アポイマンテマ2



アポイ岳から下山した後は、三石温泉で汗を流してから新千歳空港へ。

3泊4日、仕事の用事もありましたが、楽しい北海道滞在になりました。

次はまた冬に行こうかな・・・。。

| 野鳥 | 02:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/501-b5d526f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT