「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白馬の花① 猿倉〜葱平

2年ぶりの猿倉からの登り。

前回と違ってテントを背負っての登山でしたが、思ったよりも楽に登れました。

少しは山歩きに慣れてきているようです^^;


大雪渓までの間は花が少ないのですが、それでも・・・


タマガワホトトギスに

131115タマガワホトトギス


オオバキスミレ

131115オオバキスミレ


キヌガサソウも、大きく美しい花を咲かせていました。

131115キヌガサソウ


大雪渓は、ところどころ大きなクレバスができている影響で、右岸側の雪渓ギリギリの部分を登っていきます。

岩場と雪の両方を行ったりきたりするくらいなら、むしろ、ずっと雪渓を歩けた方が楽・・・


大雪渓の後もやや急登ですが、花々が目を楽しませてくれます。


タカネコウゾリナ

131115タカネコウゾリナ1


キバラノカワラマツバ

131115キバナノカワラマツバ1

小さな花ですが、これだけ咲くと目を引きます。


所々に咲いていたクロトウヒレン。

131115クロトウヒレン

131115クロトウヒレン2


数が少なく、良い状態の株を見つけられなかったシコタンハコベ。

131115シコタンハコベ1


岩場のミヤマダイコンソウ。

131115ミヤマダイコンソウ


先日の北岳でも紹介したハグロモグサ。

131115ハゴロモグサ1

目立たない花でも、分かってしまえば見つけられるようになるものですね^^;


ミヤマオダマキ。

131115ミヤマオダマキ


タイツリオウギ。

131115タイツリオウギ


白馬の名を冠した花も・・・

シロウマオウギ。

131115シロウマオウギ

真っ白かと思ったら、うっすらとピンク色を帯びています。


そして、シロウマアサツキ。

131115シロウマアサツキ2


シロウマアサツキに由来している「葱平」って「ねぎだいら」って読むと思っていたら・・・

「ねぶかびら」なんですね。。読めない(汗


次回は、稜線周辺の花を紹介します。

| 植物 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/514-ce6cc34a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT