「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birds of Cairns 01

約3週間、ブログを放置してしまいました・・・

お盆休みに急遽、海外遠征に出かけることになり、その準備やら仕事やら何やらでバタバタ。。

おかげで、ブログに全く手をつけられずにいました。。


お盆の遠征の写真整理もままならないのですが、少しずつブログも更新していきます。

どうやって紹介していこうか悩んでいたのですが、私が歩んだ行程を書いて行こうと思います。


5/30の早朝。

ケアンズ空港に到着した我々をロビーで迎えてくれたのは、ガイドのMさん。

今回の旅の大半は、Mさんのお世話になりました。


早速向かったのは、市街地にあるスーパーの駐車場。

そこで見たものは・・・

140818Sulphur-crested Cockatoo(キバタン)1
(キバタン)

Sulphur-crested Cockatooのねぐら!!

1本の木に100羽以上のSulphur-crested Cockatooがとまっている姿は壮観でした・・・

と、こんな光景で旅は始まりました。。


しかし可愛い。。

140818Sulphur-crested Cockatoo(キバタン)2


その後、すぐにBotanic Gardenへ移動して探鳥開始。

歩き始めてまもなく、Orange-footed Scrubfowlの姿。

140818Orange-footed Scrubfowl(オーストラリアツカツクリ)
(オーストラリアツカツクリ)


と、すぐそばでぼーっと佇んでいるのは、Bush Stone-curlew。

140818Bush Stone-curlew(オーストラリアイシチドリ)1
(オーストラリアイシチドリ)

このだるい感じ・・・一目惚れしました(笑


こういう雰囲気の鳥が好みなのは秘密です^^;

140818Bush Stone-curlew(オーストラリアイシチドリ)2

正面から見ても変わらぬ魅力。。

結局、見ている間はほとんど動きませんでした。。


と、見とれていると、上空を飛ぶ一羽の猛禽。

Brahminy Kite!

140818Brahminy Kite(シロガシラトビ)
(シロガシラトビ)


しかし、休む間もなく次々と現れる鳥・・・

お次はCollared Kingfisher。

140818Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)1
(ナンヨウショウビン)

Brahminy KiteもCollared Kingfisherも、日本では珍鳥ですが・・・東南アジアやオーストラリアでは普通種。

現地のガイドには、ほぼ無視されます(汗


この辺りから雨脚が強まってきましたが・・・

鳥は次々と出てきます。。


Black Butcherbirdの幼鳥。

140818Black Butcherbird(クロモズガラス)
(クロモズガラス)


Varied Trillerの幼鳥。

140818Varied Triller(マミジロナキサンショウクイ)
(マミジロナキサンショウクイ)

この個体は、Cicadabirdとの識別に悩みましたが、Cicadabirdであれば下面の茶色味がもっと強く、翼帯は

全く出ないと、ガイドが教えてくれました。


Yellow Oriole。

140818Yellow Oriole(キミドリコウライウグイス)
(キミドリコウライウグイス)

この時も同時に何種もの鳥が出ていて、どれを見て撮っていいのやら迷ってましたが・・・

ガイドがこの鳥はこの後見る機会があまりないから優先順位が高いと教えてくれました。

その言葉のとおり、今回の旅ではこの後Yellow Orioleに出会っていません(汗


群れで行動していたMetallic Starling。

140818Metallic Starling(オナガテリカラスモドキ)
(オナガテリカラスモドキ)

この鳥は市街地のあちこちで見かけました・・・

ミドリカラスモドキに激似です。。


今回、見たいと思っていた猛禽にも、いきなり出会えました・・・

Grey Goshawk。

140818Grey Goshawk(オーストラリアカワリオオタカ)
(オーストラリアカワリオオタカ)

次は白色型も見てみたい!!


白が美しい、Torresian Imperial-Pigeon。

140818Torresian Imperial-Pigeon(パプアソデグロバト)
(パプアソデグロバト)


もちろん、ここに写真を載せていない鳥も色々と見ているのですが・・・

とりあえず、ある程度の写真が撮れたorその場所でしか見られていない鳥を優先して載せていきます^^;

次回は、Botanic Gardenの水辺の鳥達を。

| 野鳥 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/595-e0e9270d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT