「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birds of Cairns 05

5/31。

宿を出発し、向かう先は・・・Mareeba。

農耕地で鳥影の濃そうな場所に車をとめては鳥を見ます。

Australian Magpie。

140825Australian Magpie(カササギフエガラス)
(カササギフエガラス)

この配色なので、車で走っているとMagpie-larkと間違えそうになります^^;


Chestnut-breasted Mannikin。

140825Chestnut-breasted Mannikin(シマコキン)
(シマコキン)

あちこちで群れを見られたので、きっと普通種。


こちらはRufous Whistler!

140825Rufous Whistler(アカハラモズヒタキ)
(アカハラモズヒタキ)

写真では逆光で分かりづらいですが、背面の青みがかったグレーと下面の赤のコントラストが美しい鳥です。


名前のとおり、全身黄色のYellow Honeyeater。

140825Yellow Honeyeater(キイロミツスイ)
(キイロミツスイ)


この辺りでは数が多かったTree Martin。

140825Tree Martin(キビタイツバメ)
(キビタイツバメ)

和名ではキビタイですが・・・決して黄色く見えません^^;

ちょっと内陸の乾燥した環境を好むようです。


次は、個人的にはFriarbirdの中で綺麗な方だと思っている、Little Fraiarbird。

140825Little Friarbird(ヒメハゲミツスイ)
(ヒメハゲミツスイ)

首回りの青と黄色がオシャレ。。


次は、見て感動した鳥のひとつ。

Red-backed Fairywren。

140825Red-backed Fairywren(セアカオーストラリアムシクイ)1
(セアカオーストラリアムシクイ)

こんな小さくてカワイイ小鳥に、この配色は反則!!

雌は地味でも・・・

140825Red-backed Fairywren(セアカオーストラリアムシクイ)2

やっぱりカワイイ(汗

ケアンズに行くなら必見の1種です。。

今回の旅では、Fairywren は Lovely Fairywren も見ることができたのですが、写真は撮れなかったので・・・

写真が撮れたのはこのRed-backedだけ。


お次も赤い鳥・・・Scarlet Honeyeater。

140825Scarlet Honeyeater(クレナイミツスイ)1
(クレナイミツスイ)

目が覚めるような赤!


雌は・・・

140825Scarlet Honeyeater(クレナイミツスイ)2

ちょっと顔に赤味はありますが、やっぱり地味です。。


この後、Mareebaで昼食を食べて、Granite Gorgeへ移動しながら鳥見。


鋭い冠羽が印象的な、Crested Pigeon。

140825Crested Pigeon(レンジャクバト)
(レンジャクバト)


ちょっと角度を変えると・・・翼が美しい色に見えます。

140825Crested Pigeon(レンジャクバト)2


道中、Brown Goshawkが飛びます。

140825Brown Goshawk(アカハラオオタカ)
(アカハラオオタカ)

遠かったので画質が悪いですが(汗


今日の最後は、こちらも見られて嬉しかった鳥。

Striated Pardalote。

140825Striated Pardalote(キボシホウセキドリ)
(キボシホウセキドリ)

ホウセキドリの仲間はぜひ見たいと思っていたので、この美しい姿を見た時には感動しました・・・


次回は、Granite Gorgeの鳥たちを。

| 野鳥 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/599-db769d79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT