「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birds of Cairns 10

延々と続くCairnsの鳥シリーズですが・・・・

(多分)そろそろ折り返し地点です。。。

ご辛抱願います(汗


前日の夜間観察から帰り、翌日は早朝発でMt.Hypipameeへ向かいます。

駐車場で車から降りると、そこにいたのはGrey-headed Robin。

Grey-headed Robin(ハイガシラヤブヒタキ)
(ハイガシラヤブヒタキ)

Robinと名の付く鳥としてはちょっと大きめ・・・

ですが、なかなか魅力的な配色の鳥です。


他の場所でも見ていますが、Grey Fantail。

Grey Fantail(ハイイロオウギビタキ)1
(ハイイロオウギビタキ)


Fantailはどの種も仕草が可愛いので必見です。。

Grey Fantail(ハイイロオウギビタキ)2


こちらは、Brown Gerygone。

Brown Gerygone(チャイロセンニョムシクイ)
(チャイロセンニョムシクイ)

Gerygoneの仲間は美しい声で鳴くものが多いです。

写真は・・・日本のムシクイと同様、動きが速いので難しい(汗


相方が見つけてくれた、Tooth-billed Bowerbird。

Tooth-billed Bowerbird(ハバシニワシドリ)
(ハバシニワシドリ)

こう、木の上でじっとしている鳥を見つけるのが私は苦手・・・(汗

この場所では、Golden Bowerbird(オウゴンニワシドリ)を狙って2時間程待ったのですが・・・

残念ながら見られませんでした。

ただ、写真には撮れませんでしたが、Satin Bowerbird(アオアズマヤドリ)を見られたのは嬉しかったです。


Mt.hypipameeを後にし、次に向かった先はWondecla。

まず見かけたのは、Fuscous Honeyeater。

Fuscous Honeyeater(コバシミツスイ)
(コバシミツスイ)

ここまで1羽も見ていなかった鳥が、この森では優占種。


下面の黄色が鮮やかな、Eastern Yellow Robin。

Eastern Yellow Robin(ヒガシキバラヒタキ)
(ヒガシキバラヒタキ)


2日目に見た、Red-backed Fairywren も姿を見せてくれました。

Red-backed Fairywren(セアカオーストラリアムシクイ)2
(セアカオーストラリアムシクイ)


何度見ても可愛らしい鳥です。

Red-backed Fairywren(セアカオーストラリアムシクイ)1


こちらは逆光で見づらいですが・・・Yellow-faced Honeyeater。

Yellow-faced Honeyeater(キホオコバシミツスイ)
(キホオコバシミツスイ)


肝心の顔が撮れなかった、White-cheeked Honeyeater。

White-cheeked Honeyeater(ホオジロキバネミツスイ)
(ホオジロキバネミツスイ)


赤い眉が印象的な、Red-browed Finch。

Red-browed Finch(フヨウチョウ)
(フヨウチョウ)

2日目のMareebaでも見ていたのですが、頭上だったのでハッキリとは見れておらず・・・

この姿を見た時は感動でした。。


今日の最後は・・・White-throated Treecreeper。

White-throated Treecreeper(ノドジロキノボリ)
(ノドジロキノボリ)

一見するとツグミの様な体つきですが、行動はその名の通り、キバシリのように登ってました(汗

爪がすごく発達してますね。


次回は、Hasties Swampで出会った鳥たちを。

| 野鳥 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/604-7f29bf3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT