「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birds of Cairns 13

ケアンズ5日目の6/3。

Lake Barrineでの探鳥を終えた後は、昼食を兼ねてGallo牧場へ。

途中の農耕地でも鳥を探します。


Australian Pipit。

140910Australian Pipit(オーストラリアマミジロタヒバリ)
(オーストラリアマミジロタヒバリ)

Pipitはどこへ行っても似てますね(汗


遠くて逆光でしたが・・・

Brown Falcon。

Brown Falcon(チャイロハヤブサ)
(チャイロハヤブサ)


食事する店の駐車場前にいたのは、White-shouldered Triller。

White-shoulderd Triller(ミイロナキサンショウクイ)
(ミイロナキサンショウクイ)

成鳥はもっと白黒のハッキリした美しい鳥なのですが、幼鳥はこんな地味な姿。。


昼食後は、Lake Tinarooへ。

湖の縁を歩く予定だったのですが、水かさが高くて断念・・・

ほぼ定点での鳥見に。。


水辺に降りていたWelcome Swallow。

Welcome Swallow(オーストラリアツバメ)
(オーストラリアツバメ)

街中でも多いツバメ。

見た目はリュウキュウツバメそっくり・・・と言うか、違いが分かりません(汗


Australian Pipitはここでも見られました。

140910Australian Pipit(オーストラリアマミジロタヒバリ)2


前日、Hasties Swampで何個体も見ていながら、暗くて写真が撮れなかったPurple Swamphen。

Purple Swamphen(セイケイ)
(セイケイ)

日本でも記録がありますね。

想像以上に警戒心が薄かったことと、ぶっとい嘴が印象的でした・・・


浅瀬で採餌中のWhite-headed Stilt。

White-headed Stilt(オーストラリアセイタカシギ)1
(オーストラリアセイタカシギ)

こちらも日本でも記録がありますね。


日本で見られるセイタカシギと同様、スタイルは抜群。。

White-headed Stilt(オーストラリアセイタカシギ)2


2日目のMareebaでも見ている、White-necked Heron。

White-necked Heron(シロガシラサギ)
(シロガシラサギ)

ここでは、木に止まった姿を観察できました。


あとは遙か彼方の対岸の鳥・・・

この写真じゃサッパリ分からないかも知れませんが、一応、BrolgaとSarus Crane。

Sarus Crane,Brolga(オオヅル,オーストラリアヅル)
(オーストラリアヅル、オオヅル)

プロミナではなんとか識別できる程度に見られたのですが、写真だとさっぱりですね。。


こちらも豆粒・・・

Swamp Harrier。

Swamp Harrier(ミナミチュウヒ)
(ミナミチュウヒ)

かろうじて白い腰が見えるでしょうか^^;


Lake Tinarooでの鳥見の後は、Yungaburraへ移動。


移動途中に出会ったのは・・・Spotted Harrier!

Spotted Harrier(ウスユキチュウヒ)1
(ウスユキチュウヒ)

白い斑が美しい猛禽です。


翼下面にも。

Spotted Harrier(ウスユキチュウヒ)2


Yungaburraでは、小鳥を2種。

1種は、Silvereye。

Silvereye(ハイムネメジロ)
(ハイムネメジロ)

和名は「ハイムネ」ですが、実際に灰色なのはどちらかというと背・・・^^;


もう1種は、White-throated Gerygone。

White-throated Gerygone(ノドジロセンニョムシクイ)
(ノドジロセンニョムシクイ)

喉の白と腹の鮮やかな黄色がが印象的。

美しい鳥でした。



この日はこの後、さらにLake Michellへ移動します・・・

| 野鳥 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/607-5deb1332

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT