「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birds of Cairns 15

今日はLake Michaellの水辺で見られた鳥たちを。

まずはMagpie-goose。

140913Magpie-goose(カササギガン)
(カササギガン)

木にとまる鳥だと思っていなかったので・・・

肉眼で見た時は何がとまっているのかと思いました(汗


湖の対岸近く、完全に証拠写真ですが・・・Black Swan。

140913Black Swan(コクチョウ)
(コクチョウ)


お次は、初日にガイドから「多分今回の旅では見られない」と宣告され、諦めていたCotton Pygmy-goose!

140913Cotton Pygmy-goose(ナンキンオシ)1
(ナンキンオシ)

飛んでいるところしか見られませんでしたが・・・


今年は日本にも飛来していましたが、日本ではド珍鳥ですね。。。

140913Cotton Pygmy-goose(ナンキンオシ)2

翼のパターンが実に美しかったです。


木に止まっているのは、Little Pied Cormorant。

140913Little Pied Cormorant(シロハラコビトウ)
(シロハラコビトウ)

湖や湿地ではよく見かける鳥です。


近くの木に目を移せば、Olive-backed Oriole。

140913Olive-backed Oriole(シロハラコウライウグイス)
(シロハラコウライウグイス)


Golden-headed Cisticolaもすぐ近くに。

140913Golden-headed Cisticola(タイワンセッカ)
(タイワンセッカ)

オーストラリア~東南アジア、台湾、中国、インドまで広く分布しており、いずれ日本でも記録されそうな鳥ですね。


この湖を訪れた目的のひとつ・・・

Comb-crested Jacana。

140913Comb-crested Jacana(トサカレンカク)1
(トサカレンカク)

初日に訪れたCattana Wetlandsで見られなかったので、もう今回の旅ではチャンスはないかと思ってましたが・・・


しっかりと観察できて良かったです。

140913Comb-crested Jacana(トサカレンカク)2


さて、次回はガイド付き探鳥の最終日です。。

しかし、ケアンズ編がちょっと長すぎますね・・・(汗

何度も言ってる気がしますが、もうしばらくご辛抱下さい(汗



今日のオマケは、宿周辺に戻ってから見られたものを。

1つは、Fairy Gerygone。

140913Fairy Gerygone(ノドグロセンニョムシクイ)
(ノドグロセンニョムシクイ)

どの辺りがノドグロなんでしょうね(汗



もうひとつは・・・

White-lipped Tree Frog。

140913クツワアメガエル
(クツワアメガエル)


英名の“White-lipped”は、下あごの白い部分を言っているのでしょうか。

写真で見ると、大きさがよく分かりませんが・・・15cmくらいあったでしょうか。

手のひらサイズでした。。

| 野鳥 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/609-0825d9dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT