「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7/20-21 鳥海山①

数年前から、登りたいと思いながら機会を逸していた山。

鳥海山。

今年は天候に危ぶまれながらも、なんとか登ってくることができました。


私が選択したコースは・・・

滝ノ小屋登山口→八丁坂→河原宿→千畳ヶ原・仙人平→御浜小屋(宿泊)

御浜小屋→七五三掛→鳥海山(新山)→七高山→伏拝岳→心字雪渓→河原宿→滝ノ小屋登山口


特に1日目は、道が分かりづらい箇所や、道が悪い箇所、アイゼン無しでは辛い雪渓などもあり、

時折、強い雨に降られて体力と気力を奪われながらの、想像以上に時間のかかるコースでした^^;


今日は、主に八丁坂で見られた花を。

ハクサンシャジン。

141013ハクサンシャジン1

141013ハクサンシャジン2

この薄い青紫、好きな色です。


ウラジロヨウラク。

141013ウラジロヨウラク


シナノオトギリ。

141013シナノオトギリ


トウゲブキ。

141013トウゲブキ


花柱が面白く、毎回撮ってしまう・・・ミヤマホツツジ。

141013ミヤマホツツジ1


コミヤマハンショウヅル。

141013ミヤマハンショウヅル


特徴の葉も撮ってみました。

ミヤマハンショウヅルが二回三出複葉なのに対して、コミヤマハンショウヅルは一回三出複葉。

141013ミヤマハンショウヅル2


で、こちらが・・・果実(集合果)。

141013ミヤマハンショウヅル3


ヤマハハコ。

141013ヤマハハコ


同じ株の花のアップ。

141013ヤマハハコ2


ミヤマツボスミレ。

141013ミヤマツボスミレ

細長い花弁が印象的でした。


八丁坂を登っていたときは、まだ晴れていました。

141013庄内平野




今日のオマケは・・・

八丁坂で出会ったむし。


カラカネハナカミキリ。

141013カラカネハナカミキリ


ヒゲジロハナカミキリ。

141013ヒゲジロハナカミキリ

触角の一部が白いのが特徴です。


そして、はち・・・の正面顔。

141013はち・・・

何だか不思議な雰囲気になってしまいました(汗

| 植物 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/621-84c55ce5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT