「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in Sulawesi 03

前回書いたとおり、今日は8/9のTangkokoでの鳥見のハイライトを。


Ashy Woodpeckerを見ている時に、ガイドが急にこっちに来いというので、行ってみると・・・

141107Lilac-cheeked Kingfisher(アオミミショウビン)1
(アオミミショウビン)

Lilac Kingfisher!

スラウェシの固有種です。


この日この時のワンチャンスかと思っていましたが・・・最終日にも見ることができました。

141107Lilac-cheeked Kingfisher(アオミミショウビン)2

捕らえたのはクモでしょうか?


次もスラウェシ固有種。

Red-backed Thrush。

141107Red-backed Thrush(ムナグロジツグミ)1
(ムナグロジツグミ)


どうしても抜けた場所に出てきてくれず、常に被り被りでした^^;

141107Red-backed Thrush(ムナグロジツグミ)2

にしても、魅力的な色彩です。。


こちらは同じ枝に2羽。

141107Red-backed Thrush(ムナグロジツグミ)3

Tangkokoではポピュラーな鳥のようで、最終日にも見る機会がありました。


まだ続きます。。

ガイドについて森の奥へ向かい、見たものは・・・

Ochre-bellied Boobook!

141107Ochre-bellied Boobook(チャバラアオバズク)3
(チャバラアオバズク)

固有種、固有種と続きますが・・・この鳥もスラウェシ固有種。


少し離れた枝にはもう1羽。

141107Ochre-bellied Boobook(チャバラアオバズク)1

ガイドは、上の個体が雌で下の個体が雄だと言っていましたが・・・私には違いが分かりません(汗


夜も良いですが、昼に見るフクロウ類もやっぱり魅力的。

141107Ochre-bellied Boobook(チャバラアオバズク)2


そして、今回の旅でどうしても見たかった鳥の1つ。

Red-bellied Pitta!

141107Red-bellied Pitta(アカハラヤイロチョウ)1
(アカハラヤイロチョウ)

この姿を見て、ガイドとがっちり握手。


現地では興奮して大変でした(笑

141107Red-bellied Pitta(アカハラヤイロチョウ)2

フィリピンからスラウェシ、ハルマヘラ、パプア、オーストラリア北部まで広く分布する鳥ですが、やっぱりPittaは見られると

嬉しいです・・・


思ったより愛想も良く、一度は抜けた場所にも出てきてくれました。

141107Red-bellied Pitta(アカハラヤイロチョウ)3


上とほぼ同じカットですが、図鑑写真も。

141107Red-bellied Pitta(アカハラヤイロチョウ)4


水色の頭央線も印象的です。

141107Red-bellied Pitta(アカハラヤイロチョウ)5

この後、また森の奥へと消えていきました・・・

ほんの5分くらいでしたが、忘れることができない時間になりました。

この時、気がかりだったのは、同行者のKohがどうしても見たいと言っていた鳥を自分1人で見てしまったこと(汗

結局、Kohも最終日に見られたので良かったのですが、この時はそれで気が気じゃありませんでした^^;


Red-bellied Pittaを見た時点で既に夕方。

森も暗くなり始め、ガイドがそろそろ戻ろうと、歩き始めてしばらくした時。

前を歩いていたガイドが、急にガッツポーズ!

ガイドが指を差す先を見ると・・・・そこには、Sulawesi Kingfisher!

141107Sulawesi Dwarf Kingfisher(セレベスカワセミ)
(セレベスカワセミ)

この鳥を探してかなり歩いていたので、この日はもう無理かと諦めかけていた時に、この小さな宝石は反則です^^;

もちろん、名前が示すとおりのスラウェシ固有種。

しかし残念ながらやや遠く、しかもすぐに飛び去ってしまい、写真はこの1カットだけ。

それでも、とても印象的な初日の幕切れでした。

今思えば、本当に充実した初日だったんだな・・・とつくづく思います。


次回は、初日に見たTangkokoの動物たちも紹介しようと思います。

| 野鳥 | 23:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Tangkoko

東南アジアの森にしては開けているのでありがたいですよね。どこもあんな感じだといいけど(笑)

Ochreは私は見逃してしまいました。羨ましいです。

| Kea | 2014/11/07 22:59 | URL |

凄いですね

初日でこれだけ見れるとは鳥の密度が桁互いなんですね。
台湾やオーストラリアみたいに日本人バーダーはまだ少ない地域何で、新鮮ですね。次が楽しみです。
う〜ん、行ってみたい。

| tetu | 2014/11/08 07:00 | URL |

>Keaさん
見通しのきく明るい森だったのは楽で良かったです。
それでも暑いし辛いんですが^^;
ochre-bellied、見られなかったんですか?!
意外・・・

>tetuさん
鳥の密度が桁違いと言うより、ガイドが見つけてくれるんです(笑
私が見つける鳥はわずか・・・(汗
スラウェシは田舎ですが、優秀でで人柄の良いガイド達のお陰で本当に楽しめました!
台湾も近々行きたいと思ってます(笑

| Tommy | 2014/11/10 23:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/630-3ca7268f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT