「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in Sulawesi 07

スラウェシ3日目、8/11。

この日も前日と同じ山に登ります。


朝、畑で群れるChestnut Munia。

141115Chestnut Munia(キンパラ)
(キンパラ)


上空を舞うWhite-breasted Woodswallow。

141115White-breasted Woodswallow(モリツバメ)
(モリツバメ)


Collared Kingfisher。

141115Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
(ナンヨウショウビン)


この日もGreat Hanging Parrotに出会います。

141115Great Hanging Parrot(セレベスサトウチョウ)
(セレベスサトウチョウ)


そして再び森に突入・・・

前日も見ていた、Yellow-sided Flowerpecker。

141115Yellow-sided Flowerpecker(セレベスハナドリ)
(セレベスハナドリ)


お次は、この日のハイライトの1種。

Superb Fruit Dove。

141115Superb Fruit Dove(クロオビヒメアオバト)1
(クロオビヒメアオバト)

右が雌、左が雄。


Fruit Doveは今回の旅でぜひ見たいと思っていたグループ。

ケアンズでは見たい見たいと思いながらほとんどまともに見ることができなかったので・・・

141115Superb Fruit Dove(クロオビヒメアオバト)2

こちらは右が雄、左が雌。

この雄の配色は見ると感動します・・・


お次は、ものすごく地味な・・・Sulawesi Leaf Warbler。

141115Sulawesi Leaf Warbler(スラウェシムシクイ)
(スラウェシムシクイ)

日本で見られるムシクイと同様、動きが速い上に暗いところが好き。。

おかげで、まともな写真が撮れません(汗


Rusty-bellied Fantail。

141115Rusty-bellied Fantail(セレベスオウギビタキ)1
(セレベスオウギビタキ)


スラウェシの固有種。

141115Rusty-bellied Fantail(セレベスオウギビタキ)2

Fantailの仲間は姿も行動も魅力的なので、見たいと思う鳥のひとつ。

動きが素早く、なかなか写真に収めるのも苦労しますが・・・


この日も、Citrine Canary-flycatcherに出会えました。

141115Citrine Canary-flycatcher(カナリヤヒタキ)
(カナリヤヒタキ)


これも前日に見た、Sulpher-vented Whistler。

141115Sulphur-vented Whistler(セレベスヤマモズヒタキ)
(セレベスヤマモズヒタキ)


そして、この日の午前の一番の目的だったのはこの鳥。

Matinan Flycatcher。

141115Matinan Blue Flycatcher(サンホードヒメアオヒタキ)1
(サンホードヒメアオヒタキ)

・・・・地味っ!!!!!!!

Kohと2人で、あまりの地味さに顔を見合わせたほど(汗

しかし、この山頂まで約2時間、色々見ながらゆっくりとですが、苦労して悪路を登ってきたのはこの鳥を見るため(汗


確かに、スラウェシの固有種。

しかも、北部スラウェシのミナハサ半島の高標高地にのみ生息が知られています。

141115Matinan Blue Flycatcher(サンホードヒメアオヒタキ)2

しかし、Blue Flycatcherといえば、雄は青や朱の入り交じった美しい姿をしている種が多いのですが・・・

きっと、世界一地味なBlue Flycatcherだろうと思いました(汗

この鳥を求めてあの山を2時間以上登ったのは、この旅でも1,2を争う良き思い出です(笑



今日のオマケ。

この山のあちこちで見かけたチョウ。

141115ちょう

種不明です^^;

| 野鳥 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/635-189eb495

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT