「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in Taman Negara 04

5/5。

この日は未明に、ふと目をさましたときに、部屋のすぐ近くで

「ギャーギャギャギャ」

という特徴的な声を聞きます・・・。

旅行前に予習した声と一致していたので、朝起きて確認してみると、どうやらBlyth's Frogmouth。

見たい鳥だったので、すぐに外に出て探せば良かった・・・と後悔(汗


この日の午前は、前日の午後と同様に、Bumbun Blauで探鳥することに。

到着して間もなく、前日と同じ様に、Malayan Banded Pitta、Rail Babbler、Crested Partridgeの声が聞こえます。

この朝も、Crested Partiridgeはかなり近いところで鳴いていたが、その姿を確認することはできず。

Helmetted Hornbill(オナガサイチョウ)、Banded Kingfisher(カザリショウビン)も、複数羽の声がするも、姿を見られず。


ということで、午前に撮影したのはこれだけ・・・

150709Asian Paradise-flycatcher(カワリサンコウチョウ)
(カワリサンコウチョウ)

Asian Paradise-flycatcher。

この日は赤色型でしたが、近すぎて尾羽がフレームアウト・・・(汗


昼は少し休んだ後、私は宿の近くのイチジクの木の近くで座って鳥を待っていました。

上空を見ると、Germain's Swiftlet(たぶん)。

150709Germains Swiftlet(ジャワアナツバメ)
(ジャワアナツバメ?)


イチジクの木に来る数が多かったのは、Chick-billed Green Pigeon。

150709Thick-billed Green Pigeon(ハシブトアオバト)1
(ハシブトアオバト)


実を次から次へと食べてました・・・

150709Thick-billed Green Pigeon(ハシブトアオバト)2


他にも鳥はやって来ます。

Golden-whiskered Barbet。

150709Golden-whiskered Barbet(キホオゴシキドリ)
(キホオゴシキドリ)

枝被りですが(汗

その名の通り、頬が黄色いのが特徴。


同時に、Red-throated Barbet。

150709Red-throated Barbet(ノドアカゴシキドリ)
(ノドアカゴシキドリ)

こちらも名前の通り、真っ赤な喉が特徴。

ゴシキドリの仲間は派手な種が多く、パッと見は似ているのですが・・・

英名や和名が分かりやすく特徴を説明している種が多い気がします^^;


そして、もう1種は最も地味なゴシキドリかも・・・

Brown Barbet。

150709Brown Barbet(チャイロゴシキドリ)1
(チャイロゴシキドリ)


Brown Barbetはイチジクに関係なく、近くの木に10羽ほどの群れで飛来し、しばらく姿を観察させてくれました。

150709Brown Barbet(チャイロゴシキドリ)2

他のゴシキドリと比べると地味で体も小さめ。

それでも、赤い脚と太い嘴が印象的です。


と、Brown Barbetを観察していると、同じ木に飛んできたやや大きなグレーの鳥・・・

150709Red-billed Malkoha(アカハシバンケンモドキ)
(アカハシバンケンモドキ)

Red-billed Malkoha!

一瞬で飛び去ってしまったので、シャッターを押せたのはほんの数枚。


部屋のすぐ近く、ほんの1時間足らずでしたが、色々と観察できるものです・・・

| 野鳥 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/736-9af3e345

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT