「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の北岳 01

9/5~6。

ここ数年、毎年のように登山計画を立てながら、叶わなかった秋の北岳を目指しました。

3年前、2年前は悪天候に阻まれ・・・

昨年は天気は申し分なかったのですが・・・

現地の駐車場で満車、さらにバス待ち3時間と言われ、登る気を無くしてしまい、断念。


今年は2日目の天気が下り坂の予報だったため、山頂を踏まずに下山しましたが、狙いの花は見られたので良かったです。

ということで、今日から数回に分けて、見られた花々の一部をご紹介していきます。


まず、今日は広河原~二俣までの樹林下で見られた花を。

ノコンギク。

151208ノコンギク


株数は多く、沢沿いで多く見られました。

151208ノコンギク2

株により、白っぽい花から青みの強い花まで様々。


とにかくゴツくて大きな花が印象的な、フジアザミ。

151208フジアザミ1


葉もバカでかいのですが、やっぱりこの花の大きさは・・・

151208フジアザミ2

マクロで撮ると伝わりませんが、握り拳くらいの大きさです(汗


こちらも数多く咲いていたキオン。

151208キオン


と、何気なく書いてますが、こういう樹林下の植物の同定は苦手。。

間違いがあれば容赦なくご指摘ください(汗


これも数が多かった・・・クロクモソウ。

151208クロクモソウ

登山口周辺から稜線沿いまで、非常に広い範囲で見られました。


こちらはコウシンヤマハッカ。

151208コウシンヤマハッカ

樹林下のあちこちで、この紫色の花が群生していました。


キツリフネも・・・

151208キツリフネ

もっと大きな株が多いのですが、この株はなぜか開けた場所で2つだけ花をつけていました。

写真を撮りやすいですね^^;


沢に群生していたイワアカバナ。

151208イワアカバナ

と言っても花は咲いていませんでしたが。


数は多くありませんでしたが、オクモミジハグマ。

151208オクモミジハグマ

ハグマの仲間の繊細な花を見かけると季節を感じます。


ちょっと開けたところで、ミソガワソウ。

151208ミソガワソウ


アズマレイジンソウも見られました。

151208アズマレイジンソウ

レイジンソウと酷似しますが、花柄を見る限りおそらくアズマ(自信なし


登る時は先を急いでいたため、あまりゆっくり花を見ず・・・

下りの時は、雨に降られないように急ぎ足で通りすぎたために、あまり花をゆっくり見ず・・・(汗

正直なところ、樹林下はもう少しゆっくり歩きたかった・・・

| 植物 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/791-62e8d603

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT