「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の北岳 02

樹林下を抜け、稜線に取りつくまでは、基本的に沢沿いの登山道。

151209センジュガンピ

センジュガンピ。

開けたところではありませんが、あちこちで花を咲かせていました。


シオガマギク。

151209シオガマギク

今回歩いたコースでは数が多くなかったのか、見かけたのは2~3箇所程度。


沢の河原でたくさん生えていたチシマヨモギ。

151209チシマヨモギ


ミヤマオトコヨモギも。

151209ミヤマオトコヨモギ


地味どころをもう1種・・・マルバギシギシ。

151209マルバギシギシ

葉の形から同定が割と簡単で、名前もインパクトがあり、覚えやすいタデ科植物。

どれもこれくらい分かりやすかったらいいのに・・・(汗


アザミは同定が難しいだろうな・・・と思いながら、とりあえず撮ってみて調べてみたら・・・

151209ホウキアザミ

どうやらホウキアザミ。 南アルプスの固有種です。

センジョウアザミもこれに似ますが、花序がホウキアザミよりも少し太く大きめ。


何度か見かけた、ミヤママンネングサ。

151209ミヤママンネングサ2


マンネングサの仲間は好きです・・・見つけると嬉しい。

151209ミヤママンネングサ

久々に、北海道のミセバヤも見に行きたいな・・・


もう遅くて見れないかと思っていた、ミヤマミミナグサ。

151209ミヤマミミナグサ

ほとんどの株は時期が遅かったようですが、この株はまだそれなりの状態で花を残していました。


沢沿いの登山道の最後はハシゴの連続する岩場。

そのゴール地点で、待っていてくれた花。

151209タカネビランジ

タカネビランジ。

今年は花期が早かったのか、この1株を残して、他の株はどれも綺麗な花を残していませんでした。

今年もこの花を見られたことに感謝。


と、簡単に書きましたが、登山口から稜線までの登りは標高差が約1,300m。

今年はあまり登山していなかったこともあり、この時点でかなりヘバってました・・・(汗

やっぱり、シーズン中はできるだけ多くの山に登っておきたいですね。。

| 植物 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/792-b803e199

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT