「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9/18-21 台湾探鳥記06 -阿里山-

今日も9/19~20の阿里山での探鳥の続きを。

昼は一度宿に戻って小休止。

1時間くらい寝て、鋭気を養います・・・


で、また夕方に活動開始。

20日も早朝から公園を歩き回ります。


愛想良しのCollared Bush Robin。

160121Collared Bush Robin(アリサンヒタキ)1
(アリサンヒタキ)


あまり人を気にせず、すぐ近くまで来てくれる個体も。

160121Collared Bush Robin(アリサンヒタキ)3


幼鳥(たぶん)。

160121Collared Bush Robin?(アリサンヒタキ)5


雌。

160121Collared Bush Robin(アリサンヒタキ)4


図鑑写真も。

160121Collared Bush Robin(アリサンヒタキ)2


お次は、阿里山では良く見られたこの鳥・・・

Steere's Liocichla。

160121Steeres Liocichla(ヤブドリ)1
(ヤブドリ)


ちょっとした茂みならどこでもいる感じ・・・

160121Steeres Liocichla(ヤブドリ)2


1月に行った大雪山との大きな違いとして、この鳥の個体数も挙げられると思います。

それくらい、阿里山では個体数が多い様に感じられました。

160121Steeres Liocichla(ヤブドリ)3

藪の中が好きなようですが、目立つところに出てきて囀ったりもするので、割と観察しやすいです。


これは今回見ておきたかった鳥。

Taiwan Rosefinch。

160121Taiwan Rosefinch(タカサゴマシコ)1
(タカサゴマシコ)

前回の大雪山では見られず、今回こそは!と思っていました。

で、初めに見たのはこの水浴び中の地味な雌・・・


鮮やかなワインレッドの雄が見たい!と言っていたら

160121Taiwan Rosefinch(タカサゴマシコ)2

ちょっと遠かったですが、見るには見られました^^;

同行した友人達はバッチリ近くで観察していたので羨ましい限り・・・

また次回の宿題が残りました(汗


今日の最後は、地味なところで・・・

Yellowish-bellied Bush Warbler。

160121Yellowish-bellied Bush Warbler(ミヤマウグイス)1
(ミヤマウグイス)


この鳥もあちこちで地鳴きを聞いて、何度かみかけました。

でもまぁ・・・大抵、愛想が悪くてこんな感じで藪からチラッと顔を出すところを見るだけ。。

160121Yellowish-bellied Bush Warbler(ミヤマウグイス)2

それでも、1月の時はシャッターを押すことすらできていなかったので、これでよしとしなければ。


次回は、Golden Parrotbillと並んで、阿里山探鳥で印象に残っているあの鳥をご紹介します・・・

| 野鳥 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/807-b13f90fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT